韮崎旭温泉

韮崎旭温泉

温泉好きにはとても有名な、山梨の名湯「韮崎旭温泉」に行って来ました。
訪問は、2年振りです。温泉の近くは、田んぼでのどかな風景。
こんな場所に、極上の温泉が湧き出しています。

掛け湯

ほんのりとした硫黄臭。
飲泉もでき飲んでみると、ややしょっぱさを感じます。

浴槽

内湯のみの浴槽は、お湯がエメラルドグリーンの様に輝いて見えます。
地下1,200メートルから湧き出す温泉は、新鮮で体の表面に泡がまとわり付き、
最初温いと感じていたら、汗がとまらなくなり息苦しい程。

湯口

お湯の出口は、相変わらず人気の場所で中々確保出来ません。
温泉を飲みながら、新鮮な温泉に入ることができ、体の芯から温まります。

帰りに、近くの果物直売所で桃ともろこしを購入。

桃ゴールドラッシュ

桃は、1個50円。もろこしは、1本80円也。どちらもめちゃくちゃ甘く、美味すぎです。
山梨は、とてもよいところです。

at 15:15, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

玉穂温泉 中巨摩地域広域事務組合 老人福祉センター

外観

中央市にある日帰り温泉です。(500円。60歳以上300円)
源泉掛け流しで、泉質は単純温泉(緩和性・低張性・温泉)。

いかにも『公民館』といった趣の建物です。
入口に近づくと、中からカラオケで熱唱する声が響いて聞こえます。
中の大広間では、大勢のお年寄りが寛ぎ、カラオケを楽しんでいるようです。
本当に老人のための施設で、部外者には少し入り辛い雰囲気です。

男女共、内湯と露天があります。
源泉は34℃で、内湯は加温されています。
隣接するゴミ処理施設の熱を利用して、加温しているそうです。

内湯
▲内湯(男湯)

10人ほどが入れる浴槽は一部がジャグジーになっています。
湯は茶色透明で、モール臭を感じます。

露天はびっくりする程広く、まるで池のよう。

露天
▲露天(男湯)

露天は源泉そのままで温いですが、この時期の長湯にはぴったり。
入ってすぐ、体中にアワがびっしり付いて驚きました。
手でぬぐってもすぐにアワアワに包まれます。
湯口近くはもちろん、湯口から遠い場所にいても同様でした。
このアワ付きの凄さは、韮崎市の「韮崎旭温泉」以上だと思います。

湯口

自分以外はお年寄りばかりで、入り難く思いましたが
入ってみると全然気になりません。
地元のお年寄りに話しかけられて、こちらのお湯に入りたくて訪れたと
話したら凄く喜んでくれました。
殆どが地元の常連さんで、皆さん自宅のお風呂には何年も入っていないとか。
近くにこんな施設があるなんて、何とも羨ましいです。


山梨県中央市一町畑1189 
055-274-0610


【 温泉の一覧はこちら

at 15:08, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

十谷上湯温泉 源氏の湯

外観

山梨県南巨摩郡にある旅館に、雑誌「自遊人」付録の温泉パスポートを
利用して立ち寄り湯しました。(通常1,000円)
源泉掛け流しで、泉質はカルシウム・ナトリウム−塩化物泉。

男女とも内湯と、混浴の露天風呂がありますが、
この日はあいにく男性内湯は清掃中で入れませんでした。

混浴露天風呂
▲混浴露天風呂

混浴の露天風呂へは敷地内にあるつり橋を渡って行きます。
大きな石造りの露天風呂はは加温と循環をしています。
巨大な岩の屋根の下、ほこらのような所にに源泉浴槽がありました。

露天 源泉浴槽

源泉温度は31.3度でこの時期は冷たさが身にしみます。
お湯は無色透明でほんのり硫黄臭がし、飲むと卵味の中に苦味と酸味を感じました。

「ぶんぶく風呂」と呼ばれる女性の内湯は、源泉浴槽と加温浴槽が並んでありました。

女性 源泉浴槽
▲源泉浴槽

女性 加温浴槽
▲加温浴槽

どちらの浴槽も大きな”茶釜”から源泉が注がれています。
ふたつの浴槽を交互に入っていると汗がじんわり。
源泉浴槽では赤茶色の湯の華がたくさん舞っていました。

この源氏の湯は、同じ南巨摩郡にある「奈良田温泉 白根館」の別館になります。
白根館のご主人の息子さんが、昨年からこの宿を経営されているとのこと。
若いご主人と女将さんは、温泉パスポートの使用にも快く受け付けてくださりとても感じの良い方でした。


山梨県南巨摩郡鰍沢町十谷4249
0556−27−0224


【 温泉の一覧はこちら

at 11:36, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

湯村温泉 旅館明治

外観

甲府市にある旅館に立ち寄り湯しました。(600円)
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。

湯村温泉にある、太宰治ゆかりの宿としても知られる旅館です。
男女とも内湯のみ。

▼内湯 男湯
男湯

▼内湯 女湯
女湯

男湯は窓から光が差し込みますが、女湯は光の入る窓が無く
ほの暗い中で壁がオレンジ色に光り古い浴室もなかなかの雰囲気。
無色透明無味無臭の湯は加水・加温された上、循環もされているので
肌に優しい湯ですが、お湯の特徴は殆ど感じませんでした。

湯口

以前は浴槽内の加熱のみで、源泉掛け流しだったようなのですが
いつからか循環装置がついたようで残念です。
女湯の浴室奥にある小さな源泉浴槽も、この日は湯が張られていませんでした。


山梨県甲府市湯村3-10-14
055-252-0388
旅館明治HP

【 温泉の一覧はこちら

at 13:16, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(1), pookmark

石和温泉 サンベール石和

外観

石和温泉にあるビジネスホテルに立ち寄り湯しました。(600円)
源泉掛け流しで、単純温泉(緩和性低張性温泉)。

浴室は内湯と露天が離れた場所にあり、時間制で男女交替になるようです。
この日訪れたときは内湯が男湯、露天が女湯でした。

▼内湯(男湯)
内湯

内湯はタイル貼の長方形の湯船がひとつのシンプルな造り。
少し黄色がかった透明な湯は、ほんのり硫黄臭がします。

湯口

温めのお湯はツルツル感があり、じっくり浸かっているとジワジワ温まって
体中から汗が吹き出てきました。

オーバーフロー

源泉がドバドバ賭け流されていて気持ち良いです。

▼露天(女湯)
露天

大き目の湯船の上には半分以上屋根が掛かる半露天のお風呂。
露天とはいっても塀は高い上に、何故かビニールシート(ボロボロ)で
覆われているので眺望は望めません。
が、石和駅がすぐ隣にあり、隙間から中央線のホームが見えました。
駅のアナウンスを聞きながら温泉に浸かる不思議な感覚。
温めのお湯は気持ち良いのですが、浴槽は「いつ掃除したの・・?」と
思ってしまう程、緑色の苔でぬるぬるだったのが残念です。


山梨県東八代郡石和町松本205-1
055-230-5511

【 温泉の一覧はこちら

at 12:15, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

国母温泉

外観

甲府市内にある銭湯温泉です。(380円)
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉。

浴室

温泉達人、郡司勇さんもお勧めの温泉です。
開店時間に行くと、早速常連さんが続々と訪れていました。
男湯は右奥の浴槽が源泉風呂です。
透明な黄緑色したお湯はとても軟らかく滑らか。
45℃と書かれていましたが、それ程熱くは感じませんでした。

湯口

2度目の訪問で、実は前回はあまり印象が強い湯ではなかったのですが
今回は湯の素晴らしさを実感しました。
源泉風呂の他にぬるめの2つの浴槽と、水風呂、ラドン風呂、
それにサウナまであります。

水風呂

小さいながらも充実した温泉銭湯です。


山梨県甲府市国母1-3-4
055-224-6804

【 温泉の一覧はこちら

――――――――――――――――――――――――――――――――

[ 追記 ] 2008.08.30

久し振りに訪れました。
お湯の温度が下がってしまった為、最近ボーリングし直して
新しいお湯になったそうです。

脱衣所は以前のまま。

脱衣所

浴槽も以前のまま。懐かしいです。

内湯(男湯)

サウナも健在。

サウナ

水風呂もあります。なぜか「源泉」の表示アリ。

水風呂

以前のお湯は泡付きが良かったのですが、それは無くなってしまいました。
透明茶褐色のお湯は、ホテル1-2-3F&B甲府トータス温泉に似ています。
それほど熱く感じないのに汗が吹き出てきます。

新しくなったお湯に合わせたのか、もうひとつ新しいものが。

露天(男湯)

男女とも露天風呂が出来ていました。

at 09:59, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

響が丘温泉 湯めみの丘

外観

北巨摩郡にある日帰り温泉です。(700円)
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム-塩化物泉。

男女とも内湯に露天、サウナがあります。
内湯に入ると温度の異なる浴槽がいくつかあり、ジャグジーもあります。
スーパー銭湯のような造りなのですがお湯は本物です。

▼内湯(男)
内湯 男

全ての浴槽が源泉掛け流しで、ジャグジーで出てくるお湯まで源泉だそう。
透明な湯は微かに硫黄臭と鉄臭がして、何より泡つきの良さに驚きました。

露天風呂は広々として開放感が抜群です。

▼露天(男)
露天

湯船に浸かりながら山並みを眺めをゆっくり楽しみました。
この日は内湯より露天の方が泡つきが良いようでした。

湯口

露天の壁には山梨の温泉でよく見る、大月教授の講釈が掲げられていました。

田中教授

いろんな湯で掲げられていますが内容はほぼ一緒のようです。


山梨県北巨摩郡双葉町下今井2361-11
0551-28-2500
湯めみの丘HP

【 温泉の一覧はこちら

at 13:21, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

甲府市南部市民センター

外観

甲府市にある日帰り温泉です。(350円)
泉質はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉。

市民センターに併設された温泉で、男女とも内湯と露天があります。

▼内湯(男)
内湯(男)

▼内湯(女)
内湯(女)

内湯は浴槽が2つあり、温めと熱めの温度に分かれていました。
濃い紅茶色の湯は油臭のような独特の香り。

湯口

ザバザバと注がれる湯ですが循環しているそうです。

▼露天(男)
露天(男)

▼露天(女)
露天(女)

タイミングが悪かったのか、女性の露天では湯は注がれておらず
浴槽内で循環されるのみでした。
「衛生管理のため」と書かれていましたが何とも残念。

また男湯では、常連さんらしき方々のマナーの悪さに閉口。
浴室内に携帯電話を持ち込んで話したり、
「入らないで下さい」と書かれた、かぶり湯用の貯水槽に入ったり・・。

敷地内には無料の温泉スタンドがあります。

温泉スタンド

栓をひねると、勢い良く温泉が流れ出ます。
この豊富な湯量を見ると、循環なんて本当はしなくてもと良いのでは
と改めて感じてしまいました。


山梨県甲府市下今井町15
055-241-0083

【 温泉の一覧はこちら

at 12:17, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

甲府昭和温泉 甲府昭和温泉ビジネスホテル

外観

中巨摩郡にあるビジネスホテルに立ち寄り湯をしました。(500円)
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。

男女とも内湯とサウナ、水風呂があります。

▼男湯
男湯

▼女湯
女湯

まるで紅茶のような透明赤茶色の湯が、思い切り良く掛け流されています。
浴槽が二つあり、大きい方が熱め、小さい方が温めです。
大きい浴槽の真ん中にベーゴマの様な形をした湯口があり、
ドバドバとお湯が吹き出ています。

湯口

源泉が48.1度なので、大きい浴槽でも隅のほうで加水していますが
なくてもいいのでは?と思う程、熱めの気持ちよい湯です。
少し舐めてみると鉄味がしました。
ヌルスベの湯は体の芯から温まり、夜までぽかぽかしていました。


山梨県中巨摩郡昭和町押越2223
0552-75-7755

【 温泉の一覧はこちら

at 13:39, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

フカサワ温泉

外観

中巨摩郡にある日帰り温泉です。(420円)
源泉掛け流しで、泉質はナトリウム・炭酸水素塩 塩化物温泉。

男女とも内湯が2つに露天があります。

▼内湯(男)
内湯 男その1
内湯 男 その2

▼内湯(女)
内湯 女 その1
内湯 女 その2

透明黄褐色の湯は46.4℃のと熱め。
内湯は2つあり小さいほうは熱め、大きいほうは温めです。
小さい湯船の湯口の下は、勢いよく注がれる湯に含まれる気泡で真っ白に。
この泡々が体中に付いてすべすべの肌ざわり。
飲泉してみると、やや酸味と鉄味を感じますが飲み易いです。

▼露天(男)
露天 男

▼露天(女)
露天 女

露天は高い塀に囲われて眺望は良くありません。
でも、熱めの湯にひんやりした外の空気が気持ち良いです。
ここも湯の注ぎ口付近は真っ白に。

湯口

17年前から営業されているそうで、受付の方にお話を伺うと
「ペットボトルで持ち帰って飲泉するよう」勧めてくれました。
シャワーやカランも温泉を使用しているそうで、何とも贅沢。
この日は土曜の昼間でお客さんは少なく、特に女湯は貸切でした。
平日の夕方以降は地元のお客さんで混み合うそうです。


山梨県中巨摩郡昭和町西条1961-1
055-275-5361

【 温泉の一覧はこちら

at 12:24, bunama&まなBoo, 温泉 【 山梨 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark