<< 鹿児島旅行(10) 天文館 | main | 鹿児島旅行(12) 妙見温泉 忘れの里 雅叙苑 >>

鹿児島旅行(11) 霧島湯之谷温泉 湯之谷山荘

外観

霧島市にある山荘に立ち寄り湯しました。
源泉掛け流しで、硫黄泉46℃と炭酸硫黄泉(硫黄ラムネ泉)30℃の2つの源泉があります。

桜島

鹿児島の最終日。
桜島の頭上で太陽が輝いています。

朝食

ホテルのビュッフェで朝食を。
和食と洋食、郷土料理が品数多く並び、
どれも美味しくて大満足の朝食でした。

噴火実況

名残惜しいですがチェックアウト。お世話になりました。
フロントには鹿児島爆発情報が。
7月で191回ってことは・・・ほぼ毎日噴火!!
桜島、元気良過ぎです。

さて、飛行機の時間まで鹿児島の温泉を満喫しようと
レンタカーで霧島へ。
ネットで写真を見ると秘湯感満載の湯之谷山荘ですが
アクセスし易い場所にあります。

湧水

駐車場から建物の間には、美味しい湧水のウエルカムドリンク。

湯

立ち寄り湯は男女とも内湯のみで、写真は男湯ですが
女湯も同じ造りです。
奥の広めの浴槽には、46℃の硫黄泉。手前の小さな浴槽には30℃の硫黄ラムネ泉。
中間にある浴槽には両方のお湯が流れ混んでいます。

湯

ほんのり蒼く輝く美しい白濁湯。

湯

ドバドバの湯量でした。浴槽が小さめなので新鮮な湯が満喫できます。
常連さんが多い中、2人入ればいっぱいのラムネ泉浴槽も楽しめました。
どちらも濃厚で良い温泉です。
この時使ったタオルや着ていた服は、洗濯しても硫黄の匂いが取れない程でした。


鹿児島県霧島市牧園町高千穂4970
湯之谷山荘HP
【温泉一覧はこちら

 

at 09:08, bunama&まなBoo, 温泉【 鹿児島 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/951992