兎口温泉 翠の湯

外観


十日町市にある、町営の日帰り温泉です。(400円)
植木屋旅館の宿泊者は無料で利用出来ます。
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物強塩泉。

男女とも露天風呂のみ。
町営ですが、管理は植木屋旅館に委託されているらしく
営業時間は8時からでしたが「6時過ぎには入れる」とのこと。
折角なので、朝風呂に行ってみました。

岩で囲まれた中に木製の浴槽があるだけのシンプルな造り。
男湯の方は殆ど丸見えなほど、解放感はたっぷりです。

男湯
▲男湯

女湯
▲女湯

お湯は緑掛かった黄土色で、やや濁っています。
湯口からは熱めの源泉が注がれ、お客がホースで加水し調整します。
朝一番のお湯は、一晩誰も入ってないし加水されていないので熱い!!
新鮮で濃厚なお湯は、コールタール?石油臭と何やら生臭いような
不思議な匂いがします。
黒い湯花が綺麗に舞っていました。

湯口

飲泉してみると、塩味と苦みを強く感じます。
朝の一番湯を、解放感溢れるお風呂で満喫しました。

女性用の脱衣所に何故か、塩素剤が???

謎の塩素剤

お湯には塩素臭は全くしませんでしたが、掃除用でしょうか。



新潟県十日町市松之山
025-596-2402(湯米心まつのやま)

【 温泉の一覧はこちら

at 06:34, bunama&まなBoo, 温泉 【 新潟 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

兎口温泉 植木屋旅館

外観

十日町市にある旅館に宿泊しました。
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム-塩化物・強塩温泉(高張性温泉)

男女とも内湯のみです。
明治39年開業時からそのまま使用している、風情ある浴室。

男湯
▲男湯

女湯
▲女湯

男女とも同じ造りの左右対称になっています。
浴槽は二つあり、ひとつが源泉。もうひとつは加温されています。
37℃の源泉の浴槽は、この時期丁度気持ち良い温度。
緑茶褐色に濁った湯は、油臭と何やら混ざったような独特の匂いがします。
ちょっと今までの温泉では嗅いだ事の無い匂いです。
浴槽内にはオレンジの湯の華が見え、湯の表面には油膜が貼ったように
見えました。
浴槽の淵は析出物がびっしりと。寄りかかると痛いくらいです。

湯口

温度は低いのですが、じわじわと体が温まっていきます。

皮膚に良い湯らしく、若女将によると以前宿泊したお客さんで、いつもはアトピーで
夜泣いて寝ないお子さんが、湯に入った日はぐっすり眠れたとか。
また眼にも良いと聞き、源泉で洗ってみました。

こちらの温泉は、ジオ・プレシャー型の温泉だそうで、
地下3000mに封じ込められた1000万年前の海水が、亀裂から
湧出している温泉なのだそうです。
有限の資源で、いつかは枯れてしまうのだとか。
そう思って浸かると、有難さも一入です。


部屋は8畳程の和室に洗面台。トイレは共同です。

部屋

夕飯は部屋まで運んできてくれます。
山菜は終わりの時期でしたが、地の物や朝から煮込んだという鯉こくなど、
手作りの素朴な味わいが美味しいです。

夕食

夕食後は宿の裏手へ蛍見物へ。
道路を直してから数が減ってしまったそうですが、幻想的な蛍の光りを
いくつも見ることが出来ました。

朝食も部屋で頂きます。

朝食

接客をしてくれた女将も若女将も素敵な方で、飾らないけれど
心のこもったもてなしをしてくれました。

貴重な湯と風情ある浴室、どちらもこのまま長く残って欲しい温泉です。


新潟県十日町市松之山湯本
(025)596-2221
植木屋旅館HP

【 温泉の一覧はこちら

at 16:00, bunama&まなBoo, 温泉 【 新潟 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

松之山温泉 鷹の湯

外観

草津・有馬と並ぶ日本三大薬湯の一つ、松之山温泉にある日帰り温泉です。(500円)
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。

男女とも内湯と露天があります。

内湯
▲内湯(男湯)

浴室に入ると、強烈なアブラ臭が漂う個性的な湯です。
薬箱を開けた時の匂いにそっくりです。
色は透明茶褐色で、肌の当たりがツルツルします。
飲泉してみると、苦みとしょっぱさを感じます。
源泉は80度以上あるそうで、加水されています。
源泉と循環した湯が浴槽に注がれていました。

露天
▲露天(男湯)

川沿いに造られた露天風呂は解放感がありました。
熱い湯に出たり入ったり。湯上りはサッパリして気持ち良かったです。

温泉分析表と並んで貼られた紙には「消毒あり」と書かれていましたが
アブラ臭の方が勝っていたのか、塩素臭は全く感じませんでした。


新潟県十日町市松之山湯本
(025)596-2221
鷹の湯HP

【 温泉の一覧はこちら

at 14:06, bunama&まなBoo, 温泉 【 新潟 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

千年温泉 千年の湯

外観

新潟県十日町市にある日帰り温泉です。(500円)
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。

弧を描いたような外観の建物が御洒落。
建物内もシンプルで綺麗です。
男女とも内湯と露天、サウナと水風呂があります。

内湯
▲内湯(男湯)
広めの浴槽は一部がジャグジーになっていました。
赤茶色の湯はモール臭と石油臭がして、飲泉するとほんのり硫黄と
金気臭を感じます。
山梨県甲府にある、甲府昭和温泉ビジネスホテル黄金温泉健康センターと良く似ています。
内湯は温度調節のため加水されているそう。

湯口

女湯は石造りで、某学習塾のキャラクターのようなフクロウの石像から
湯が注がれていました。
週ごとに、男女の浴室が入れ替わるそうです。

露天
▲露天(男湯)
肌触りがスベスベするお湯と、心地よい風が気持ち良いです。
この日の女湯の露天は檜造りでした。

掛け布団が用意された男女別の休憩所もあり、一日のんびり過ごせそうです。
建物の外には足湯もあり気軽にお湯が楽しめます。

足湯


新潟県十日町市水口沢121−7
025-768-2988
千年の湯HP

【 温泉の一覧はこちら

at 10:58, bunama&まなBoo, 温泉 【 新潟 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark