2018.11.30 Friday

久々の山梨、温泉と食の旅

山梨旅

 

温泉と美味しい食を楽しもうと、久し振りの山梨県に訪れました。

 

山梨旅

 

まずは温泉。

昨年6月に「国母駅前温泉健康ハウス」をリニューアルオープンした「桜湯」へ(500円)。

源泉掛け流しで、泉質は単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 。

 

山梨旅

 

銭湯のような造りの浴室内。

新しい施設だけにとっても綺麗です。

 

山梨旅

 

源泉がドバドバ。

肌のあたりが柔らかくて円やかな良質の温泉です。

湯口にはコップが置いてあり入って良し、飲んでも良しで体の中から温まります。

飲泉してみると金気臭がする甲府周辺に多い泉質のようです。

 

山梨旅

 

露天もあります。

源泉は43.6℃なので露天は少し温め。肌の表面に沢山の泡が付く新鮮な温泉です。

サウナもあります。

 

山梨旅

 

体が温まったところでお昼を頂きましょう。

360年以上の歴史あるお蕎麦屋さん「奥村」へ。

 

山梨旅

 

こちらはB級グルメで有名な「鳥もつ」発祥のお店だそう。

もちろん頂きます。甘めの濃いタレが美味しい。

以前食べた時にはなかった砂肝も入っていました。

 

山梨旅

 

美味しいつまみには、マスターズドリームの生ビールを。

平日昼間のビールって何でこんなに美味しいんでしょう。

 

山梨旅

 

国産そば粉十につ小麦粉一の比率で打つ「外一そば」。

喉越しの良いお蕎麦です。

ごま油の風味がよい海老天も美味しい。

 

山梨旅

 

天気が良いのでワイナリーに行って見ましょう。

 

山梨旅

 

サントリー登美の丘ワイナリー。

 

山梨旅

 

有料で試飲ができます。

 

山梨旅

 

葡萄畑越しに市街と富士山が望める絶景。

画になる風景です。

 

山梨旅

 

ホテルでひと休みしたら歩いて夕飯に出掛けます。

「すし・うまいもの処 伊津美」。

 

山梨旅

 

ホテルでビールを1杯ひっかけて来たので最初から日本酒。

山梨の地酒からスタートです。

氷の入った桶に日本酒のラベルも付けて出してくれます。

 

山梨旅

 

お通しの煮貝。名前を聞いたのに忘れてしまいました。

 

山梨旅

 

お刺身三点盛り。

シマアジに南インドマグロの赤身と鰤。

日本酒によく合います。

 

山梨旅

 

太冠酒造の純米吟醸。

かつて甲府在住時、近所にあった酒蔵です。

今は良質の水を育む南アルプス市で酒造りを行っています。

 

山梨旅

 

白子ぽん酢。

 

山梨旅

 

かれいの唐揚げ。サクサクで美味しいです。

 

山梨旅

 

あさりの酒蒸し。

 

山梨旅

 

山梨の地酒から三重の地酒にスイッチ。

久し振りに而今をいただきました。

 

山梨旅

 

牡蠣フライ。

さくさくの衣にジューシーで旨みがたっぷり。

 

山梨旅

 

締めに握りを。

これだけ食べて飲んでお会計10,490円。

良心的な価格で良いお店だと思うのですが、金曜日の夜なのに

滞在中にお客は私たちだけ。不思議です。

 

山梨旅

 

酔い覚ましに散歩しながらホテルへ戻ります。

ホテルは「ドーミイン甲府丸の内」。

 

山梨旅

 

ここは温泉の大浴場があります。

 

山梨旅

 

循環なので塩素臭がありますが、ビジホでこれは頑張っていると思います。

 

山梨旅

 

サウナもありました。

 

山梨旅

 

湯上り処では宿泊客に生ビール1杯のサービスが。

グラスの底からビールが湧く、トルネードサーバーのビールです。

 

山梨旅

 

夜は食事処で「夜鳴き蕎麦」のサービスが。

半ラーメン位の量で、小腹が空いたときに丁度良いです。

 

山梨旅

 

翌朝も快晴。

部屋から富士山が見えました。

 

山梨旅

 

今日の温泉は石和温泉にある「深雪温泉」(立ち寄り湯1,000円)

2種類の源泉が掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

 

山梨旅

 

以前も訪れましたがここのお湯は素晴らしいです。

とろみのある湯は、まるで温めた化粧水に包まれているような気持ちの良さ。

 

山梨旅

 

勢いよく流れる源泉。

なんとカランやシャワーのお湯も源泉という湯量の豊富さ。

 

山梨旅

 

いつまでも入っていたくなる極上の温泉でした。

 

山梨旅

 

さて、山梨締めの一食へ。

ほうとうの有名店「皆吉」。

 

山梨旅

 

お店は昔の日本家屋。干し柿が風情あります。

 

山梨旅行

 

有名店だけに結構な順番待ち。

屋内に待機スペースは無いので、縁側に腰を掛け

庭を眺めながら1時間程待ちました。

これ、真冬はそうとうキツイと思います。

 

山梨旅

 

やっと席につきましたが、ここからほうとうが煮えるまで30分程掛かります。

地元のビールを飲んでゆっくり待ちましょう。

 

山梨旅

 

これだけ待って食べるほうとうはさすがに美味しいです。

腰の強い麺に、大きな自家製野菜がたっぷり。味噌も自家製だそう。

 

山梨旅

 

冷やしうどんもさっぱりと美味しい。

程よい濃さのつゆでのど越し良く頂けます。

 

山梨旅

 

皆吉で頂いたビールは近くで造っているそうなので寄ってみました。

「甲斐ドラフトビール」。自宅飲み用にビールを購入。

 

山梨旅

 

近くのワイナリー「ロリアンワイン」へも立ち寄り。

 

山梨旅

 

沢山の賞を受賞しているみたいです

 

山梨旅

 

こんな所でワインを飲んだら、さぞ美味しいことでしょう。

 

山梨旅

 

ワイン街道と呼んでも良いくらい、ワイナリーが立ち並んでいます。

最後に外観も素敵な「グレイスワイン」へ。

 

山梨旅

 

2階の販売・試飲スペースでお正月用のワインを購入。

 

何年か振りに訪れた甲府。

新しい温泉にも、もう1度温泉も満喫。

美味しい物も沢山頂いて楽しい1泊2日でした。

2018.02.02 Friday

北海道旅行 その2

北海道

 

北海道旅行2日目。

昨夜はラーメンの後、お店を2件ハシゴしてからの部屋飲みを午前3時過ぎまで。

二日酔いのどんよりした気分とは裏腹に、外は爽やかな快晴。

 

北海道

 

街中を散策し昼食場所に向います。

 

北海道

 

昼食は「函館むらかみうに」うに丼(4,320円)を頂きます。

完全無添加の採れたて雲丹がてんこ盛り。

文句なく美味しかったです。

 

北海道

 

今回の旅行の楽しみの一つは温泉です。

札幌駅から電車で10分、素晴らしい温泉を見つけました。

 

北海道

 

「森林公園温泉きよら」

内湯と露天風呂、サウナ付で440円と銭湯並みの値段です。

 

北海道

 

札幌市内で唯一の源泉掛け流しのモール泉。

ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉。(低張性アルカリ性温泉)

 

北海道

 

このモール泉はここ以外ではドイツにしかない希少な温泉だとか。

身体の芯から温まる温泉です。

 

北海道

 

夕飯は「サッポロビール園」

 

北海道

 

ジンギスカンの食べ放題とサッポロビールの飲み放題。

 

北海道

 

正直ビールは温くてイマイチでした。

団体の宴会なので仕方ありません。

 

北海道

 

生ラムは柔らかくて美味しい。

野菜と一緒にいくらでも食べれます。

 

北海道

 

地元の通の人が注文する丸肉もいただきます。

羊のバラ肉をロールし冷凍スライスしたものです。

懐かしい味わいです。

 

北海道

 

二次会はホテル近くのお店に。

 

北海道

 

厚岸産の牡蠣を頂きました。

札幌最後の夜を満喫しました。

2018.02.01 Thursday

北海道旅行 その1

北海道

 

雪まつりの直前、真冬の北海道を旅してきました。

今回は会社の旅行。千歳空港に到着後は各自フリープランです。

 

北海道

 

まずは北海道グルメを満喫するべく、札幌中央卸売市場内にある「北のグルメ亭」へ。

サッポロクラシック生で乾杯です。

 

北海道

 

海鮮丼(3,210円)を頂きます。

どのネタも新鮮で美味しい。

 

北海道

 

ビールと海鮮丼を満喫したら宿に向かいます。

ホテルは札幌 東急REIホテル。

すすきのにあり観光にとても便利です。

 

北海道

 

ツインの部屋は広くて綺麗で快適。

 

北海道

 

夕飯まで時間があるので、たまにはスイーツを食べようと思い

ホテル近くにある「ミルク村」に行ってみました。

場所はちょっと分かり難いビルの6階にあります。

真昼間ですがまるでバーのような雰囲気。

結構賑わっています。

 

北海道

 

お店お勧めのセット、ダルジャン(1,390円)を注文しました。

アイスクリームとリキュール2種他、珈琲付きです。

アイスはおかわり自由。

 

北海道

 

アイスの上にリキュールやブランデーを掛けて頂きます。

数十種の中から好みのエッセンを選択できます。

高級ブランデーのヘネシーやレミーマルタンも試しましたが、

バラのリキュールとパインナップルのリキュールがとくに美味しかったです。

 

北海道

 

甘味を堪能しホテルに戻る途中、だしの自販機に遭遇。

初めて見ました。斬新。

 

北海道

 

札幌初日の夜は、すすきのの居酒屋で宴会です。

昼間に美味しい海鮮丼を食べてしまったので、正直こちらの食事はイマイチ。

 

北海道

 

酔い覚ましに周辺を散策。

雪まつり直前の会場では、準備が急ピッチで行われています。

 

北海道

 

何やら雪像を製作中。どうやら日ハムの清宮のようです。

 

北海道

 

散策すること1時間。

小腹が空いてきたので、ラーメンを食べることにしました。

札幌といえば味噌ラーメン。まずまずの美味しさ。

2017.12.02 Saturday

福島旅行 その6 〜大内宿〜

 

福島旅行の締めくくりは大内宿です。

 

 

江戸時代の会津西街道にあった宿場町で、茅葺屋根の建物が

通りの両側に並ぶ観光名所。

 

 

建物ではお土産屋さんや蕎麦屋が営業しています。

 

 

ちょっと近づくと盛んに呼び込みのお声が。

どのお店もかなり営業熱心です。

 

 

突き当りに、高台へ上がる階段があり、昇ると大内宿が一望出来ます。

 

 

朝ご飯をお腹いっぱい食べたので、そんなにお腹は空いてないけれど

折角なので名物を頂こうと「三澤屋茶屋」へ。

 

 

こちらはネギで食べるお蕎麦の元祖「三澤屋」さんが営む茶屋で

蕎麦のハーフサイズ(540円)や若鮎サンド、甘味などが頂けます。

ネギが箸替わりとは食べにくいのかと思ったら、意外とスイスイ食べられます。

お蕎麦の風味と大根おろし汁のつゆ、齧りながら食べるネギの薬味があいまって

とっても美味しかったです。

 

今回の福島旅行では酒蔵見学と新酒を味わえて、食べた事がなかった郷土料理も味わえ

更には観光も満喫出来て。冬の福島を大満喫出来ました。

2017.12.01 Friday

福島旅行 その3 〜飯盛山 さざえ堂〜

 

宿に行く前にもうひと観光。

白虎隊のお墓と、有名なさざえ堂がある飯盛山です。

 

 

参道の入口で、いい香りに誘われて串カツ屋さんへ。

 

 

地元の食材を使っているそう。

 

 

揚げたて熱々で美味しい。

 

 

山頂まで行ける動く歩道(250円)

音声アナウンスで「上まで歩くと本当〜に大変です!」と盛んに

チケットの購入を煽ってきます。

 

 

昇り切った場所にある白虎隊の慰霊碑。

 

 

十九士のお墓。16,17歳のお墓が19個も並んでいるのを見ると、

本当に悲劇だったと改めて思います。

 

 

山頂付近からの眺め。遠くの山まで良く見えます。

 

 

山頂から少し下ったところにある「さざえ堂」。(拝観料400円)

 

 

横から見ると確かにサザエです。

 

 

入口を入って直ぐにらせん状のスロープが始まっています。

 

 

窓からの光が綺麗。

 

 

ここが天井。昇りは右回りでしたが、ここからは左回り。

同じ通路を通ることなく昇り降り出来る、世界的にも珍しい二重らせん構造なんです。

お堂には西国札所の三十三観音像が祀られていて、一度で巡礼が出来てしまう

お得な場所でもあります。

 

 

酒屋さんで会津のお酒をお土産に購入して、そろそろ宿に向かいます。

2017.12.01 Friday

福島旅行 その1 〜朝ラーと酒蔵見学〜

 

真冬直前の福島へ、温泉と日本酒を楽しもうと旅してきました。

 

 

まずは朝から喜多方ラーメンを食べようと「あべ食堂」へ。

 

 

喜多方には朝ラー(朝からラーメンを食べる)なんて言葉も

あるそうですが、さすがに平日の朝10時は空いてました。

このお店、休日には行列が出来るそうです。

 

 

濃厚そうに見えてあっさりですが、旨味はたっぷりのスープと

縮れ麺が絶妙に美味しいです。

 

 

満足の朝ラーでした。

あべ食堂の近くにあるお店の看板。

どれ程まずいのか気になります。

 

 

車を走らせていたら、やたらと目につく”会津大仏!”の看板に

引き寄せられて「願成寺」へ。

 

 

湧き水でしょうか、池の水が澄み切っていました。

 

 

こちらが大仏さま。

正直、”大”ではないです。普通の仏像より若干大きいかなというサイズ。

実際、他の参拝客も「え…大仏?」とつい漏らしていたので

あまり「大仏!」の看板を出さない方が良い気がします。

とはいえ、もちろん有難くお参りさせて頂きました。

 

 

ラーメン、お寺と巡って次はお酒です。

嘉永3年(1850)創業の末廣酒造さん。

嘉永蔵と呼ばれる江戸時代の建物に、新酒が出来たお知らせの緑の杉玉が映えます。

 

 

それにしても目出度い蔵名ですね。

 

 

末廣酒造さんでは1時間に1回、無料の見学ツアーを行っていて

ちょうど始まる時間に着いたので参加してみました。

 

 

ガイドをして下さった蔵の方。

とても分かり易い説明で、会津訛りが耳に心地よかったです。

 

 

酒米の精米歩合が見て分かるコーナー。

削った米はどうするんだろうと思っていましたが、米粉として無駄に

することなく使われるそうです。

 

 

昔の酒造りの道具も沢山ありました。

 

 

昔、蔵主の自宅だった2階部分も見学できます。

 

 

広間にあった最後の将軍、徳川慶喜の書。

 

 

こちらは野口英世の書。

野口英世が大変お世話になった恩師の娘さんが嫁いだのが末廣酒造で

この広間を野口英世が訪れたときの写真もありました。

 

 

無造作に立てかけられていた昔の木造看板。

今でもお洒落なデザインです。

 

 

見学の後は、お待ちかねの試飲。

搾りたての新酒や、ひやおろし、大吟醸、会津の大きい梅「高田梅」を

漬けた梅酒など試飲の種類が豊富。

気に入ったお酒は自分達のお土産に。

 

 

入口横に湧いている仕込み水。

自由に汲んで良いそうなので、コーヒーやお茶に使おうと

頂いて帰ります。夏場は順番待ちが出来るそうですよ。

 

さて、次はそろそろ温泉で温まろうと思います。

2017.04.23 Sunday

京都小旅行

 

京都旅行

 

GW直前に急きょ京都での仕事が入り、せっかくなので

休日を利用し市内を観光することにしました。

 

京都旅行

 

東京駅発早朝6時過ぎ。新幹線の指定席は、ほぼ満席です。

駅弁を食べながら一路京都へ。

 

京都旅行

 

京都駅到着。

外国人観光客で賑わっています。

 

京都旅行

 

京都バス営業所で京都1日観光乗車券(1,200円)を購入。

市バス、市営地下鉄が1日乗り降り自由となります。

 

京都旅行

 

まず目指すは、こちらの世界遺産。

 

京都旅行

 

京都といえば金閣寺。訪れるのは中学生だった時以来です。

朝日に照らされ見事に輝いています。とても綺麗。

 

京都旅行

 

金閣寺裏側。見事な金色を間近で見れます。

 

京都旅行

 

金の次は銀。

 

京都旅行

 

銀閣寺にやってきました。

落ち着いた雰囲気で穏やかな気持ちになります。

 

京都旅行

 

手入れされた庭の砂。銀色に輝いています。

 

京都旅行

 

絵になります。美しいです。

 

京都旅行

 

歩いて高台に登ると、境内を見渡すことができます。

このままゆっくりとしていたいのですが、移動します。

 

京都旅行

 

立派な鳥居です。

 

京都旅行

 

平安神宮に到着。

 

京都旅行

 

見事な快晴。雲一つありません。日影が恋しくなります。

 

京都旅行

 

身を清め参拝します。

 

京都旅行

 

御朱印を頂きました。

 

京都旅行

 

続いて、八坂神社に到着。

 

京都旅行

 

神社の入口には屋台が沢山並んでいました。

商売っ気がすごく感じられます。

 

京都旅行

 

お昼を食べようと祇園をぶらぶらしますが、どこも混んでいます。

 

京都旅行

 

朝から歩きまくり、喉がからから。

歩き途中に見つけたお店で昼食を頂くことにしました。

乾いた喉には生ビールでしょう。

あては甘い蕎麦かりんとう。

 

京都旅行

 

ビールを飲み干し、天ぷら蕎麦を頂きます。

細くひらりとした独特の蕎麦。

 

京都旅行

 

清水寺に到着。人混みで溢れています。

 

京都旅行

 

見どころ「清水の舞台」境内の建物の一部は改修中でした。

 

京都旅行

 

ここでも出世のお願いを。

 

京都旅行

 

京都市内の観光は、バスが本当に便利。

さくさく移動できます。

 

京都旅行

 

伏見稲荷大社に到着。

 

京都旅行

 

本殿を拝み、稲荷山を登り一ノ峰を目指そうと歩きましたが、

時間の都合で途中で諦めました。次回、絶対にまた来ようと心に誓い下山。

 

京都旅行

 

観光案内所で貰ったMAPとスマホを駆使し、

慣れない関西の地を移動します。

 

京都旅行

 

大きな商店街を通り抜けます。

 

京都旅行

 

商店街を抜け、東側にそろたところにありました。

 

京都旅行

 

本日の最終目的地(酒)です。

京都の名水で仕込まれた地酒を味わうことができるお店。

 

京都旅行

 

利き酒セットを注文しました。

一気に17種の地酒を味わうことができます。

お酒の仕込み水、チェイサーで和らぎ水も付いてきます。

 

京都旅行

 

今日は相当歩きました。お腹もぺこぺこ。

関西と言えば串揚げ、勝手な思い込みで注文しましたが、熱々でジューシー。

とても美味しいかったです。

 

京都旅行

 

日本酒のあてはやっぱりこれでしょう。

乾きもの盛り合わせ。

 

京都旅行

 

七輪であてを炙りながら日本酒をチビチビ頂きました。

いや〜大満足。最高です。

 

京都旅行

 

まだまだ呑んでいたいのですが、タイムオーバー。

今宵お世話になる宿がある駅前に戻ります。

 

今日は朝から日が沈むまでずっと良い天気でした。

空がとても綺麗で、景色と空をずっと眺めていても楽しめます。

 

京都旅行

 

バスを降りホテルに戻る途中、ラーメン店に行列ができていました。

京都を代表するラーメン店「第一旭」を発見。

明日の仕事も気になりますが、50分程並びました。

 

京都旅行

 

めんまラーメンを注文。

スープはあっさりとしていますが、コクがあります。

つるっとした麺も美味い。

 

京都旅行

 

ようやく、今宵の宿に到着しました。

「相鉄フレッサイン京都駅八条口」先週オープンしたばかりです。

 

京都旅行

 

オープンしたてのホテルは最高です。綺麗で快適。

静かでぐっすり眠れました。

 

京都旅行

 

翌朝の朝食(ビュッフェ)。外国人観光客向けにパンが充実していました。
ここは関西、納豆はありませんでした。

 

京都旅行

 

チェックアウトを済ませ、優雅に早朝の散歩途中に「東寺」を訪れました。

大きなお寺さんです。

ゆっくりと拝観したいのですが、御朱印を頂きこれにて観光は終了。

 

京都旅行

 

今回、急きょ仕事が入りこの地を訪れましたが、京都は素晴らしい処でした。

京都市内ほんの一部を駆け足で巡り大満足。

次回はじっくりと時間を掛け、古都を巡りたいと思います。

 

2017.04.07 Friday

わに塚の桜

山梨

 

10年振りに山梨県の韮崎市に行ってみました。

山梨の春と言えば桃の花が有名ですが、わに塚の桜も素晴らしく綺麗です。

田んぼのなかに立つ見事な大木は推定樹齢300年。

まだ7,8分咲きですが、圧倒されるくらい見事な桜です。

 

山梨

 

桜を満喫した後は、この温泉と決めていました。

「韮崎旭温泉」です。

 

山梨

 

源泉掛け流しで、エメラルドグリーン色が美しい。

鮮度の良い湯で、浸かるとあっという間に体中に気泡が付きます。

濃厚な温泉は入っても良し、湯口で飲んでもよし、素晴らしい温泉です。

 

山梨

 

素晴らしい温泉を満喫した後は地元の食事処へ。

韮崎にある「八嶋」で昼食を頂くことにしました。

平日ですが、お客さんでかなり賑わっていて着席に30分待ち。

 

山梨


席に着くと前菜がどんどん運ばれてきました。

サラダに切干大根、さつま揚げと胡麻豆腐、これだけでお腹いっぱいになりそう。

 

山梨

 

メインは鰻です。

注文した中入り丼は、ご飯の上にのった鰻を食べ進めると

ご飯の中に更に半身の鰻が入っています。

鰻はふっくらとした上品な味わい。脂ものっています。

美味しかった。

 

久々の韮崎。

日帰りでしたが、わに塚の桜も見ることができ充実の旅となりました。

 

2017.03.12 Sunday

J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2017

 

両国国技館でギターの弾き語りが聴けるイベント、

「ギタージャンボリー」に行って来ました。

 

 

2年ごとに行われていて今回で3回目。

初めて訪れた前回がとっても良かったので、楽しみにしてました。

 

 

会場前の国技館。結構な行列です。

 

 

列を進んで行くと置いてあった「遠藤関のお姫様抱っこパネル」

いくつも並んでいてちょっとシュール。

 

 

ステージは土俵もどきです。

 

 

今回も升席。1階の一番前だったので見やすそう。

 

 

つまみとビールを仕入れに売店へ。

プレミアムモルツがリニューアルするそうで、発売2日前の

生ビールが売ってました。これは飲まなくちゃ。

 

 

国技館名物やき鳥をつまみに乾杯。

 

 

飲んでツマミながら音楽が楽しめるのが、このイベントの醍醐味。

 

 

アーティストは出演順に

■竹原ピストル

■石崎ひゅーい&マキタスポーツ

■山内総一郎(フジファブリック)

■miwa

■トータス松本

■ハナレグミ

■浅井健一

■斎藤和義

 

 

知ってる唄も、知らない唄にも聞き惚れて

ギターの音色とお酒に酔いしれました。

 

 

最後は出演者全員で、先日亡くなったかまやつひろしさんの「我が良き友よ」。

いや〜楽しかった。ギターの音っていいなぁ。

また2年後に観に来たいです。

 

2017.02.11 Saturday

成田山新勝寺で厄払い

 

今年は本厄なので、成田山新勝寺に厄払いに行ってきました。

 

 

いつ来ても混んでいる表参道。

 

 

厄払いは釈迦堂で行われます。

 

 

右に見える小屋で申し込み書に記入し、左の階段上にある受付で申し込みます。

初穂料は7千円か1万二千円。これ、金額で何か違いがあるのでしょうか?

取り合えず7千円を納めて釈迦堂の中へ。

 

 

根こそぎ厄を払って頂きましょう。

 

 

お不動さま、よろしくお願いします。

 

 

受付で頂いた紙袋。中はお神酒とお供物。

そして最後に頂くお札を入れる袋です。

 

お祓いは全部で20分程。途中、全員の名前が読み上げられました。

最後にお坊さんから名前が書かれた札を頂いて終了。

実は初めて厄払いをしてもらったのですが、結構流れ作業な感じでした。

 

 

ついでと言っては何ですが、出世の方もお願いします。

 

 

お稲荷様、何卒よろしくお願いします。

 

 

厄払いも出世祈願も済ませて、帰る前にお腹を満たしましょう。

蕎麦の「一福」さんへ。

 

 

喉も潤いましょう。

 

 

お通しのホタルいかが美味。

 

 

群馬県産の舞茸天ぷら。いい香り。

 

 

出汁巻玉子。二人分に分けて出してくれました。

 

 

お酒は地元のお酒「長命泉」

 

 

田舎蕎麦とせいろの2色そば。

美味しい蕎麦でボリュームたっぷり。

 

 

温かいなめこ蕎麦。

ふらりと入ったお蕎麦やさんでしたが、美味しくて大当たりでした。

 

厄も払って、今年一年無事に過ごせそうです。

Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM