<< 奥那須温泉 大丸温泉旅館 | main | 山間T−7(20BY) >>

川場温泉 悠湯里庵

外観1

群馬県の川場温泉に、今年3月にオープンした旅館に宿泊しました。
同じ群馬県にある「薬師温泉 旅籠」の会社が造った新しい宿です。
露天風呂付きで100岼幣紊發△覽匱爾8室のみという贅沢な造り。

宿のHPのイメージから、「人里離れたところにある」と思い込んでいたのですが、
行ってみたら民家が立ち並ぶ場所からすぐのところにありました。
宿の真ん前は田んぼです。

外観2

ちょっと早めに着いてしまったのですが、すぐに部屋に案内してくれました。

りんごジュース
▲ウェルカムドリンクのりんごジュース。

部屋まではこちらの電動カートで移動です。

電動カート

館内の建物をこの自動運転のカートで移動出来ます。
ですがこれ、部屋の前に駐車する際は手動で脇に寄せなければならず、
ぐるりと一方通行で一周するのですが、その説明がなかった為、最初は逆走してしまいました。
最終的にどこにカートを乗り捨てていいのかも分からず、ちょっと戸惑います。

歩いてもそんなに遠いわけでは無いので、実用向きというより
「離れ気分」を盛り上げるための小道具(高価な設備ですが)という感じです。

部屋は1棟に2部屋あります。
今回宿泊したのは欅タイプの客室。
中に入るとまずは囲炉里の間(火はありません)。

囲炉裏の間

大きなTVとブルーレイディスクがあります。
そして広々とした二間続きの和室。

和室

こちらにもTVがあります。
青々とした琉球畳に重厚な箪笥や調度品がよく合います。
天井は高く、立派な梁が見えます。

こちらは書斎スペース。

書斎

アンティークの机が可愛いです。

洗面所にはドラム式洗濯乾燥機がありました。

洗面所

我が家に無いものなので、思わず必要もないのに洗濯開始。
思ったより音が静かなんですね。でも何故かTシャツが1枚だけ湿ったままでした。
使い方が悪かったのでしょうか。

そして洗面所の奥には部屋風呂。

部屋風呂

更にその奥には、テラスに続く露天風呂まで。

部屋露天

露天風呂にはミニ冷蔵庫とテレビも付いていて、至れり尽くせり。

残念ながら部屋のお風呂は温泉ではありません。
これが温泉だったら最高なのになぁー。でも、田んぼの景色を眺めながら
真新しい浴槽の檜の香りを楽しみました。

トイレは洗面所ともう1つ、水琴窟が埋め込まれた珍しいトイレがあります。
何とも言えないいい音色が響きます。トイレには勿体無いほど。

そして「お召しかえどころ」という着替え部屋もありました。
置かれた箪笥の引き出しには、作務衣と浴衣が数種類用意されていました。

浴衣

とても一泊では使い切れない位の広さと施設です。
テラスからは田んぼが綺麗に見渡せます。

部屋

この部屋で宿泊代金24,150円(1泊2食付1名分)は、ちょっと他にないと思います。
館内にはペットの宿泊場所もありました。


温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)
お風呂は男女とも2ヶ所あり、1つは日帰り入浴も出来ます。(1000円)
どちらも内湯と露天があります。

まずは日帰りでも入れる浴室へ。
骨董のギャラリーを通り過ぎた先に湯屋があります。

展示処

浴槽は2つ。源泉掛け流しと加温された浴槽です。

内湯湯口
▲内湯(男湯)

源泉浴槽は源泉が38℃のため温く、寒くなると加温浴槽へと交互に入りました。
お湯は無色透明。湯口では硫黄の香りがして、浴槽には白い湯の華が見えました。
しっとり系のなかなかいいお湯です。
湯口のお湯を舐めてみると、美味しい玉子味がしました。

露天は10人程が入れる広さ。

露天
▲露天(男湯)

加温と循環もされている様で、塩素臭が結構しました。
内湯・露天とも女湯も同じ造りでした。


続いて宿泊客のみの浴室です。
広さ、造りとも日帰りでも入れる浴室とそんなに変わりません。

内湯 男湯
▲内湯(男湯)

内湯 女湯
▲内湯(女湯)

露天 男湯
▲露天(男湯)

露天 女湯
▲露天(女湯)

出来たばかりなので、どちらもとっても綺麗。
客室が少ないためか、浴室はほぼ貸切でした。


食事は個室の食事処で頂きます。

夕食1夕食2夕食3
夕食4夕食5夕食6
夕食7夕食8夕食9

全11品の会席料理。手の込んだ料理の数々に量もたっぷりで、食べ切れなかったデザートとご飯を
お握りにして部屋まで届けてくれました。残った日本酒もちゃんと一緒に。

デザート日本酒

これは嬉しいサービスです。


朝食も個室の食事処で。チェックインのときに和食・洋食が選べます。
これに蒸鍋で蒸した温野菜が付きます。

朝食1朝食2朝食3
朝食4朝食5朝食6

まだオープンして2ヶ月ちょっとという事で、従業員の方もまだまだ慣れていないようでした。
色々なことに説明不足を感じたり、IH内臓テーブルの調子が悪かったときも
臨機応変な対応とはいかなかったり。
それでも一生懸命さはとても伝わってきたので、慣れたらきっともっと良いサービスになるんだと思います。
施設は十分過ぎるほどに整っていて、ゆったりのんびり満喫出来ました。
いつかもう一度訪れてみたいです。


群馬県利根郡川場村川場湯原451-1
0278-50-1500
かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵HP


【 温泉の一覧はこちら

at 14:29, bunama&まなBoo, 温泉 【 群馬 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/951736