<< 北海道旭川旅行 森の旅亭びえい | main | 北海道旭川旅行ァ.鼻璽潺ぅ鶲粟遏前粟鄂べ歩き〜帰路 >>

北海道旭川旅行ぁvalore(バローレ)〜旭山動物園

valore

 

素晴らしい温泉を満喫し、お腹が空いたのでお昼にしましょう。

朝よりも気温がぐっと下がり雪が降り始めました。

 

valore

 

スマホで近くの美味しいお店を調べて見つけたのがこちら。

イタリアンレストラン「valore(バローレ)」

 

valore

 

とても人気のお店らしく、駐車場はいっぱい。

 

valore

 

一軒家レストランです。

 

valore

 

シンプルな看板。

ドアに張り紙があり「予約客優先の為、待ち時間を頂く場合があります」と。

 

valore

 

取り合えず入ってみることに。

店員さんが「お料理が出てくるまでお待ち頂くかも」とのことですが

入れるならば全然待ちます。

 

valore

 

窓に向かって並ぶカウンター席。

窓の外は雪景色。これは結構特等席じゃないですか。

 

valore

 

メニューです。予約なしの場合2,100円のパスタコースのみです。

 

valore

 

まずは「マッシュルームのスープ」

これが美味しくてびっくり。ふわっとしていて口にいれると

飲む前に溶けていき、茸の旨味だけが残ります。

 

valore

 

美味しい料理には白ワイン。

 

valore

 

申し訳ないですが運転者にはお茶を。

熊本県産の3年熟成烏龍茶。

 

valore

 

アミューズは四種。

時鮭スモークサーモンにミートパテと人参のムース、そしてクロケット。

いやいやどれも美味です。

 

valore

 

自家製のイチジクとクルミのパン。

イチジクがほんのり甘いです。

 

valore

 

パスタは選べます。

こちらは白身魚のペペノチーノ。

 

valore

 

そして、イカとトマトとキャベツのペペロンチーノ。

 

valore

 

締めのデザート。洋梨のシャーベットが特に美味でした。

 

valore

 

食後のカプチーノ。

 

valore

 

そして紅茶。

 

valore

 

飾ってあった絵画。

ちょうどこの席から見た眺めでした。

 

valore

 

ご馳走さまでした。大満足です。

 

旭山動物園

 

お次は、旭山動物園を目指します。

食べている間に雪が激しくなっていました。

 

旭山動物園

 

駐車係りの人によると西門入口が便利だそう。

 

旭山動物園

 

冬期は15時30分までの営業で、着いたのが14時過ぎ。

 

旭山動物園

 

入るとペンギンの散歩を見るための行列が出来ていました。

しばらく待つとやってきました。

 

 

手(翼?)でバランスを取るような拙い歩きが幼児のようでもあり

集団で見ていると電車から降りてくるサラリーマンのようでもあります。

 

旭山動物園

 

この縦型のトンネル水槽は旭山動物園の名物ですね。

 

旭山動物園

 

北極熊の毛は透明なんだそうで、毛に着く雪や氷で白く見えるのだとか。

と、こんな豆知識が園内のあちこちに書いてありました。

 

旭山動物園

 

近くで見ると流石の迫力のタイガーマスク。

 

旭山動物園

 

そして狼。写真で見ると犬と変わりませんが

実際見ると威厳にあふれてました。

 

旭山動物園

 

ほとんど動いていなかったトナカイ。

雪の季節はもっと活発なのかと思ってました。

 

旭山動物園

 

北海道といえば北きつね。

 

旭山動物園

 

そして真っ白なフクロウ。笑顔(?)が素敵。

 

旭山動物園

 

そしてミミズク。

この辺りで閉演時間を知らせる蛍の光るが流れてきて時間切れ。

その途端、狼舎から「ウォーーン!!」と一斉に遠吠えが聞こえてびっくり。

蛍の光に反応しているのか、身震いすような迫力のある遠吠えでした。

 

 

最後、門へと帰る前に見えたカバ。

遠くからでしたが驚きの大きさでした。

自宅であるカバ舎とのバランスがおかしく見える程。

 

旭山動物園

 

寒さはキビシイけれど、夏よりは観光客が少なくゆっくり見られる冬の動物園。

色んな動物の表情が見られて楽しかったです。

 

これから旭川駅の方に移動して、夜は旭川の居酒屋を楽しみます。

at 15:27, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/952045