湯谷温泉

 ダム

金沢を満喫し一路、富山の秘湯を目指します。
金沢市内より車で約一時間。小牧ダムまで来ました。


ダム湖

この近くには、船でしか行けない宿「大牧温泉旅館」があります。

湯谷温泉

湯谷温泉と言う名の温泉は富山県内に二つあります。
カーナビに温泉の名前を登録して車を走らせると、間違えて別の湯谷温泉に行ってしまいました。
ようやく、今回の目的地に到着しましたが、駐車場や建物の場所が分からずウロウロ。

湯谷温泉

それらしき建物を発見。
本当にここでよいのか恐る恐る入口へ近づいて中の様子を窺います。

湯谷温泉

どうやらここでよさそうですが、人の気配が全くしません。
お金はこの箱に入れます。箱の横にはトイレと温泉の行き方が書かれた紙が。
入浴料500円を箱に入れ、建物内へ。

湯谷温泉 湯谷温泉

年季の入った建物内には、炊事場があります。湯治客も訪れるようです。

 

ブルーシートに覆われた階段を見て思わず、うわっと声を出してしまいました。
本当にこの先にお風呂があるか不安になります。



薄暗い地下に降りて行くと、脱衣所を発見。
何だかワクワクしてきました。

湯谷温泉 湯谷温泉

泉質は、「ナトリウム・カルシウム−塩化物泉」
源泉掛け流しのようです。
浴室は薄暗く、まるで洞窟の中にいるみたい。浴槽から湯が溢れ出ています。
浴槽の中は深く、端に腰かけて入ります。湯の温度は40度くらいで、肌触りがすべすべ。
体中に気泡ががまとわり付き、とても柔らかく優しいお湯です。

 

湯口のパイプを持ち上げてみると。ドバドバと凄い勢いで湯が注がれてました。
飲泉してみると、ほんのり硫黄と塩気を感じました。
お湯に入った時は温く感じましたが、じわじわ汗が出てきます。
優しいお湯は、いくらでも入っていられます。

湯谷温泉

すっかり体も温まり、周りの景色をゆったりと眺めます。
まだまだ紅葉は始まっていませんが、山の上の方は少しだけ色付いていました。

湯谷温泉 湯谷温泉

自宅から650僧イ譴寝浩瑤蓮△發靴したらもう二度と来れないかもしれません。
そう考えると何だか寂しい気持ちになりますが、遠く離れた極上の温泉に入れたことに感謝です。
本当に素晴らしい温泉でした。


湯谷温泉
富山県砺波市庄川町湯谷235


【 温泉の一覧はこちら

at 14:33, bunama&まなBoo, 温泉 【 富山 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark