<< 成田山新勝寺で厄払い | main | こだわりの日本ワイン >>

すし処 宮葉

 

浜松町にある「すし処 宮葉」にお寿司を食べに出掛けました。

 

 

お寿司は日本酒で頂きたいので、先にビールを1杯。

大門駅のすぐ近くにある「 ザ・ロワーライト ビア&キッチン」。

お肉料理とクラフトビールのお店です。ビール飲み比べを。

 

 

後で魚を頂くので、おつまみには肉を。

パテドカンパーニュ。ビールに合います。

 

 

そろそろ予約しておいた時間なので「宮葉」へ移動。

夜は3万円からという敷居の高さですが、昼は3千円と5千円のお任せコースがあります。

 

 

丁度、前のお客さんが出るタイミングだったので2階で待機。

2階はテーブル席でした。

 

 

やっぱりお寿司はカウンターで頂きたいところ。

 

 

冷酒を注文。飲み物のメニューは無かったので銘柄は分からず。

クセのない飲みやすい日本酒です。

 

 

お通し。イワシの生姜煮。

 

 

そしてお漬物。さぁいよいよ握りです。

 

 

鮪の子供。

 

 

鮪の親。

出だしからいきなり鮪の親子食べ比べです。

 

 

ヒラマサ。

ネタはもちろんですが、酢飯がとっても美味しい。

全体のバランスが絶妙に良いです。

 

 

鰹。にんにく醤油で。

 

 

鯖。

 

 

汁物が出てきて、しばし休憩。

汁のなかの具は鰤の西京焼き。身体に染み入ります。

 

ここまで前半で握り五貫。

上品な旨味というか香りだけが口に残るような

今まで食べたお寿司とは別物な感じがします。

 

 

後半戦は小肌から。

 

 

いくら。

 

 

うに。

北海道産高級な昆布を食べて育ったうにだそうで、まろやかで濃厚です。

 

 

穴子。これは凄い。

生クリームのような食感。噛まずに溶けていきます。

 

 

鉄火巻。コースはここまで。

 

 

追加で注文した平目。弾力があり噛むほどに旨みが口の中に広がります。

 

 

そして最後にお汁粉。

はぁ〜美味しかった!ご馳走さま。

 

 

腹ごなしに歩いて増上寺へ。

 

 

バックに控えるは東京タワー。

 

 

豪華な本堂。

 

 

有料ですが、徳川家の墓所が公開されていました。

 

 

厄払いをしていました。

先週やってもらった新勝寺よりも丁寧なような…?

 

 

さて夕方になってきたので、行ってみたかった「名酒センター」へ。

 

 

日本酒が100種類以上揃う日本酒専門店。

立ち飲みで利き酒が楽しめます。

 

 

気になったお酒は自分で瓶を持って行くセルフスタイル。

1杯(60ml)300円前後から。お酒によって価格が違います。

3本いっぺんに瓶を持って行くと100円引きに。

 

 

お店の人が注いでくれます。

 

 

簡単なおつまみもあります。

高級珍味セット(1000円)。カラスミが旨かった。

ねっとりと濃厚な味わいは日本酒との相性ばっちりです。

 

 

チェイサーのお水も完備。

 

 

御燗もセルフで楽しめます。

 

 

にごりの飲み比べも。

美味しいお寿司とお酒を楽しんだ充実の一日でした。

at 11:51, bunama&まなBoo, そとご飯

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/952058