京都小旅行

 

京都旅行

 

GW直前に急きょ京都での仕事が入り、せっかくなので

休日を利用し市内を観光することにしました。

 

京都旅行

 

東京駅発早朝6時過ぎ。新幹線の指定席は、ほぼ満席です。

駅弁を食べながら一路京都へ。

 

京都旅行

 

京都駅到着。

外国人観光客で賑わっています。

 

京都旅行

 

京都バス営業所で京都1日観光乗車券(1,200円)を購入。

市バス、市営地下鉄が1日乗り降り自由となります。

 

京都旅行

 

まず目指すは、こちらの世界遺産。

 

京都旅行

 

京都といえば金閣寺。訪れるのは中学生だった時以来です。

朝日に照らされ見事に輝いています。とても綺麗。

 

京都旅行

 

金閣寺裏側。見事な金色を間近で見れます。

 

京都旅行

 

金の次は銀。

 

京都旅行

 

銀閣寺にやってきました。

落ち着いた雰囲気で穏やかな気持ちになります。

 

京都旅行

 

手入れされた庭の砂。銀色に輝いています。

 

京都旅行

 

絵になります。美しいです。

 

京都旅行

 

歩いて高台に登ると、境内を見渡すことができます。

このままゆっくりとしていたいのですが、移動します。

 

京都旅行

 

立派な鳥居です。

 

京都旅行

 

平安神宮に到着。

 

京都旅行

 

見事な快晴。雲一つありません。日影が恋しくなります。

 

京都旅行

 

身を清め参拝します。

 

京都旅行

 

御朱印を頂きました。

 

京都旅行

 

続いて、八坂神社に到着。

 

京都旅行

 

神社の入口には屋台が沢山並んでいました。

商売っ気がすごく感じられます。

 

京都旅行

 

お昼を食べようと祇園をぶらぶらしますが、どこも混んでいます。

 

京都旅行

 

朝から歩きまくり、喉がからから。

歩き途中に見つけたお店で昼食を頂くことにしました。

乾いた喉には生ビールでしょう。

あては甘い蕎麦かりんとう。

 

京都旅行

 

ビールを飲み干し、天ぷら蕎麦を頂きます。

細くひらりとした独特の蕎麦。

 

京都旅行

 

清水寺に到着。人混みで溢れています。

 

京都旅行

 

見どころ「清水の舞台」境内の建物の一部は改修中でした。

 

京都旅行

 

ここでも出世のお願いを。

 

京都旅行

 

京都市内の観光は、バスが本当に便利。

さくさく移動できます。

 

京都旅行

 

伏見稲荷大社に到着。

 

京都旅行

 

本殿を拝み、稲荷山を登り一ノ峰を目指そうと歩きましたが、

時間の都合で途中で諦めました。次回、絶対にまた来ようと心に誓い下山。

 

京都旅行

 

観光案内所で貰ったMAPとスマホを駆使し、

慣れない関西の地を移動します。

 

京都旅行

 

大きな商店街を通り抜けます。

 

京都旅行

 

商店街を抜け、東側にそろたところにありました。

 

京都旅行

 

本日の最終目的地(酒)です。

京都の名水で仕込まれた地酒を味わうことができるお店。

 

京都旅行

 

利き酒セットを注文しました。

一気に17種の地酒を味わうことができます。

お酒の仕込み水、チェイサーで和らぎ水も付いてきます。

 

京都旅行

 

今日は相当歩きました。お腹もぺこぺこ。

関西と言えば串揚げ、勝手な思い込みで注文しましたが、熱々でジューシー。

とても美味しいかったです。

 

京都旅行

 

日本酒のあてはやっぱりこれでしょう。

乾きもの盛り合わせ。

 

京都旅行

 

七輪であてを炙りながら日本酒をチビチビ頂きました。

いや〜大満足。最高です。

 

京都旅行

 

まだまだ呑んでいたいのですが、タイムオーバー。

今宵お世話になる宿がある駅前に戻ります。

 

今日は朝から日が沈むまでずっと良い天気でした。

空がとても綺麗で、景色と空をずっと眺めていても楽しめます。

 

京都旅行

 

バスを降りホテルに戻る途中、ラーメン店に行列ができていました。

京都を代表するラーメン店「第一旭」を発見。

明日の仕事も気になりますが、50分程並びました。

 

京都旅行

 

めんまラーメンを注文。

スープはあっさりとしていますが、コクがあります。

つるっとした麺も美味い。

 

京都旅行

 

ようやく、今宵の宿に到着しました。

「相鉄フレッサイン京都駅八条口」先週オープンしたばかりです。

 

京都旅行

 

オープンしたてのホテルは最高です。綺麗で快適。

静かでぐっすり眠れました。

 

京都旅行

 

翌朝の朝食(ビュッフェ)。外国人観光客向けにパンが充実していました。
ここは関西、納豆はありませんでした。

 

京都旅行

 

チェックアウトを済ませ、優雅に早朝の散歩途中に「東寺」を訪れました。

大きなお寺さんです。

ゆっくりと拝観したいのですが、御朱印を頂きこれにて観光は終了。

 

京都旅行

 

今回、急きょ仕事が入りこの地を訪れましたが、京都は素晴らしい処でした。

京都市内ほんの一部を駆け足で巡り大満足。

次回はじっくりと時間を掛け、古都を巡りたいと思います。

 

at 06:36, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

わに塚の桜

山梨

 

10年振りに山梨県の韮崎市に行ってみました。

山梨の春と言えば桃の花が有名ですが、わに塚の桜も素晴らしく綺麗です。

田んぼのなかに立つ見事な大木は推定樹齢300年。

まだ7,8分咲きですが、圧倒されるくらい見事な桜です。

 

山梨

 

桜を満喫した後は、この温泉と決めていました。

「韮崎旭温泉」です。

 

山梨

 

源泉掛け流しで、エメラルドグリーン色が美しい。

鮮度の良い湯で、浸かるとあっという間に体中に気泡が付きます。

濃厚な温泉は入っても良し、湯口で飲んでもよし、素晴らしい温泉です。

 

山梨

 

素晴らしい温泉を満喫した後は地元の食事処へ。

韮崎にある「八嶋」で昼食を頂くことにしました。

平日ですが、お客さんでかなり賑わっていて着席に30分待ち。

 

山梨


席に着くと前菜がどんどん運ばれてきました。

サラダに切干大根、さつま揚げと胡麻豆腐、これだけでお腹いっぱいになりそう。

 

山梨

 

メインは鰻です。

注文した中入り丼は、ご飯の上にのった鰻を食べ進めると

ご飯の中に更に半身の鰻が入っています。

鰻はふっくらとした上品な味わい。脂ものっています。

美味しかった。

 

久々の韮崎。

日帰りでしたが、わに塚の桜も見ることができ充実の旅となりました。

 

at 13:11, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2017

 

両国国技館でギターの弾き語りが聴けるイベント、

「ギタージャンボリー」に行って来ました。

 

 

2年ごとに行われていて今回で3回目。

初めて訪れた前回がとっても良かったので、楽しみにしてました。

 

 

会場前の国技館。結構な行列です。

 

 

列を進んで行くと置いてあった「遠藤関のお姫様抱っこパネル」

いくつも並んでいてちょっとシュール。

 

 

ステージは土俵もどきです。

 

 

今回も升席。1階の一番前だったので見やすそう。

 

 

つまみとビールを仕入れに売店へ。

プレミアムモルツがリニューアルするそうで、発売2日前の

生ビールが売ってました。これは飲まなくちゃ。

 

 

国技館名物やき鳥をつまみに乾杯。

 

 

飲んでツマミながら音楽が楽しめるのが、このイベントの醍醐味。

 

 

アーティストは出演順に

■竹原ピストル

■石崎ひゅーい&マキタスポーツ

■山内総一郎(フジファブリック)

■miwa

■トータス松本

■ハナレグミ

■浅井健一

■斎藤和義

 

 

知ってる唄も、知らない唄にも聞き惚れて

ギターの音色とお酒に酔いしれました。

 

 

最後は出演者全員で、先日亡くなったかまやつひろしさんの「我が良き友よ」。

いや〜楽しかった。ギターの音っていいなぁ。

また2年後に観に来たいです。

 

at 12:17, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

成田山新勝寺で厄払い

 

今年は本厄なので、成田山新勝寺に厄払いに行ってきました。

 

 

いつ来ても混んでいる表参道。

 

 

厄払いは釈迦堂で行われます。

 

 

右に見える小屋で申し込み書に記入し、左の階段上にある受付で申し込みます。

初穂料は7千円か1万二千円。これ、金額で何か違いがあるのでしょうか?

取り合えず7千円を納めて釈迦堂の中へ。

 

 

根こそぎ厄を払って頂きましょう。

 

 

お不動さま、よろしくお願いします。

 

 

受付で頂いた紙袋。中はお神酒とお供物。

そして最後に頂くお札を入れる袋です。

 

お祓いは全部で20分程。途中、全員の名前が読み上げられました。

最後にお坊さんから名前が書かれた札を頂いて終了。

実は初めて厄払いをしてもらったのですが、結構流れ作業な感じでした。

 

 

ついでと言っては何ですが、出世の方もお願いします。

 

 

お稲荷様、何卒よろしくお願いします。

 

 

厄払いも出世祈願も済ませて、帰る前にお腹を満たしましょう。

蕎麦の「一福」さんへ。

 

 

喉も潤いましょう。

 

 

お通しのホタルいかが美味。

 

 

群馬県産の舞茸天ぷら。いい香り。

 

 

出汁巻玉子。二人分に分けて出してくれました。

 

 

お酒は地元のお酒「長命泉」

 

 

田舎蕎麦とせいろの2色そば。

美味しい蕎麦でボリュームたっぷり。

 

 

温かいなめこ蕎麦。

ふらりと入ったお蕎麦やさんでしたが、美味しくて大当たりでした。

 

厄も払って、今年一年無事に過ごせそうです。

at 12:24, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行ァ.鼻璽潺ぅ鶲粟遏前粟鄂べ歩き〜帰路

旭川駅周辺

 

旭川駅近くに来ました。とっても都会でびっくり。

 

 

今夜の宿はビジホのドーミイン旭川。

 

 

ダブルベッドで朝食付き2名9,190円。

狭いながら綺麗で清潔。必要なものは揃っていてこのお値段は文句なしです。

 

旭川駅周辺

 

夕飯を食べに街へ繰り出しましょう。

道脇には凄い高さで雪が積まれていました。

 

旭川駅周辺

 

旭川と言ったら旭川ラーメン。「蜂屋創業店」です。

 

旭川駅周辺

 

食堂のような店内。

 

旭川駅周辺

 

壁には有名人のサインがズラリ。

 

旭川駅周辺

 

蛭子さんのサインが面白かった。

 

旭川駅周辺

 

来ましたラーメン。焦がし醤油のインパクトのある味です。

昔、横浜のラーメン博物館に出店していたときに食べた懐かしい味です。

 

旭川駅周辺

 

さて、次は旭川の居酒屋さんに行きましょう。

 

旭川駅周辺

 

ふらり入った「魚問屋」。

名前の通り、魚問屋さんが経営する居酒屋さんのようです。

 

旭川駅周辺

 

駆けつけの日本酒。北海道の地酒、男山の「もっきり」

 

旭川駅周辺

 

お通しの「あらと根菜の味噌汁」

汁物のお通しって珍しいですね。

 

旭川駅周辺

 

豪華な「白身の刺身盛り合わせ」

 

旭川駅周辺

 

北海道産生牡蠣。産地が色々選べました。

 

旭川駅周辺

 

「焼ホタテ」ちょっと味付けが濃かったです。

 

旭川駅周辺

 

居酒屋を後にしたものの、ちょっと小腹に空きがあるような。

美味しそうな焼き鳥やさんでテイクアウト。ホテルでつまみにしましょう。

 

旭川駅周辺

 

ドーミインの良いところは大浴場があるところ。しかも温泉です。

 

旭川駅周辺

 

そして夜は「夜泣き蕎麦」のサービスが。

程よい量で美味しく頂きました。

 

旭川駅周辺

 

旭川最後の朝。いい天気です。

 

旭川駅周辺

 

朝ごはんはブッフェ。

これが種類豊富でしかも美味しい。ドーミインはコスパが高いです。

 

旭川駅周辺

 

帰る前に道の駅でお土産を。

 

旭川駅周辺

 

自分用にも色々買いました。

 

旭川駅周辺

 

まだ飛行機まで時間があるので、旭川家具センターへ。

旭川の家具メーカー32社の製品が見られるショールーム。

 

旭川駅周辺

 

この椅子が可愛くて、この座り心地も良い感じ。

 

旭川駅周辺

 

フォルムが気に入ったソファー。サイズなどを家具センターの人が

メモってくれたので、帰ってからじっくり検討します。

 

旭川駅周辺

 

そして旭川の締めメシは「らーめん青葉」

 

旭川駅周辺

 

シンプルな醤油ラーメンです。美味しい。

そろそろ時間なので空港へ向かいましょう。

 

ビール

 

空港で機内用のビールを調達。

 

旭川駅周辺

 

初めて行った冬の旭川。ザワザワ村は居心地よかったし温泉も良かったし。

ぜひまた訪れたい地になりました。

at 07:37, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行ぁvalore(バローレ)〜旭山動物園

valore

 

素晴らしい温泉を満喫し、お腹が空いたのでお昼にしましょう。

朝よりも気温がぐっと下がり雪が降り始めました。

 

valore

 

スマホで近くの美味しいお店を調べて見つけたのがこちら。

イタリアンレストラン「valore(バローレ)」

 

valore

 

とても人気のお店らしく、駐車場はいっぱい。

 

valore

 

一軒家レストランです。

 

valore

 

シンプルな看板。

ドアに張り紙があり「予約客優先の為、待ち時間を頂く場合があります」と。

 

valore

 

取り合えず入ってみることに。

店員さんが「お料理が出てくるまでお待ち頂くかも」とのことですが

入れるならば全然待ちます。

 

valore

 

窓に向かって並ぶカウンター席。

窓の外は雪景色。これは結構特等席じゃないですか。

 

valore

 

メニューです。予約なしの場合2,100円のパスタコースのみです。

 

valore

 

まずは「マッシュルームのスープ」

これが美味しくてびっくり。ふわっとしていて口にいれると

飲む前に溶けていき、茸の旨味だけが残ります。

 

valore

 

美味しい料理には白ワイン。

 

valore

 

申し訳ないですが運転者にはお茶を。

熊本県産の3年熟成烏龍茶。

 

valore

 

アミューズは四種。

時鮭スモークサーモンにミートパテと人参のムース、そしてクロケット。

いやいやどれも美味です。

 

valore

 

自家製のイチジクとクルミのパン。

イチジクがほんのり甘いです。

 

valore

 

パスタは選べます。

こちらは白身魚のペペノチーノ。

 

valore

 

そして、イカとトマトとキャベツのペペロンチーノ。

 

valore

 

締めのデザート。洋梨のシャーベットが特に美味でした。

 

valore

 

食後のカプチーノ。

 

valore

 

そして紅茶。

 

valore

 

飾ってあった絵画。

ちょうどこの席から見た眺めでした。

 

valore

 

ご馳走さまでした。大満足です。

 

旭山動物園

 

お次は、旭山動物園を目指します。

食べている間に雪が激しくなっていました。

 

旭山動物園

 

駐車係りの人によると西門入口が便利だそう。

 

旭山動物園

 

冬期は15時30分までの営業で、着いたのが14時過ぎ。

 

旭山動物園

 

入るとペンギンの散歩を見るための行列が出来ていました。

しばらく待つとやってきました。

 

 

手(翼?)でバランスを取るような拙い歩きが幼児のようでもあり

集団で見ていると電車から降りてくるサラリーマンのようでもあります。

 

旭山動物園

 

この縦型のトンネル水槽は旭山動物園の名物ですね。

 

旭山動物園

 

北極熊の毛は透明なんだそうで、毛に着く雪や氷で白く見えるのだとか。

と、こんな豆知識が園内のあちこちに書いてありました。

 

旭山動物園

 

近くで見ると流石の迫力のタイガーマスク。

 

旭山動物園

 

そして狼。写真で見ると犬と変わりませんが

実際見ると威厳にあふれてました。

 

旭山動物園

 

ほとんど動いていなかったトナカイ。

雪の季節はもっと活発なのかと思ってました。

 

旭山動物園

 

北海道といえば北きつね。

 

旭山動物園

 

そして真っ白なフクロウ。笑顔(?)が素敵。

 

旭山動物園

 

そしてミミズク。

この辺りで閉演時間を知らせる蛍の光るが流れてきて時間切れ。

その途端、狼舎から「ウォーーン!!」と一斉に遠吠えが聞こえてびっくり。

蛍の光に反応しているのか、身震いすような迫力のある遠吠えでした。

 

 

最後、門へと帰る前に見えたカバ。

遠くからでしたが驚きの大きさでした。

自宅であるカバ舎とのバランスがおかしく見える程。

 

旭山動物園

 

寒さはキビシイけれど、夏よりは観光客が少なくゆっくり見られる冬の動物園。

色んな動物の表情が見られて楽しかったです。

 

これから旭川駅の方に移動して、夜は旭川の居酒屋を楽しみます。

at 15:27, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行◆.好廛Ε鹵のザワザワ村

 

今夜の宿は美瑛にある「スプウン谷のザワザワ村」です。

スプウン谷と名付けられた通り、窪んだ地形に建っていて道路からは全く見えません。

 

 

看板を越えて進むと見えてきました。

 

 

可愛らしいコテージの客室が5棟建っています。

 

 

ここがレセプション棟。

はちみつ色の壁に赤いドア。絵本の中の家みたい。

 

 

早速チェックイン。

 

 

部屋に行く前に、奥の馬小屋にいる流星くん(名前が書かれていました)

にご挨拶。

 

 

お世話になります。よろしくね。

 

 

ここが今晩泊まるコテージです。

 

 

こちらもはちみつ色の壁。サンルームが付いてます。

 

 

コテージを眺めていたら、すっかり冷え切ったので

中で暖まりましょう。

 

 

暖か〜〜い。素朴で落ち着く室内。

 

 

サンルームにはハンモックがありました。

 

 

冷蔵庫と洗面台。

 

 

自家焙煎のコーヒー。

ミルで挽いていれてみたらとってもいい香りで美味しかったです。

 

 

バスルームとトイレ。

 

 

ベットは2階にあります。

 

 

窓からの眺めは日本にいるとは思えない景色。

 

 

建物の前のテラスには椅子とテーブルが。

夏はここでビールを飲んだら気持ちよさそう。

 

 

でも、冬には冬の楽しみがあるんです。天然の冷蔵庫。

 

 

夜も更けてきて、そろそろ夕飯の時間。

ザワザワ村はB&B形式で夕飯は付きません。

(2名で宿泊の場合、宿泊料は1名17,500円)

1名3,800円の追加料金で夕飯が頂けます。

今回は雪で移動も大変だと思ったので夕飯もお願いしました。

 

 

夕飯は部屋食です。まずはオードブル盛り合わせ。

どれも美味しいですが、特に野菜が美味。

 

 

じゃがいものニョッキ。独特の食感がいいですね。

 

 

お酒は道中仕入れた鍋島で。

 

 

野菜がごろごろ入った、美瑛もち豚のポトフ。

料理は温かいうちに食べられるよう、何度かに分けて届けてくれます。

 

 

デザートまで美味しく頂きました。

部屋でゆっくり料理を楽しめて夕飯追加は大正解でした。

 

明日も楽しみ。おやすみなさい。

 

 

起きたら綺麗な日の出が。

 

 

サンルームも輝いています。

 

 

朝ごはんはバスケットで届けてくれます。

サラダとフレンチトーストに牛乳。

 

 

そして保温容器に入ったスープ。どれも美味しい。

 

 

今日も寒いけれどいい天気。

 

 

そろそろチェックアウトなので流星くんにお別れを。

お世話になりました。元気でね。

 

 

1泊だけとは思えないほど、ゆっくり滞在できました。

雪景色も素晴らしかった。次回は違う季節にもぜひ来てみたいです。

at 15:45, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

茨城大洗 ちゅう心で美味しい海鮮を堪能

 

美味しい海産物を食べに、大洗を日帰り旅行してきました。

 

 

まずは明太パーク。かねふくのお店です。

太っ腹に大きく切り分けられたこの明太子は、なんと試食用。

 

 

ここでしか買えない造りたて生明太子。

ご飯にもおつまみにも最高に美味。

 

 

軽食が食べられるコーナーもあって、明太子おにぎりを。

明太子はもちろん、ご飯も美味しい。

 

 

通りかかった造り酒屋「月の井」さん。

 

 

試飲をさせてもらって、美味しい日本酒を自分達のお土産に。

 

 

新酒鑑評会で金賞を取っているんですね。

 

 

そろそろ今回の目的、「ちゅう心」へ。

お魚屋さんが営む海鮮のお店で、道路に面したところはお魚屋さん。

 

 

お店はその脇の小道を入ったところにあります。

人気のお店だそうなので、予め電話で予約しておきました。

 

 

1階はカウンター席のようです。私たちは2階へ。

 

 

堀座卓の個室です。

別々のコース料理を注文して、まずはビールで乾杯。

 

 

ビールと共に出された蒸し雲丹。

 

 

前菜も雲丹入り。美味しいです。

 

 

こちらの前菜も雲丹入り。

この雲丹がまた甘みたっぷりで美味しい雲丹でした。

 

 

日本酒飲み比べ。

 

 

お造り。

 

 

別のコースのお造り。

地タコは味が濃く美味。

 

 

そして常陸牛。

 

 

石焼きで頂きます。

 

 

じゅうじゅういい音と、お肉のいい香り。

 

 

魚料理も出てきました。

 

 

揚げたてキスの天ぷら。

 

 

河豚の天ぷら。

別々のコースなので、天ぷらも食材が違います。

 

 

こちらはお寿司入りコースの握り。

さすが魚屋さん、鮮度が良くて美味しい。

 

 

大洗の海鮮をたっぷり堪能。ご馳走様。

写真は帰りに覗いたお魚屋さんのショーケース。

マグロの目玉が「目玉おやじ」として売られていました。

 

 

お土産を買って帰ろうと、近くの特産品のお店へ。

 

 

さすが茨城。充実した納豆コーナーがありました。

 

日帰り旅行でしたが、個室でゆっくり食事が出来たおかげか

のんびり泊まってきたかのような充実感。

「ちゅう心」はとても美味しかったので、違う季節にまた訪れたいと思います。

at 10:05, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

茨城の旅 -前編-


五浦

3連休を利用して茨城を旅してきました。
天気は快晴。

めんたいパーク

まずは大洗にある、かねふくが運営する「めんたいパーク」へ。
上から見下ろす巨大明太子がシュールです。

めんたいパーク

中に入ってすぐにあるのが試食コーナー。
出来たての明太子が試食とは思えない大きさで山盛りに。
かねふくさん太っ腹です。
この試食、時間帯によっては行列ができるそう。

めんたいパーク

工場見学も出来ます。
100名以上の従業員の方の手により、粛々とめんたいこが造られていました。

大洗

冬の海を見に、磯前海岸へ。
岩の上には神社の鳥居が。この写真では歩いて鳥居まで行けそうですが
実際は岩と岩の間が大きく、手前から眺めるのみです。
朝日や夕日のときはさぞ神々しかろう。

山水

お昼は鳥居のすぐ近くにある「磯料理 山水」で頂きましょう。
この時期が旬のあんこうを求めてかお客さんでいっぱい。
海岸をぷらぷら散歩したりしつつ、40分程待ちました。

山水

窓から鳥居を眺めつつ乾杯。

山水

大きなハマグリの酒蒸し。
身がぷりっぷりっで美味しい!

山水

シラス丼と刺身、エビフライ。
ボリュームが凄いです。しらす丼が絶品でした。

山水

刺身定食。海辺で頂く海鮮は最高。
器も盛り付けも綺麗でした。ご馳走さま。

磯前神社

腹ごなし、と言ってはバチが当たりそうですが
すぐ近くにある磯前神社へお参りに。
先程の海岸に建つ鳥居はこちらの神社の鳥居です。

磯前神社

何段あるのか、満腹の体にはキツイ階段を昇り切って振り返ったら
疲れも飛ぶこの景色。鳥居越しに海が見えるってなかなか無いかも。

磯前神社

茅の輪潜りをしてお参り。
今年も健康で美味しいお酒とつまみが楽しめますように。
おみくじを引いたら、やったぜ大吉!願いが叶うかも。

黒澤醤油

そういえば以前テレビで茨城にあるこだわりのお醤油屋さんを見たな〜と
思い出し、ひたちなか市にある「黒沢醤油店」へ。

黒澤醤油

趣があります。

黒澤醤油

こちらのお醤油は茨城県産木桶で一年間以上熟成させているそう。
小さな店舗には、こだわりのお醤油が並びます。
自宅用とお土産も購入。帰ったら、このお醤油でお刺身を頂こう。

黒澤醤油

店内では醤油ソフトクリームも食べられます。
ほんのり醤油の香ばしさと、トッピングの甘酒のとろみが美味しい。

お腹も大満足、買い物も大満足で、次は温泉で大満足といきましょう。

at 11:30, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

山梨買出しの旅

富士山
 
年末年始の美味しいお酒と馬刺しを求めて久し振りに山梨を訪れました。
まずは河口湖を目指します。

えにし

自宅を出発して1時間40分で到着。
思っていたよりも早く到着したので、吉田のうどんを食べることにしました。
たまたま通りかかった「えにし」で頂くことに。

うどん

肉ちく天うどん(牛肉)600円を注文。
ボリューム満点、硬めのうどんを頂くと吉田に来たんだな〜と実感します。

富士山

宿に着いてテラスから富士山を眺めます。
景色も空気も極上です。

栄屋

朝食は吉田のうどんに決めていました。
早朝から営業する「栄屋」にしました。駐車場は1台しか無いようです。

栄屋

吉田では早朝から営業しているお店があまりないので
辺鄙な場所にありながらも、次から次へとお客さんが訪れます。

栄屋

店内は田舎のおばあちゃん家に来たようなレトロ感。

栄屋

「肉玉ちからうどん」450円を注文しました。
うどんはかなり硬く塩気も強いです。汁が若干ぬるいのが残念。

道の駅富士吉田

「道の駅 富士吉田」に到着。
ここは富士の名水が汲める道の駅です。



地ビールを購入し、バナジウム水を汲みます。

河口湖

河口湖から眺める富士山は最高。
天気も良く癒されます。

深雪温泉旅館

今回買出しが目的でしたが、山梨といえば温泉。
深雪温泉旅館」(立ち寄り湯 1,000円)
以前訪れた時は極上の湯だったので、久し振りに行ってみました。

深雪温泉旅館

8年ほど前に訪れた際は、電話で予約しないと立ち寄り湯が出来なかったのですが
現在はぶらりと立ち寄ることも大丈夫なようです。

深雪温泉旅館

以前の記憶は間違いなく、素晴らしい温泉でした。
異なる2種の温泉ブレンドされたお湯はとろりと柔らかく
いつまでも浸かっていたい極上の湯です。

深雪温泉旅館

この温泉は飲泉も出来ます。
浸かって飲んで、体の芯から温まります。

深雪温泉旅館

驚く事にシャワーの湯も温泉。
相変わらず素晴らしい湯でした。

深雪温泉旅館

宿の玄関前で温泉が飲泉出来ます。
折角なので、容器20L(700円)を購入しお土産にしました。

若鮨

お昼は、甲府駅前の「若鮨」で海鮮丼(1,500円)を注文。
相変わらずコストパフォーマンスが高く美味いお寿司屋さんです。

紅椿の湯

旅の締めは、初めて訪れる「紅椿の湯」に立ち寄りました(700円)。
2013年に出来た新しい日帰り温泉。

紅椿の湯

源泉かけ流しの温泉を堪能できます。

紅椿の湯

湯口からの湯量は少な目ですが、じわじわと体の芯から温まる温泉です。

紅椿の湯

露天にある立派な石造りの浴槽は、残念ながらぬる湯でした。

紅椿の湯

露天風呂からは富士山を眺めることができます。
お風呂を出てからからも体がぽかぽか温かく、なかなか良い温泉でした。

ワイン

今回のの買出しで購入したお酒です。
ワインを中心に日本酒と焼酎にビールを購入しました。

馬刺し

富士吉田で購入した極上馬刺し。
柔らかくて噛むまでもなく、口のなかで溶けていきます。

年の瀬に急遽決めた買出しの旅でしたが、お風呂も買い物も大満足。
良い年が迎えられそうです。
 

at 00:50, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark