<< 甲州 2009 | main | 金沢の旅 2Day >>
2012.11.02 Friday

金沢の旅 1DAY

東茶屋

自宅から車で約700km。
加賀百万石の歴史遺産と美味しい食を求めて、石川県金沢市を訪れました。

近江町市場

まず向かったのは、近江町市場。金沢と言えば、やはり新鮮で美味しい海産物。
数年前に前にこの市場を訪れたことがあり、何を食べても美味しかった記憶があります。
市場の入口にはこんな旗が掲げてありました。
どうやら、地物のかにの解禁は来週のようです。残念

近江町市場 近江町市場

この日は平日。市場に7時過ぎに到着しましたが、商いはまだ始まっていないようです。
朝食を食べようとお店を探すも、飲食はどのお店も10時半頃が開店みたいです。
ガイドブックを片手に市場内をウロウロし、ようやく暖簾が出ているお店を発見。

いきいき亭 外観
【いきいき亭 近江町店】

こちらのお店は朝7時からやっている、観光客にはとても有難いお店です。
ガイドブックによると、週末には行列ができる人気店のようです。
金沢での最初の食事処に決定。
お店の中は、カウンターのみ8,9人が座れこじんまりとしています。
お店の人も愛想よく、初めて訪れても落ち着く感じで居心地がよさそう。
こんなに早い時間でも観光客・出張らしきサラリーマンが、丼をつまみに一杯やっています。

特選北陸丼 いきいき亭丼
【特選北陸丼2,500円】                 【いきいき亭丼1,800円】

どちらもボリューム満点。豪快に盛られた魚介類はとても新鮮で美味。
口に運ぶと、いちいち頷いてしまいます。北陸丼の車海老は丼の上で動いています。
活きた車海老はプリップリで甘くて美味しい。脂の乗った鰤も、柔らかく甘い蟹も、
あ〜美味い。美味い、美味いを連呼してしまいます。

ノドクロ
【ノドクロの握り700円】

丼でお腹一杯なのですが、どうしてもノドクロを食べたくて注文。
炙りは塩で頂きました。もちろん、美味いです。
ノドクロは刺身も美味しいのですが、ちょっとだけ炙った方が身の甘みを強く感じ
美味しいと思いました。
いやいや、朝から贅沢に海鮮三昧。新鮮な海の幸を堪能しました。

市場 市場

お腹もパンパンになり、再び市場内を散策。
ぼちぼち、お店も開きだし始めました。お土産に何を買おうか迷っていると、
お店の人にすかさず声を掛けられます。
幾つかお店を覗いて、市場の相場を確認しこのお店で買うことに決定。
「朝一の商いやから安くする」と言われて、蟹・ウニ・甘海老・ノドクロの開きを購入。
宅急便で自宅に送りました。
お土産も無事にゲットし、続いては市内観光。

東茶屋
【ひがし茶屋】

思わずため息。さすがは加賀百万石の城下町、素晴らしい街の風景です。
明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残るこの地区は、重要伝統的建造物群保存地区に
指定されています。
平日の朝早くは人があまりいません。
お店も開いていませんが、この素晴らしい建築物をいろいろアングルで撮影したり、茶屋街を散歩しゆったりとすることが出来ました。

柳 東茶屋

茶屋街の近くにはお寺が多く、散策すると凛とした澄んだ冷たい空気を吸い込みとても
気持ちがよいです。

観光案内所

街には観光案内所もあり、気軽にトイレ休憩も出来るので有難いです。
市内のガイドブックも頂戴し、見どころを教えて頂きました。

お土産屋 お土産屋

茶屋街にあるお土産屋さんに入りました。
加賀友禅や輪島塗そして金使ったものなど、見てるだけでも十分に楽しいです。
値段はやや高めですが、どれも個性的で色々欲しくなります。

西茶屋
【にし茶屋】

にし茶屋へ移動。以前金沢を訪れた時はこちらへ来ることが出来なかったので、
今回は必ず訪れようと思っていました。
ひがし茶屋に比べるとこじんまりとしていますが、やっぱりこの素晴らしい街並みは
心を落ち着かせてくれます。
にし茶屋も重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

西茶屋 河川

にし茶屋から少し歩いてみることにしました。
犀川大橋を渡り、川の流れを見ながらのんびり散歩。

お土産屋 歴史的建造物

金沢では、お土産屋さんを覗くと必ずと言っていいほどお茶を振舞われます。
お茶の種類はお店によって様々。有難いのですが、トイレが近くなります
散歩をしていたら歩き疲れ、お腹も空いてきました。
お昼も新鮮な海産物もよいのですが、夜は美味しい日本酒を呑みながら再び魚介を
頂こうということで、お昼は肉に決定。

外観
【ステーキハウスにしむら】

リブロースランチ(1,000円)は、ロース100gにご飯・味噌汁・小鉢・サラダ・コーヒー
まで付いています。
しかも、目の前の鉄板で焼いてくれ熱々を頂くことが出来ます。安い

ステーキ 鉄板焼き
ステーキ ランチセット

コックさんの手際良い包丁捌きもお見事。思わず唾を飲み込みます。
仕上げにブランデーでフランベされ、軽く振られた塩コショウ。
醤油ベースのソースもありましたが、そのままで十分です、
サクサクに炒められたニンニクをお肉にちょいと乗せて頂きます。美味〜い。
家の近所にあったらいいなぁ、などと思いながら美味しく頂きました。

野菜焼き

絶妙な焼き加減の野菜炒めも、シャキッシャキで美味しかったです。
是非また訪れたいと思うほど大満足のお店でした。

三の丸広場
【金沢城公園】

またまたお腹も一杯になり、今度は市内を観光しよう!と金沢城公園に訪れました。
この日の金沢市の天気予報は雨。今にも雨が降りそうなのですが、時折雲の切れ間から
陽が差しお城が照らされとても綺麗です。
公園内は広大で、のんびりと散策するには半日以上は掛かります。
歴史あるお城を眺め、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

河北門
【河北門】

こちらの門は金沢城の大手門から入り、河北坂を上がったところに位置する
「三の丸正面」で、金沢城の実質的な正門なのだとか。

河北門 河北門

復元されたこの門は、現存する絵図、古写真、文献や埋蔵文化財の調査結果を踏まえ
忠実に再現されているそうです。

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓 菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓

見事な戸室石による石垣と、漆喰による白く輝く建物はお見事。日本古来の芸術品です。

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓
【菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓】

こちらの中に入るのは有料(300円)です。
外から見る見事な建築物もよいのですが、建物の中も気になります。

眺め 眺め

窓から見る金沢市の景色はは素晴らしいです。
天気はあまりよくありませんが、雨が降らないだけ良しとします。
手入れされた木々が風情ある建物を引き立てています。

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓

内部の広さは外から見るより広く、一番奥が見えません。


香林坊

いよいよ待ちに待った、今宵の酒場に向かいます。
 
日本酒メニュー きぬかつぎ

「酒房 猩猩」に訪れました。日本酒・焼酎が充実しています。
地酒は一合、700円〜で気兼ねなく頂けます。
お通しは、大好きなキヌカツギ。つまみへの期待が高まります。

黒枝豆 手羽先の塩麹焼き

まずは、枝豆。一見黒く痛んでいるようですが違います。
黒枝豆と言って、甘みがありホクホクして豆の味が濃いです。
手羽の塩麹焼きも美味しい。

五凛 酒器

ビールの後は、日本酒を頂きます。
一杯目は、石川の地酒「五凛」をチョイス。
控えめな香りですが、旨味も程良く杯がすすみます。

和らぎ水 日本酒

こちらのお店は、お酒を頼むと和らぎ水を出してくれます。
ここは金沢。やっぱりお水も美味しいです。

しま鯛焼き イカの柚子胡椒焼き

マスターによると昨日今日は海が時化、思うように仕入れが出来なかったそうです。
そのなかでもお勧めはしま鯛とのこと。あまり聞いたことも、見たこともない魚ですが、
脂がのり身もしっかりとして美味いです。

黒龍 いっちょうらい 上喜元

黒龍、上喜元グイグイ呑み干します。

生麩の揚げだし

地元の食材を中心とした美味しいつまみを頂きながら、旨いお酒に大満足。
まだまだ、呑みたいところですが前日の寝不足のせいで眠くなり終了。
明日は今日廻ることが出来なかったところと、富山の温泉に行くため早めに就寝。
金沢、素晴らしいところです。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM