<< ベトナム ハノイ旅行 4th・5thDay◆ 塑能日・帰国〜 | main | 2017年JGCゆる修行 第2回 >>

2017年JGCゆる修行 第1回

 

JALの上級会員が入会できるJALグローバルクラブ(JGC)。

様々な特典が受けられるのですが、JGCに入会するのは中々ハードルが高いです。

仕事でしょっちゅう飛行機に乗るような人以外は、無理やり飛行機に乗らないと達成できません。

用も無いのにひたすら飛行機に乗ってFLY ON ポイント(搭乗すると加算されるポイント。

マイルとは別物)を貯めるか、1年間で50回搭乗しなければなりません。

これを巷では「修行」、修行している人を「修行僧」などと呼んでいます。

 

GWにハノイに行き10,624FOPになった事でふと思い立ち、修行を始めることにしました。

目指すは50,000FOP必要なサファイア会員。

とはいえ、あんまりハードな修行は体も気力も持ちそうにないので、

体に優しく、その分費用が掛かることは覚悟の”ゆる修行”。

 

第1回目はJGC修行の王道「羽田⇔那覇日帰り」です。

 

 

修行前に腹ごしらえ。

前から気になっていた羽田空港内の立ち食いお寿司屋さん。

 

 

握り8貫と生ビールのセット(1,944円)を注文。

見た目は美味しそうですが、回転寿司を下回るレベルの寿司。

出鼻を挫かれたようで、この先の修行に不安が過ります。

 

 

生ビールは普通に美味しいです。

 

 

そろそろ搭乗時刻。

旅行感ゼロ、複雑な気分です。

 

 

座席はクラスJです。エコノミーよりFOPが溜まるんです。

 

 

着きました那覇。

 

 

もの凄くどんよりした空模様。

 

 

バス乗り場の写真を撮ってみましたが、どこにも行きません。

2時間後には羽田にとんぼ帰りなので、空港から一歩も出ません。

 

 

空港4階のレストランフロアにある「琉球回転寿司海來」へ。

まずは、オリオン生ビールで乾杯。アテは海ブドウ。

 

 

沖縄県産もずく酢。ニンニクが添えられています。

ニンニク無くてもよいかも。

 

 

サーモンの炙り寿司。脂はノリノリ。

 

 

イカリング。

 

 

石垣牛の握り。1貫500円也。

脂控えめですが、とても柔らかくて美味しかったです。

 

 

泡盛も頂いて。

修行というか、那覇にお酒を呑みに来ただけのような気も。

 

 

さて、そろそろ羽田に戻ります。

那覇滞在時間は約2時間。「沖縄に来た感」はゼロです。

 

 

帰りもクラスJ。

 

 

泡盛を頂きながら帰路へ。

 

ゆる修行1回目が終わろうとしています。

体力にかなり自信がない私ですが、全然疲れていません。

さすが、ゆる修行。

 

次回は7月初旬。さらにゆるく、那覇に1泊しようと思います。

 

 

 

 

 

 

at 11:23, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/952073