<< 塩原元湯温泉 ゑびす屋 | main | 宇都宮餃子 >>
2009.08.22 Saturday

奥塩原新湯温泉 むじなの湯

外観

奥塩原新湯温泉にある共同湯です。(300円)
この辺りの温泉旅館の泊り客は、無料で入れるそうです。
源泉掛け流しで、泉質は酸性含硫黄・アルミニウム・硫酸塩温泉。

男女とも内湯のみ。
奥塩原新湯温泉には共同湯が3つありますが、ここが一番人気があるようです。
地元の人、温泉マニア、近くの泊り客が噂を聞いて訪れるとか。
人気の理由は、浴槽の下から温泉が湧き出る、足元湧出の自噴温泉だということ。

道路沿いに掲げられた案内の看板を見つけ、階段を下って行きます。

看板

お世辞にも綺麗な建物とは言い難いですが、入ろうとすると、
清掃中の看板が。しばらく待てば開くだろうと、出直すことに。

一時間後再び訪れると、まだ清掃中のようでこの日は諦めました。
翌日地元のおばさんに聞いた話によると、朝から夕方五時過ぎまで入
れなかったようです。
足元湧出の自噴温泉はお湯が溜まるのに時間が掛かるのでしょうか。

小さな浴槽は4人入るのがやっと。
浴槽から温泉が流れ出るといったことはなく足元からも湧出感
はありません。やはり湯量は多くなさそうです。

浴室
▲男湯

白濁した温泉は、硫黄臭のほかに強烈な石油臭がします。
昨日清掃したばかりなので、温泉は新鮮。
唯でさえ熱い湯で身体はピリピリとし、一瞬で芯から温まりました。
体に染み付いた硫黄臭が、翌日の朝まで臭うほど濃厚な温泉です。


栃木県那須塩原市湯本塩原

【 温泉の一覧はこちら
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM