2017.12.02 Saturday

福島旅行 その5 〜東山温泉 千代滝〜

 

東山温泉の旅館「新滝」に宿泊したら、姉妹館の「千代滝」の

お風呂にも入れるということなので行ってみました。

 

新滝から徒歩3分程。”湯めぐり路”と書かれた入口から階段を

昇って行きます。建物へはルームキーで入れる仕組み。

 

 

まずは今年7月にオープンした「ふもと湯」。

半露天風呂ですが、この時期は窓を閉め切った内湯になっていました。

お湯は新滝と同じ硫酸塩泉で源泉掛け流し。

さらっとしていて良く温まります。

 

 

大浴場は建物の上階にありました。

 

 

露天風呂もあります。

 

 

山の間に会津若松の市街が望めます。

 

 

新滝と比べると、普通の温泉旅館のお風呂の造りですが

お湯はやはり良いお湯です。

 

会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝

福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43

 

温泉の一覧はこちら

 

 

2017.12.01 Friday

福島旅行 その4 〜東山温泉 新滝〜

 

会津東山温泉にある旅館「新滝」に宿泊しました。

2名1室、朝夕食付で1名12,800円。

 

 

ロビーでウエルカムドリンクを頂きます。

日本酒かお茶か選べますがもちろん日本酒。

会津の美味しいお酒でした。

 

 

部屋は広い和室と。

 

 

和室にベットが置かれた寝室の二間。

 

 

洗面所と奥にトイレがあります。

建物は古いですがリフォームされているようで綺麗です。

 

お風呂は4箇所あり、全て源泉掛け流し。

泉質は硫酸塩泉で、さらりとした肌当たりの温まるいい湯です。

 

 

▲わたり湯▲ 

檜の浴槽の内湯です。湯治湯のような落ち着く雰囲気。

いつまでも入っていたくなります。

 

 

 

 

▲猿の湯▲

新選組の土方歳三が戦の傷を癒したと伝えられる湯です。

石造りの内湯と岩造りの露天があります。

 

 

 

 

▲千年の湯 露天風呂・大理石風呂▲

階段を下がった地下にあるのお風呂です。

湯舟の底から源泉が湧出する大理石風呂と、露天の岩風呂があります。

大理石の柔らかい色合いの浴室に底から湧く源泉。

露天も渓流の流れる音が聞こえて心地良いです。

 

 

 

 

▲千年の湯 岩風呂▲

先程の千年の湯の向かい側にある浴室です。

貸し切り風呂で利用しました。(50分:1,000円)

自噴岩盤を活かして造られた湯舟は新鮮な源泉が楽しめます。

丁度いい温度の柔らかい湯で、雰囲気も良く気持く満喫しました。

 

 

 

館内には落ち着くライブラリーラウンジがありました。

 

 

セルフで珈琲や紅茶の他、会津の焼酎も頂けます。

お風呂上がりの乾いた喉を焼酎で潤しました。

 

 

夕食は食事処で頂きます。

 

 

美味しそう。

 

 

食事のお供はもちろん会津のお酒で。

 

 

お肉は陶板焼きで。

 

 

会津の郷土料理「こづゆ」。

初めて頂きましたが、貝柱の出汁に色んな食材が入っていて美味しいです。

 

 

お酒も進みます。来日した米国のトランプさんに贈った「ゆり」。

トランプさんはお酒を飲まれないそうですが、このお酒はどうしたんでしょう。

 

 

締めのご飯は会津産コシヒカリ。

 

 

デザートまで全て美味でした。大満足。

 

 

部屋でゆっくり1杯頂いてから、おやすみなさい。

楽しい一日でした。

 

 

朝食は和食ビュッフェ。

地産地消に拘ったおかずが30種類以上並びます。

 

 

ご飯はコシヒカリの白米・玄米・おかゆが揃えられている拘りっぷり。

 

 

ついつい取り過ぎてしまいますが、全部美味しく頂きました。

この宿泊料金でここまでの食事と、広い部屋、4箇所の温泉が楽しめるなんて。

宿の方もとても感じが良くて、是非また訪れたいです。

 

宿泊者には近くにある系列旅館「千代滝」のお風呂にも入ることが出来るので、

腹ごなしに散歩しながら行ってみたいと思います。

 

 

会津東山温泉 くつろぎ宿 新滝

福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43

 

温泉の一覧はこちら

2017.12.01 Friday

福島旅行 その2 〜日中温泉 ゆもとや〜

 

日中温泉にある旅館に立ち寄り湯しました。(800円)

男女共に内湯と露天があり、泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物・炭酸水素塩泉。

 

 

「日本秘湯を守る会」の会員宿です。

11時のオープン時間に訪れたら、他にお客さんは無く貸し切り状態でした。

 

 

こちらは内湯。写真は男湯ですが、女湯も同じ造りです。

内湯はろ過・循環がされているので、スルーして露天へ。

 

 

寒いー!!浴槽の周りは雪が積もっています。

目の前に見えるのは日中ダムで、この旅館はダムの麓のすぐ横に建っています。

 

 

大きな丸い木造りの湯舟。こちらは源泉掛け流しです。

寒いので急いで入りましたが、源泉温度は42℃。

大きな浴槽なので中はもっと温く、この時期はちょっと厳しいです。

ただお湯自体はとてもいい湯で、夏場だったらいつまでも浸かっていられそう。

 

 

こちらは女湯。

同じ湯舟ですが何故か女湯は四方を網で囲われていました。

夏場の虫対策でしょうか。

 

露天にはもうひとつ湯舟があって、この日は湯が張られていませんでしたが

そこは源泉を加温した湯舟なのだそう。

ぜひそちらと交互で入りたかったです。

 

 

日中温泉 ひめさゆりの宿 ゆもとや

〒966-0101 福島県喜多方市熱塩加納町熱塩字大畑2

 

温泉の一覧はこちら

 

 

2010.04.30 Friday

飯坂温泉 大門の湯

外観

飯坂温泉にある共同湯です。(200円)
源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

見晴らしの良い高台にある共同湯です。

見晴らし

建物の前には桜の木があって、満開の頃は素敵だろうと思います。

男女とも内湯のみ。

浴室
▲男湯(女湯も同じ造りです)

ここは浴室も脱衣所も広々しています。
窓からは、桜の木にわずかに残った花びらが風に吹かれて
ひらひら舞い込んできたり。風情があります。
のんびり熱い湯を楽しみました。


【 飯坂温泉 外湯巡り 目次
【 温泉の一覧はこちら

2010.04.30 Friday

飯坂温泉 切湯

看板

飯坂温泉にある共同湯です。(200円)
源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

ちょっと変わった場所にある共同湯です。
上の写真の看板にある建物の横が、狭い通路になっています。

受付

右側の券売機でチケットを購入。
小窓から管理人さんにチケットを渡して、階段を降りていきます。

階段

さらに下へ下へ。

入口

地下室のようなところに入口がありました。

男女とも内湯のみ。

浴室
▲男湯(女湯も同じ造りです)

「浴室の真ん中に丸い浴槽」という造りの多い飯坂温泉の共同湯の中で
ここは珍しく、壁際に小さな四角い浴槽です。
お湯はもちろん熱い飯坂の湯。
ここの湯は切り傷に効くそうです。

地下室のような入口ですが、浴室内は窓が大きくて明るいです。
窓からは川面が見えました。

窓からの眺め


【 飯坂温泉 外湯巡り 目次
【 温泉の一覧はこちら

2010.04.30 Friday

飯坂温泉 仙気の湯

外観

飯坂温泉にある共同湯です。(200円)
源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

男女とも内湯のみ。

浴室
▲男湯(女湯も同じ造りです)

なかなか大きなタイル貼りの浴槽です。
この日は定休日の翌日の朝だったため、一番熱い湯だとか。
確かに痺れるほど熱く、熱さ以外に湯の特徴が分からないほど。
でも、これぞ飯坂温泉共同湯なのかもしれません。


【 飯坂温泉 外湯巡り 目次
【 温泉の一覧はこちら

2010.04.29 Thursday

飯坂温泉 導専の湯

外観

飯坂温泉にある共同湯です。(200円)
源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

男女とも内湯のみ。

浴室
▲男湯(女湯も同じ造りです)

湯はかなり熱く、手足がピリピリ痺れるほどです。
窓から差込む夕日に照らされ、湯が輝いていました。
そのせいか、ほんの少し白濁しているようにも見えました。


【 飯坂温泉 外湯巡り 目次
【 温泉の一覧はこちら

2010.04.29 Thursday

飯坂温泉 新松葉

飯坂温泉で宿泊した旅館です。
源泉掛け流しで、泉質は単純温泉。

男女別の内湯と貸切の内湯・露天風呂があります。

男湯
▲男湯

女湯
▲女湯

貸しきり湯
▲貸切内湯

女湯と貸切内湯は、大正時代のものだという大理石が壁や床・浴槽にまで使われています。
貸切内湯は空いていれば鍵を掛けていつでも入れます。
深めの湯船は2人でいっぱいになる小さなもの。
湯は飯坂温泉特有の熱い湯です。浸かるとザバザバと掛け流れて贅沢な気分。

露天風呂は2つあり、こちらも貸切出来ます。

貸切露天

3・4人でいっぱいの石造りの浴槽。
宿の方に「手摺が危ないので気をつけて下さい」と言われましたが、確かに
石の上に乗っけただけのような心もとない感じです。

露天からは滝が見えます。

滝

眺めはまあまあ。・・・ですが、朝一で入ったこの日の露天は温かった。
温いというより冷たい。寒いです。
前に入った方か、宿の方が水を投入し過ぎたようです。
まさか飯坂温泉で”ぬる湯”に入ることになるとは思いませんでした。


部屋の方はこんな感じです。

部屋

ごく普通の和室です。

夕飯は別の部屋で頂きました。

夕飯地鶏料理

こちらも極フツー。
「福島会津地鳥プラン 源泉 部屋出し ワインつきプラン (1泊2食 1名9800円)」だったのですが、
左の写真の真ん中あたりに見えるのがそのワインです。
普通に食前酒として出てくる量と変わらない気が・・・。
地鶏料理は柔らかいお肉で味付けも美味しく良かったです。
お酒は持ち込み自由だそうで、昼間酒屋さんで仕入れた日本酒を呑みながら頂きました。

朝食

こちらは朝食。
飯坂温泉のラジウム玉子が付いていました。


福島市飯坂町湯野字切湯の上2
024-542-2134
新松葉HP

【 温泉の一覧はこちら

2010.04.29 Thursday

飯坂温泉 十綱湯

外観

飯坂温泉にある共同湯です。(200円)
源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

静かな住宅街の中にあり、暖簾がなかったら共同湯とは
分からないような建物です。
男女とも内湯のみ。

浴室
▲男湯(女湯も同じ造りです)

タイル貼りの浴槽は広めで、10人は入れそうな大きさ。
あまり加水がされていなかったようで、とにかく熱いです。
その分、鮮度は抜群。・・・でも熱いっ
ちょっと浸かっては出て休むを繰り返して、あっという間に
体中真っ赤になりました。


【 飯坂温泉 外湯巡り 目次
【 温泉の一覧はこちら

2010.04.29 Thursday

飯坂温泉 天王寺穴原湯

外観

飯坂温泉にある共同湯です。(200円)
源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

温泉街の中心部から少し離れたところにあります。
男女とも内湯のみ。

男湯
▲男湯

女湯
▲女湯

ライオンの湯口がレトロで可愛いです。
タイル貼りの浴槽はかなり深く、体がすっぽり包まれます。
薄茶色の湯花が沢山見られ、飯坂温泉の他の共同湯とは
泉質が違うような印象です。

また、こちらには共同湯の中で唯一カランがあり、
小さいながら休憩所もありました。


【 飯坂温泉 外湯巡り 目次
【 温泉の一覧はこちら

Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM