古八幡

古八幡

 

ろかせずと飲み比べをしようと、昨年に購入した古八幡を開栓しました。

 

古八幡

 

ラベルに記載された日付は2016年7月21日ですが、

2008年に醸され甕で熟成されたお酒です。

まずは、ストレートで。

ろかせずに比べて角が取れ味わいはとても円やかでとろりとしています。

 

朝どれイカの塩辛

 

濃厚なお酒には、濃いめの肴を。

朝採れのイカの塩辛です。旨い。古八幡によく合いました。

 

焼酎の一覧はこちら

 

at 19:15, bunama&まなBoo, お酒

comments(0), trackbacks(0), pookmark

はちまんろかせず 2017

ろかせず

 

今年もこちらのお酒の季節がやってきました。

お酒の詰め日は3月21日。

昨年と一昨年は買うタイミング逃し、3年ぶりの購入となりました。

濃厚で独特な風味が楽しみです。ロックでもお湯割りでも旨いんです。

 

日本酒

 

日本酒は飛露喜の愛山と山間が届きました。

飛露喜も山間も久しぶりです。3,4年呑んでいません。

来週あたり満開に咲く桜を見ながら頂きたいと思います。

at 20:39, bunama&まなBoo, お酒

comments(0), trackbacks(0), pookmark

J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2017

 

両国国技館でギターの弾き語りが聴けるイベント、

「ギタージャンボリー」に行って来ました。

 

 

2年ごとに行われていて今回で3回目。

初めて訪れた前回がとっても良かったので、楽しみにしてました。

 

 

会場前の国技館。結構な行列です。

 

 

列を進んで行くと置いてあった「遠藤関のお姫様抱っこパネル」

いくつも並んでいてちょっとシュール。

 

 

ステージは土俵もどきです。

 

 

今回も升席。1階の一番前だったので見やすそう。

 

 

つまみとビールを仕入れに売店へ。

プレミアムモルツがリニューアルするそうで、発売2日前の

生ビールが売ってました。これは飲まなくちゃ。

 

 

国技館名物やき鳥をつまみに乾杯。

 

 

飲んでツマミながら音楽が楽しめるのが、このイベントの醍醐味。

 

 

アーティストは出演順に

■竹原ピストル

■石崎ひゅーい&マキタスポーツ

■山内総一郎(フジファブリック)

■miwa

■トータス松本

■ハナレグミ

■浅井健一

■斎藤和義

 

 

知ってる唄も、知らない唄にも聞き惚れて

ギターの音色とお酒に酔いしれました。

 

 

最後は出演者全員で、先日亡くなったかまやつひろしさんの「我が良き友よ」。

いや〜楽しかった。ギターの音っていいなぁ。

また2年後に観に来たいです。

 

at 12:17, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

こだわりの日本ワイン

 

日本酒や焼酎が好きですが、ワインもたまに吞みたくなります。

以前に山梨に住んでいたこともあり、家吞みするワインはほとんど山梨県産。

 

週末に山梨のこだわりのワインを仕入れました。

葡萄の生産から醸造まで、一人でとことんこだわり作り上げたワイン達です。

酒専用冷蔵庫で3・4年程寝かせてから頂きましょう。

at 21:03, bunama&まなBoo, うちご飯

comments(0), trackbacks(0), pookmark

すし処 宮葉

 

浜松町にある「すし処 宮葉」にお寿司を食べに出掛けました。

 

 

お寿司は日本酒で頂きたいので、先にビールを1杯。

大門駅のすぐ近くにある「 ザ・ロワーライト ビア&キッチン」。

お肉料理とクラフトビールのお店です。ビール飲み比べを。

 

 

後で魚を頂くので、おつまみには肉を。

パテドカンパーニュ。ビールに合います。

 

 

そろそろ予約しておいた時間なので「宮葉」へ移動。

夜は3万円からという敷居の高さですが、昼は3千円と5千円のお任せコースがあります。

 

 

丁度、前のお客さんが出るタイミングだったので2階で待機。

2階はテーブル席でした。

 

 

やっぱりお寿司はカウンターで頂きたいところ。

 

 

冷酒を注文。飲み物のメニューは無かったので銘柄は分からず。

クセのない飲みやすい日本酒です。

 

 

お通し。イワシの生姜煮。

 

 

そしてお漬物。さぁいよいよ握りです。

 

 

鮪の子供。

 

 

鮪の親。

出だしからいきなり鮪の親子食べ比べです。

 

 

ヒラマサ。

ネタはもちろんですが、酢飯がとっても美味しい。

全体のバランスが絶妙に良いです。

 

 

鰹。にんにく醤油で。

 

 

鯖。

 

 

汁物が出てきて、しばし休憩。

汁のなかの具は鰤の西京焼き。身体に染み入ります。

 

ここまで前半で握り五貫。

上品な旨味というか香りだけが口に残るような

今まで食べたお寿司とは別物な感じがします。

 

 

後半戦は小肌から。

 

 

いくら。

 

 

うに。

北海道産高級な昆布を食べて育ったうにだそうで、まろやかで濃厚です。

 

 

穴子。これは凄い。

生クリームのような食感。噛まずに溶けていきます。

 

 

鉄火巻。コースはここまで。

 

 

追加で注文した平目。弾力があり噛むほどに旨みが口の中に広がります。

 

 

そして最後にお汁粉。

はぁ〜美味しかった!ご馳走さま。

 

 

腹ごなしに歩いて増上寺へ。

 

 

バックに控えるは東京タワー。

 

 

豪華な本堂。

 

 

有料ですが、徳川家の墓所が公開されていました。

 

 

厄払いをしていました。

先週やってもらった新勝寺よりも丁寧なような…?

 

 

さて夕方になってきたので、行ってみたかった「名酒センター」へ。

 

 

日本酒が100種類以上揃う日本酒専門店。

立ち飲みで利き酒が楽しめます。

 

 

気になったお酒は自分で瓶を持って行くセルフスタイル。

1杯(60ml)300円前後から。お酒によって価格が違います。

3本いっぺんに瓶を持って行くと100円引きに。

 

 

お店の人が注いでくれます。

 

 

簡単なおつまみもあります。

高級珍味セット(1000円)。カラスミが旨かった。

ねっとりと濃厚な味わいは日本酒との相性ばっちりです。

 

 

チェイサーのお水も完備。

 

 

御燗もセルフで楽しめます。

 

 

にごりの飲み比べも。

美味しいお寿司とお酒を楽しんだ充実の一日でした。

at 11:51, bunama&まなBoo, そとご飯

comments(0), trackbacks(0), pookmark

成田山新勝寺で厄払い

 

今年は本厄なので、成田山新勝寺に厄払いに行ってきました。

 

 

いつ来ても混んでいる表参道。

 

 

厄払いは釈迦堂で行われます。

 

 

右に見える小屋で申し込み書に記入し、左の階段上にある受付で申し込みます。

初穂料は7千円か1万二千円。これ、金額で何か違いがあるのでしょうか?

取り合えず7千円を納めて釈迦堂の中へ。

 

 

根こそぎ厄を払って頂きましょう。

 

 

お不動さま、よろしくお願いします。

 

 

受付で頂いた紙袋。中はお神酒とお供物。

そして最後に頂くお札を入れる袋です。

 

お祓いは全部で20分程。途中、全員の名前が読み上げられました。

最後にお坊さんから名前が書かれた札を頂いて終了。

実は初めて厄払いをしてもらったのですが、結構流れ作業な感じでした。

 

 

ついでと言っては何ですが、出世の方もお願いします。

 

 

お稲荷様、何卒よろしくお願いします。

 

 

厄払いも出世祈願も済ませて、帰る前にお腹を満たしましょう。

蕎麦の「一福」さんへ。

 

 

喉も潤いましょう。

 

 

お通しのホタルいかが美味。

 

 

群馬県産の舞茸天ぷら。いい香り。

 

 

出汁巻玉子。二人分に分けて出してくれました。

 

 

お酒は地元のお酒「長命泉」

 

 

田舎蕎麦とせいろの2色そば。

美味しい蕎麦でボリュームたっぷり。

 

 

温かいなめこ蕎麦。

ふらりと入ったお蕎麦やさんでしたが、美味しくて大当たりでした。

 

厄も払って、今年一年無事に過ごせそうです。

at 12:24, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark