<< できたて?ほやほや?もぐら | main | カツオとウマ >>

七里川温泉

外観

千葉県君津市にある旅館に、雑誌「自遊人」付録の温泉パスポートを
利用して立ち寄り湯しました。(通常800円)
源泉掛け流しで、泉質は単純硫黄泉(冷鉱泉)。加温しています。

以前、TVで見て気になっていた温泉ですが、中々行く機会がありませんでした。
温泉に近づくにつれ段々道が狭くなり、秘境ムード満点です。
ちょうど昼時に訪れると駐車場はすでに満車状態。
玄関を入ると、ロビーで炭火焼きをしている人達がいてびっくりしました。
休憩室も沢山の人でいっぱいです。
昼時の忙しい時間帯なのに、ご主人は快く受け付けてくれました。

男女とも内湯と露天があります。
昼時のため、大勢のお客さんは食事中らしく温泉は貸切状態でした。

▼内湯(男性)
内湯(男性)

▼内湯(女性)
内湯(女性)

内湯の湯は無色透明で、湯口では硫黄臭が漂います。
しかし、何故か浴槽内では臭いを感じませんでした。
湯はとてもつるつるしていて柔らかく、体の芯から温まります。
飲泉してみると、硫黄臭はするもののとても飲み易いです。
ゆっくりお湯に浸かっていると、汗がじわじわ噴き出し気持がよいです。

露天は屋根付きで、女性の方には浴槽が二つありました。

▼露天(男性)
露天(男性)

▼露天(女性)
露天1(女性)

露天2(女性)

男湯の湯は赤褐色でこちらは硫黄臭は全くありません。
女湯は奥の方にある浴槽では硫黄臭がしました。
ただ、湯口からでる湯を手でためて鼻を近づけると分かる位で、
建物内で干物を焼く臭いが強くて、他の臭いが分かりません。
近くに金木犀が植えられていたのですが、その香りも分かりませんでした。
干物臭の中で浸かる温泉。なかなか無いです。
周りは建物もなく、山や畑の景色を眺めながらのんびりと入れますが、
お腹が空いているときは辛いかもしれません。

お世辞にも綺麗な建物とは言い難いですが、千葉県にもこのような
素晴らしいお湯があることを知りとても良かったです。
湯上り後もしばらくの間体がポカポカしてました。
帰る頃には更に食事のお客さんが増えていて、玄関先で炭火焼をしていました。


千葉県君津市黄和田畑921-1
0439-39-3211

【 温泉の一覧はこちら

at 12:16, bunama&まなBoo, 温泉 【 千葉 】

comments(0), trackbacks(1), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/805884
温泉生活, 2009/01/07 3:58 PM

君津市と鴨川市の境界にあり、養老渓谷から更に山奥に進み、天津小湊へ抜ける清澄養老ライン沿いにある温泉地です。一軒宿の「七里川温泉」は鄙びた雰囲気が魅力的で、その良質な湯を求めて多くの来客があることで知られています。