<< 2017年JGCゆる修行 第5回 | main | 2017年JGCゆる修行 第7回 >>

2017年JGCゆる修行 第6回

 

JGCゆる修行もいよいよ終盤。

羽田⇔那覇の往復も6回目になります。

ステイタスがクリスタルとなり、羽田空港のサクララウンジが使用できる

クーポン(10回分)が発券されました。

 

 

国内線のラウンジは初めてです。

入口を入るとエスカレーターで上へ。

 

 

落ち着いた雰囲気のカウンター。

 

 

広々として静かでリラックスできます。

 

 

この日はラウンジ利用客が少なく、ゆったりすることができました。

 

 

飛行機が眺められるカウンター席を確保。

 

 

生ビール注ぎマシンもあります。

 

 

つまみは”おかき”のみ。

国際線のラウンジと同じように想像してたのですが、

軽食等は一切無いのですね。

 

 

そろそろ出発。

慣れ親しんだクラスJシート。

 

 

宿泊するホテルはGRGホテル那覇。

美英橋駅から10分ほどの場所にあります。

 

 

綺麗で快適、ゆっくり出来そうです。

荷物を置いて夕飯を食べに出かけましょう。

 

 

時間は20時過ぎでしたが、お店は何処もいっぱい。

3軒ほど入店を諦め、ようやく居酒屋さんに入ることが出来ました。

沖縄定番のオリオンビールで一人乾杯。

お通しは切干大根です。

 

 

さっぱりしたもずく。

 

 

こちらも定番のラフテー。

柔らかく味がしっかり染みていて美味しいです。

 

 

契約農家の地鶏のつみれ。

中に卵が入っていて食べ応えバツグン。

 

 

泡盛の水割り。

沖縄で吞む泡盛は、家で吞むより何故か円やかで

とても美味しく感じます。

 

 

いちぎん食堂の前を通りかかり、吸い込まれるようの店内へ入りました。

 

 

締めは沖縄そば。

カツオの出汁が効いたシンプルなスープ。麺が多く満腹です。

 

 

翌日の那覇は晴れ。気持ち良いです。

 

 

朝食はホテルの沖縄料理バイキング。

ジューシー(ご飯)、そば、島豆腐等を頂きます。

 

 

チェックアウトし「ゆいレール」で第一牧志市場に移動。

本当にいい天気。朝日が眩しいです。

 

 

ずっと前から訪れたかった市場に到着。

 

 

昭和のムード漂う、独特な雰囲気。

 

 

海老が大きすぎて美味しそうに見えません。

 

 

青い魚はミーバイでしょうか。

関東では滅多にお目に掛からないお魚です。

 

 

こちらで仕入れた魚介類は送ることも出来るし、

2階で調理してもらい頂くことも出来るようです。

残念ながら時間が無いので、そろそろ空港へ向かいましょう。

 

 

空港にある、お握り屋さんでスパム握りを購入。

ゴーヤの苦みがスパムの旨みとおかかのしょっぱさに

絶妙にマッチして美味しいです。

 

ゆる修行の那覇往復も残すところあと2回。

次回は久々の日帰りです。

 

at 17:01, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/952096