<< 那須湯本温泉 元湯 鹿の湯 | main | 奥那須温泉 大丸温泉旅館 >>

那須湯本温泉 雲海閣

外観

那須湯本温泉にある旅館に宿泊しました。
源泉掛け流しで、男女別の内湯のみ。

「硫黄泉」(酸性-含硫黄-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 硫化水素型)と
「明礬泉」(単純硫黄泉 硫化水素型)の2種類の温泉があります。
まずは「鹿の湯」と同じ源泉を引いた「硫黄泉」へ。
この浴室は部屋から遠い場所にあります。

温泉へ

まずは、階段を降りた先にある、炭鉱内部のようなトンネルを進み。

トンネル

更に急な階段を下へ、下へと降りて行きます。

階段

「まだ降りるの!?」とびっくりする程長い階段を下りた先にあったのは、
湯治場のような風情ある浴室です。

男湯
▲男湯

女湯
▲女湯


強酸性の白濁した湯は硫黄臭プンプン。
二つの浴槽は温度が違います。素晴らしい温泉を、混雑する「鹿の湯」と違い、
ほぼ貸切状態で鮮度の良い湯を満喫しました。
木造の浴室・浴槽も味わい深く、ついつい長湯に。

続いて「硫黄泉」へ。
こちらは男女で浴槽の造りが違いました。
そして湯量が少ない為、この日は湯が張られていたのは男湯のみ。

男湯
▲男湯

女湯

▲女湯


適温の透明の湯には白い湯花が見えます。
「明礬泉」は蒸気を溜めて出来る温泉で、源泉を17キロも引いているそうです。


部屋はこちら。

部屋

かなり広めの和室。コタツが嬉しいです。
トイレ・洗面は共同で、素泊まりで1名4500円でした。

以前は食事も出していたそうですが、現在は素泊まりか日帰り入浴のみ。
宿泊客は厨房を使って自炊も出来ます。

厨房


調理器具や食器、調味料なども自由に使えます。
初めて温泉で自炊を体験しました。
自炊し何度もお風呂に漬かる。まさに湯治湯の宿でした。



栃木県那須郡那須町湯本33
0287-76-2016


【 温泉の一覧はこちら

at 15:46, bunama&まなBoo, 温泉 【 栃木 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/951734