<< 山間T−6火入れ・T−7火入れ | main | 十四代大吟醸山田錦とたらば蟹しゃぶ >>

ヒーリングヴィラ 印西

外観

印西市にある日帰り温泉です。(1,500円。60分行水コースは700円)
泉質はナトリウムー塩化物強塩温泉(高張性・中性・温泉)。

印西牧の原駅前にある、温泉施設に行ってみました。
以前から気にはなっていましたが、料金が1,500円と割高の為、
中々訪れなかったのですが、初めて行ってみることにしました。

料金は、数種類のサウナと温泉(タオル・バスタオル・館内着付)一日利用で1,500円。
温泉のみ利用(タオル等無し)で一時間利用で700円があります。
せっかくなので、両方楽しめる一日コースにすることに。
館内着とタオル。バスタオルが入ったバッグを渡され、いざ館内へ。

館内着

館内は建物もインテリアも、バリのリゾートホテルをイメージした造りの様です。
館内着に着替えると、まずは男女一緒に入れる「サウナエリア」に。
最初に硫黄浴サウナへ。6人ほどが横になれる室内は硫黄臭が漂い
5分くらいじっとしているとで汗が吹き出ます。
体内の毒素が抜けていく感じがします。

涼みに外に出てみると。足湯と足つぼを刺激する歩行湯もあります。
サウナは他にも珍しい冷風サウナ(−2℃)や岩塩サウナ等、7種類あります。
この日は混んでいて、入りたいサウナにすぐに入ることは出来ませんでした。
女性同士やカップルのお客さんが多いようです。

続いて男女別のスパエリアに。
内湯を含めて11種類の浴槽があります。
その内のいくつかは源泉掛け流しの浴槽でした。

内湯
▲内湯(循環)

源泉浴槽
▲ヒーリング風呂(掛け流し)

浴槽2
▲備長炭水風呂(井戸水掛け流し)

浴槽3
▲ゲンセン風呂(掛け流し)

東屋には壺湯が。
東屋
壺湯
こちらも源泉掛け流しです。

他にも数種類の浴槽と、麦飯蒸釜サウナがありました。
湯は黄土色の濁り湯で、舐めてみたら強烈な塩味がしました。
源泉の温度が36.1℃なので、冬場は寒そうです。

館内施設は他にも、プールや男女別の仮眠室、女性専用の岩盤浴もあり
一日中のんびりできます。
行く前はこの場所で1,500円は高いと思っていましたが、
これだけ施設が充実いたらむしろ安いくらいです。
近いうちにまた訪れてみたいです。


千葉県印西市草深字原2131
0476-47-6611
ヒーリングヴィラ 印西HP

【 温泉の一覧はこちら

at 16:42, bunama&まなBoo, 温泉 【 千葉 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/939293