須川高原温泉 大露天風呂

須川高原温泉 大露天風呂 外観
立ち寄り湯(600円)

標高1,126メートル、栗駒山の北方、剣岳の北麗に位置する須川高原温泉に立ち寄り湯しました。
泉質は、含硫黄・鉄(供法璽▲襯潺縫Ε燹捨音星・塩化物泉。
湯の湧出量は毎分6,000箸慮酸掛け流しです。

須川高原温泉 大露天風呂

山の上の方から引きこまれた源泉は、水色掛かった乳白色です。
湯船の端の方はやや温めなので、湯口に移動。

湯口

湯口はやや熱く、新鮮な源泉が広い浴槽に流れ込んできて気持ちがよく、
体の芯から温まります。
湯の肌触りも滑らかで、柔らかい温泉です。

須川高原温泉 大露天風呂

入浴客も少なく、こんな広い大露天風呂にのんびり入ることが出来ました。

素晴らしい温泉を満喫し、来た道を戻ります。

ぶなの恵み

途中、平成の名水百選【ぶなの恵み】があり、温泉で乾いた喉を潤します。
軟らかく、甘みを感じます。

震災の跡

しばらく走ると、2008年に起きた岩手・宮城内陸地震で崩落した橋が見えます。
土砂災害も多く見られ、地震の恐ろしさを見せつけられているようです。

at 15:39, bunama&まなBoo, 温泉 【 岩手 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark