<< 箱根湯本温泉 弥坂湯 | main | 北海道旭川旅行◆.好廛Ε鹵のザワザワ村 >>

北海道旭川旅行 ―佝〜湯駒荘〜美瑛 

 

師走も半ばですが、何やらまだ暖かい関東から

12月としては記録的な積雪量の北海道を旅して来ました。

 

 

2泊3日の旭川の旅。

飛行機のお楽しみ、空弁を頂きながら出発です。

 

 

1時間半程で着きました旭川。一面の雪〜!!

この日は何と−13℃。寒いけれど雪を踏みしめる感触が気持ちイイです。

 

 

まずは雪見風呂で温まろうと、レンタカーで移動です。

どこまでも続きそうな真直ぐな道路が北海道らしい。

 

 

着いたのは「旭岳温泉 湯元 湯駒荘」。

こちらの旅館で日帰り湯を頂きます。(700円)

源泉掛け流しで、男女とも内湯と露天があります。

 

 

天井の高い浴室内。

山小屋のような雰囲気です。

 

 

こちらは男湯。この浴槽は温めで、いきなり浸かると寒いです。

 

 

もう一つの浴槽は適温。

 

 

露天は雪見風呂が楽しめます。

 

 

自家源泉のお湯はドバドバ。

旧泉質名が「正苦味泉」なのですが、舐めてみたら正に強烈な苦さでした。

 

 

そしてこちらは女湯。温めの浴槽。

 

 

適温の浴槽。男湯とほぼ同じ造りです。

 

 

適温の浴槽にじっくり入っていると汗がじんわり。

温めの浴槽と行ったり来たりして、雪見風呂を堪能しました。

 

 

旅館の周りは雪が凄いことに。建物が埋もれそうです。

ゆっくり温まったので、今夜の宿がある美瑛に移動しましょう。

 

 

素敵な建物の道の駅「丘のくら」で遅めの昼食を。

 

 

美瑛で今イチ押しらしい「焼カレーうどん」

全く姿が見えませんが、中にはうどんがぎっしり詰まっていて

野菜もチーズも大盤振る舞い。物凄いボリュームです。

 

 

北海道限定のサッポロクラシックを飲みながら。

お腹いっぱいになりました。

 

 

石造りの美瑛駅。風情がありますね。

 

 

宿に行く前に「セブンスターの丘」へ。

丁度、綺麗な夕日が見られました。

at 09:57, bunama&まなBoo, 温泉 【北海道 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/952042