茨城大洗 ちゅう心で美味しい海鮮を堪能

 

美味しい海産物を食べに、大洗を日帰り旅行してきました。

 

 

まずは明太パーク。かねふくのお店です。

太っ腹に大きく切り分けられたこの明太子は、なんと試食用。

 

 

ここでしか買えない造りたて生明太子。

ご飯にもおつまみにも最高に美味。

 

 

軽食が食べられるコーナーもあって、明太子おにぎりを。

明太子はもちろん、ご飯も美味しい。

 

 

通りかかった造り酒屋「月の井」さん。

 

 

試飲をさせてもらって、美味しい日本酒を自分達のお土産に。

 

 

新酒鑑評会で金賞を取っているんですね。

 

 

そろそろ今回の目的、「ちゅう心」へ。

お魚屋さんが営む海鮮のお店で、道路に面したところはお魚屋さん。

 

 

お店はその脇の小道を入ったところにあります。

人気のお店だそうなので、予め電話で予約しておきました。

 

 

1階はカウンター席のようです。私たちは2階へ。

 

 

堀座卓の個室です。

別々のコース料理を注文して、まずはビールで乾杯。

 

 

ビールと共に出された蒸し雲丹。

 

 

前菜も雲丹入り。美味しいです。

 

 

こちらの前菜も雲丹入り。

この雲丹がまた甘みたっぷりで美味しい雲丹でした。

 

 

日本酒飲み比べ。

 

 

お造り。

 

 

別のコースのお造り。

地タコは味が濃く美味。

 

 

そして常陸牛。

 

 

石焼きで頂きます。

 

 

じゅうじゅういい音と、お肉のいい香り。

 

 

魚料理も出てきました。

 

 

揚げたてキスの天ぷら。

 

 

河豚の天ぷら。

別々のコースなので、天ぷらも食材が違います。

 

 

こちらはお寿司入りコースの握り。

さすが魚屋さん、鮮度が良くて美味しい。

 

 

大洗の海鮮をたっぷり堪能。ご馳走様。

写真は帰りに覗いたお魚屋さんのショーケース。

マグロの目玉が「目玉おやじ」として売られていました。

 

 

お土産を買って帰ろうと、近くの特産品のお店へ。

 

 

さすが茨城。充実した納豆コーナーがありました。

 

日帰り旅行でしたが、個室でゆっくり食事が出来たおかげか

のんびり泊まってきたかのような充実感。

「ちゅう心」はとても美味しかったので、違う季節にまた訪れたいと思います。

at 10:05, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

茨城の旅 -前編-


五浦

3連休を利用して茨城を旅してきました。
天気は快晴。

めんたいパーク

まずは大洗にある、かねふくが運営する「めんたいパーク」へ。
上から見下ろす巨大明太子がシュールです。

めんたいパーク

中に入ってすぐにあるのが試食コーナー。
出来たての明太子が試食とは思えない大きさで山盛りに。
かねふくさん太っ腹です。
この試食、時間帯によっては行列ができるそう。

めんたいパーク

工場見学も出来ます。
100名以上の従業員の方の手により、粛々とめんたいこが造られていました。

大洗

冬の海を見に、磯前海岸へ。
岩の上には神社の鳥居が。この写真では歩いて鳥居まで行けそうですが
実際は岩と岩の間が大きく、手前から眺めるのみです。
朝日や夕日のときはさぞ神々しかろう。

山水

お昼は鳥居のすぐ近くにある「磯料理 山水」で頂きましょう。
この時期が旬のあんこうを求めてかお客さんでいっぱい。
海岸をぷらぷら散歩したりしつつ、40分程待ちました。

山水

窓から鳥居を眺めつつ乾杯。

山水

大きなハマグリの酒蒸し。
身がぷりっぷりっで美味しい!

山水

シラス丼と刺身、エビフライ。
ボリュームが凄いです。しらす丼が絶品でした。

山水

刺身定食。海辺で頂く海鮮は最高。
器も盛り付けも綺麗でした。ご馳走さま。

磯前神社

腹ごなし、と言ってはバチが当たりそうですが
すぐ近くにある磯前神社へお参りに。
先程の海岸に建つ鳥居はこちらの神社の鳥居です。

磯前神社

何段あるのか、満腹の体にはキツイ階段を昇り切って振り返ったら
疲れも飛ぶこの景色。鳥居越しに海が見えるってなかなか無いかも。

磯前神社

茅の輪潜りをしてお参り。
今年も健康で美味しいお酒とつまみが楽しめますように。
おみくじを引いたら、やったぜ大吉!願いが叶うかも。

黒澤醤油

そういえば以前テレビで茨城にあるこだわりのお醤油屋さんを見たな〜と
思い出し、ひたちなか市にある「黒沢醤油店」へ。

黒澤醤油

趣があります。

黒澤醤油

こちらのお醤油は茨城県産木桶で一年間以上熟成させているそう。
小さな店舗には、こだわりのお醤油が並びます。
自宅用とお土産も購入。帰ったら、このお醤油でお刺身を頂こう。

黒澤醤油

店内では醤油ソフトクリームも食べられます。
ほんのり醤油の香ばしさと、トッピングの甘酒のとろみが美味しい。

お腹も大満足、買い物も大満足で、次は温泉で大満足といきましょう。

at 11:30, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

山梨買出しの旅

富士山
 
年末年始の美味しいお酒と馬刺しを求めて久し振りに山梨を訪れました。
まずは河口湖を目指します。

えにし

自宅を出発して1時間40分で到着。
思っていたよりも早く到着したので、吉田のうどんを食べることにしました。
たまたま通りかかった「えにし」で頂くことに。

うどん

肉ちく天うどん(牛肉)600円を注文。
ボリューム満点、硬めのうどんを頂くと吉田に来たんだな〜と実感します。

富士山

宿に着いてテラスから富士山を眺めます。
景色も空気も極上です。

栄屋

朝食は吉田のうどんに決めていました。
早朝から営業する「栄屋」にしました。駐車場は1台しか無いようです。

栄屋

吉田では早朝から営業しているお店があまりないので
辺鄙な場所にありながらも、次から次へとお客さんが訪れます。

栄屋

店内は田舎のおばあちゃん家に来たようなレトロ感。

栄屋

「肉玉ちからうどん」450円を注文しました。
うどんはかなり硬く塩気も強いです。汁が若干ぬるいのが残念。

道の駅富士吉田

「道の駅 富士吉田」に到着。
ここは富士の名水が汲める道の駅です。



地ビールを購入し、バナジウム水を汲みます。

河口湖

河口湖から眺める富士山は最高。
天気も良く癒されます。

深雪温泉旅館

今回買出しが目的でしたが、山梨といえば温泉。
深雪温泉旅館」(立ち寄り湯 1,000円)
以前訪れた時は極上の湯だったので、久し振りに行ってみました。

深雪温泉旅館

8年ほど前に訪れた際は、電話で予約しないと立ち寄り湯が出来なかったのですが
現在はぶらりと立ち寄ることも大丈夫なようです。

深雪温泉旅館

以前の記憶は間違いなく、素晴らしい温泉でした。
異なる2種の温泉ブレンドされたお湯はとろりと柔らかく
いつまでも浸かっていたい極上の湯です。

深雪温泉旅館

この温泉は飲泉も出来ます。
浸かって飲んで、体の芯から温まります。

深雪温泉旅館

驚く事にシャワーの湯も温泉。
相変わらず素晴らしい湯でした。

深雪温泉旅館

宿の玄関前で温泉が飲泉出来ます。
折角なので、容器20L(700円)を購入しお土産にしました。

若鮨

お昼は、甲府駅前の「若鮨」で海鮮丼(1,500円)を注文。
相変わらずコストパフォーマンスが高く美味いお寿司屋さんです。

紅椿の湯

旅の締めは、初めて訪れる「紅椿の湯」に立ち寄りました(700円)。
2013年に出来た新しい日帰り温泉。

紅椿の湯

源泉かけ流しの温泉を堪能できます。

紅椿の湯

湯口からの湯量は少な目ですが、じわじわと体の芯から温まる温泉です。

紅椿の湯

露天にある立派な石造りの浴槽は、残念ながらぬる湯でした。

紅椿の湯

露天風呂からは富士山を眺めることができます。
お風呂を出てからからも体がぽかぽか温かく、なかなか良い温泉でした。

ワイン

今回のの買出しで購入したお酒です。
ワインを中心に日本酒と焼酎にビールを購入しました。

馬刺し

富士吉田で購入した極上馬刺し。
柔らかくて噛むまでもなく、口のなかで溶けていきます。

年の瀬に急遽決めた買出しの旅でしたが、お風呂も買い物も大満足。
良い年が迎えられそうです。
 

at 00:50, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

群馬旅行1 〜永井食堂〜



3連休を利用して群馬の温泉巡りに出掛けました。
まずは朝食。もつ煮で有名な渋川市にある永井食堂へ。
駐車場には大型トラックも沢山停まっていて、常に満席状態のようです。



単品のもつ煮。(340円)
注文して10秒位で出て来ました。
味は普通に美味しいです。でも、街中の大衆食堂のもつ煮と
変わらない感じで、特別美味しいという訳ではない気が。



ラーメン(320円)
こちらは美味い!!こくのあるスープに手打ちのような麺が後を引く旨さ。
しかもこのお値段の安さです。



食堂の隣には、持ち帰り専門のもつ煮が売られていました。
お腹いっぱいになって中之条町に移動。



最初に立ち寄ったのはミヤマワインの直売所。



蔵がお店になっています。



ワインがずらりと並びます。



価格も手頃。自宅用に何本か購入しました。



ワイン蔵を後にして車で走っていると、みそこうじのお店を発見。



塩こうじジェラートが珍しかったので食べてみました。
ピンクのはぐんまちゃん。
こうじの風味も感じられてさっぱりした味わいで美味しかったです。

次はひと風呂浴びようと、沢渡温泉の共同浴場を目指します。

at 08:47, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE

GUITAR JAMBOREE 3

真冬に車でラジオを何気なく聞いていたら、
3月に「ギター・ジャンボリー」なるライブイベントがあるそうで。
両国国技館で、相撲を観るように飲食しながらギター1本のライブが観られるとか。
しかも出演者に好きな人が多いので、早速チケットを取りました。

GUITAR JAMBOREE 1

さて当日。13時開演ですが、12時過ぎには結構な人出。

GUITAR JAMBOREE 2

本場所の力士のように、出演者ののぼりが風に揺られていました。

GUITAR JAMBOREE 4

土俵を模したステージ。

GUITAR JAMBOREE 5

席は色々あるのですが、選んだのは枡席。
以前も相撲を観た時利用しましたが、大人4人でこのスペースはかなり窮屈。
ライブチケットも4人まで座れますが、なんせ6時間の長丁場。
二人でゆったり過ごすことにしました。

GUITAR JAMBOREE 6

国技館名物「やきとり」をつまみに乾杯。
このやきとり、冷めても旨いんです。

ライブの出演者は登場順に
■Rake
■奇妙礼太郎
■竹原ピストル
■藤巻亮太
■岸田 繁(くるり)
■ナオト・インティライミ
■奥田民生
■玉置浩二
■トータス松本(ウルフルズ)
の9人。

一人の持ち時間が決まっているようで、4〜7曲位を歌ってくれました。
こうして続けて色んな人のギターを聞くと、音色の違いが分かって面白い。

GUITAR JAMBOREE 8

国技館なのでちゃんこも食べられます。

GUITAR JAMBOREE 9

ただし席には持ち込めず、地下の大広間で頂きます。
(本場所のときも同じルールでした)

GUITAR JAMBOREE 7

飲みながらのライブは楽しい。楽し過ぎる。
聞きたかった人も、全然知らなかった人もじっくり聞きいってしまいます。
そして、一番良かったのは玉置浩二さんでした。
歌声が圧倒的に素晴らしい。衣装もド派手。

GUITAR JAMBOREE 10

会場限定、発売前のマスターズドリーム(醸造家の夢)の生ビールを頂きながら、
耳も心もすっかりほろ酔いのいい気分になりました。

at 14:13, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

謹賀新年

富士山

明けましておめでとう御座います。
今年も美味しいお酒と肴、そして温泉を求め楽しんでいきたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。

at 11:11, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(4), trackbacks(0), pookmark

鹿児島旅行(10) 天文館

鹿児島

フェリーで鹿児島市内に帰る前に、垂水をもう少しだけ満喫。

鹿児島 鹿児島

「道の駅 たるみず湯っ足り館」は名前の通り足湯があります。
川の様に長く伸びる足湯は、なかなかの高温。桜島が望めて気持ちが良いです。
食品コーナーには、鶏刺しなども売っていました。
あ〜近くにこんな所があったら毎週末ツマミを仕入れに来るのに。

鹿児島 鹿児島

桜島フェリーは鹿児島空港まで15分程。あっという間です。
なんと24時間運航だそうで。東京の鉄道よりも凄いですね。

鹿児島

一旦ホテルで休んだ後、夕飯を食べようと天文館に向かいます。
路面電車もありますが、観光がてら歩いて行くことに。
線路を道しるべに歩けば良いので分かり易い。

鹿児島

着きました「蘇麻」。
昨夜の屋台村でお勧めされたお店です。

鹿児島 鹿児島

古民家のような落ち着くインテリア。
1階のカウンター席に通されました。
カウンターの奥行きがとっても広いので、テーブル席と変わらない感じ。

鹿児島

昼間、表敬訪問をした森伊蔵をロックで頂きましょう。

鹿児島 鹿児島
鹿児島 鹿児島

ツマミはどれも凝っていて美味しいです。

鹿児島

野菜も新鮮。いや〜美味い。
ただ、店員さんが少ないせいか、注文から出てくる迄の時間が
長いのが唯一の難点でした。

鹿児島

鹿児島市内一の繁華街天文館。
土曜の夜ですが、どこかのんびりした雰囲気。

鹿児島 鹿児島

〆にとんこつラーメンを頂きましょう。
「かごしまラーメン 我流風」
見た目よりずっとアッサリしてました。気分的にはもっとコテコテでも良かったかも。

鹿児島 鹿児島

帰りは路面電車で。車体が可愛いです。
乗り降りし易くて、ゆっくり景色も楽しめて、路面電車っていいですね。
さてホテルでちょっぴり飲んで。明日は鹿児島最終日です。
最後まで天気だといいな。

at 21:37, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(3), trackbacks(0), pookmark

鹿児島旅行(9) 森伊蔵酒造

森伊蔵酒造

一度は訪れてみたかった「森伊蔵酒造」
垂水市に来たからには、と行ってみました。

森伊蔵酒造 森伊蔵酒造

駐車場の入口も案内看板も、朱色の森伊蔵カラー。
駐車場には誘導員の方までいてびっくり。

森伊蔵酒造 森伊蔵酒造

建物入口へのアプローチ。お洒落です。
のれんはもちろん鮮やかな朱色。

森伊蔵酒造

建物の中はこんな感じです。
種類は少ないですが「森伊蔵グッズ」が販売されています。

森伊蔵酒造 森伊蔵酒造

そんなに広くないスペースですが、天井が高く家具や小物の配置が
センス良くて、まるで美術館にでも居るような気分。

森伊蔵酒造 

もちろん、ここで森伊蔵は買えません。
抽選販売に当たった方が受け取りに訪れていました。羨ましい。

森伊蔵酒造

フランス語で書かれた手紙が飾られていたので、蔵の方に聞いてみたところ
シラク前仏大統領からの感謝状だそう。
何でもシラクさんは森伊蔵が大のお気に入りだそうで、「美味しい酒をメルシーボクー!!」と
書いて送ってきたのだとか。
でも蔵の方は「うちからは出してないんですけどね」って言ってました。
シラクさん、プレミアム価格で手に入れているんでしょうか。
前仏大統領にも抽選抜きには売らない森伊蔵。徹底してますね。

森伊蔵酒造 

蔵の見学は出来ませんが、建物の周りは歩いてOKとのことなので、裏の方にある蔵へ。
いや〜蔵の外観もお洒落。この配色のセンス良過ぎです。

森伊蔵酒造

蔵の方が作業されていました。
中を覗いてみると(写真は禁止だそう)、森伊蔵が眠っているタンクがずらり。

森伊蔵酒造

焼酎は買えないけれど、訪れて良かったです。
焼酎の代わりと言っては何ですが、グッズを一通り大人買いして来ました。

森伊蔵 森伊蔵

クリアケースにハンカチと帆布バッグ。
それと、森伊蔵の原料になる芋で作った飴。

森伊蔵 森伊蔵

そしてオリジナルの薩摩焼焼酎カップ。

森伊蔵 森伊蔵

家にあった森伊蔵用に箱も購入。しっくり納まっています。
念願の森伊蔵も満喫したので、そろそろ市内に戻りましょう。

at 14:26, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

鹿児島旅行(7) 桜勘食堂

立て続けに濃い温泉に入り、お腹が空いたのでお昼休憩。
折角なので、美味しい海の幸を頂こうと「垂水市漁業協同組合」が運営する
桜勘食堂へ行ってみました。

外観

一見、レストランがあるとは思えない建物ですが、
長い階段を昇った2階が食事処です。

大きな窓から海が望め、外から見るよりも明るい店内。
垂水はかんぱちが有名だそうで、メニューもかんぱち一押し。
もちろん、頂きました垂水かんぱち。

かんぱち1
かんぱち漬丼定食(750円)

かんぱち2
カンパチ刺身定食(1,050円)

新鮮なかんぱち、美味しいです。
甘めの醤油はちょっと微妙かも、と思ったら
普通の醤油も用意されていました。
あら汁やあら煮も付いていて大満足。
水はセルフだったり、雰囲気が食堂感満載ですが
新鮮なお魚を頂けて満足です。御馳走さま。

さてと、腹ごなしにもうひと風呂浴びに移動します。

at 13:02, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

鹿児島旅行(4) 垂水フェリー

桜島

鹿児島2日目。
ホテルの窓から見えた噴煙を上げる桜島。
お天気はイマイチかな。

フェリー

今日はフェリーで40分程の垂水にある温泉を目指します。
車ごと乗り込んで。

フェリー

船内で朝ご飯。名物「南海うどん」です。
うどんを茹でるおばちゃんと、トッピング・会計担当のおじさんの
見事な連携プレーであっとい間に出来上がり。

フェリー フェリー

トッピングの種類が豊富。甘めの出汁が九州らしいです。
見た目より量が多くお腹いっぱいに。

フェリー

食べている間にフェリーはぐんぐん進みます。

フェリー

横(?)から見た桜島。噴煙は落ち着いたよう。
港に着いたら、念願だった温泉へ向かいます。

at 10:25, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark