北海道旭川旅行 森の旅亭びえい

 

美瑛町にある旅館「白金温泉郷 森の旅亭びえい」に立ち寄り湯しました。(800円)

男女とも内湯と露天があります。

源泉掛け流し(加温の浴槽もあり)で、泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム硫酸塩・塩化物。

 

 

森の中に建つ数寄屋造りの綺麗な建物です。

とても立派な佇まいにしては控え目な正面入口。

 

 

建物内も綺麗。脱衣所も整ってます。

 

 

男湯の浴室内。壁と天井が木造りでいい雰囲気です。

 

 

こちらは源泉浴槽。

お湯は緑色に濁っていて、湯温はこの時期では少し温めです。

 

 

内湯のもうひとつの浴槽。こちらは加温してあります。

浴槽の淵や床には析出物が沢山。

 

 

露天風呂。こちらも加温ありです。

 

 

もう一つの露天は石造りで、こちらも加温あり。

 

 

湯口。この時期の露天は加温は仕方ないですね。

 

 

これぞ雪見風呂。

 

 

露天の屋根には氷柱がびっしり。

 

 

ここからは女湯。内湯の源泉浴槽。

 

 

加温の浴槽。手前の浴槽は水風呂です。

 

 

露天風呂。寒すぎて湯気で見えなくなってます。

 

 

そして石造りの露天風呂。

 

加温浴槽で温まってから、源泉浴槽と行ったり来たりしました。

濃厚なお湯は体がとても温まる。いいお湯です。

雪見風呂も楽しめて満足の湯でした。

この旅館は評判がとても良いらしいのでいつか宿泊もしてみたいです。

 

【温泉の一覧はこちら

at 10:59, bunama&まなBoo, 温泉 【北海道 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行 ―佝〜湯駒荘〜美瑛 

 

師走も半ばですが、何やらまだ暖かい関東から

12月としては記録的な積雪量の北海道を旅して来ました。

 

 

2泊3日の旭川の旅。

飛行機のお楽しみ、空弁を頂きながら出発です。

 

 

1時間半程で着きました旭川。一面の雪〜!!

この日は何と−13℃。寒いけれど雪を踏みしめる感触が気持ちイイです。

 

 

まずは雪見風呂で温まろうと、レンタカーで移動です。

どこまでも続きそうな真直ぐな道路が北海道らしい。

 

 

着いたのは「旭岳温泉 湯元 湯駒荘」。

こちらの旅館で日帰り湯を頂きます。(700円)

源泉掛け流しで、男女とも内湯と露天があります。

 

 

天井の高い浴室内。

山小屋のような雰囲気です。

 

 

こちらは男湯。この浴槽は温めで、いきなり浸かると寒いです。

 

 

もう一つの浴槽は適温。

 

 

露天は雪見風呂が楽しめます。

 

 

自家源泉のお湯はドバドバ。

旧泉質名が「正苦味泉」なのですが、舐めてみたら正に強烈な苦さでした。

 

 

そしてこちらは女湯。温めの浴槽。

 

 

適温の浴槽。男湯とほぼ同じ造りです。

 

 

適温の浴槽にじっくり入っていると汗がじんわり。

温めの浴槽と行ったり来たりして、雪見風呂を堪能しました。

 

 

旅館の周りは雪が凄いことに。建物が埋もれそうです。

ゆっくり温まったので、今夜の宿がある美瑛に移動しましょう。

 

 

素敵な建物の道の駅「丘のくら」で遅めの昼食を。

 

 

美瑛で今イチ押しらしい「焼カレーうどん」

全く姿が見えませんが、中にはうどんがぎっしり詰まっていて

野菜もチーズも大盤振る舞い。物凄いボリュームです。

 

 

北海道限定のサッポロクラシックを飲みながら。

お腹いっぱいになりました。

 

 

石造りの美瑛駅。風情がありますね。

 

 

宿に行く前に「セブンスターの丘」へ。

丁度、綺麗な夕日が見られました。

at 09:57, bunama&まなBoo, 温泉 【北海道 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark