久々の山梨、温泉と食の旅

山梨旅

 

温泉と美味しい食を楽しもうと、久し振りの山梨県に訪れました。

 

山梨旅

 

まずは温泉。

昨年6月に「国母駅前温泉健康ハウス」をリニューアルオープンした「桜湯」へ(500円)。

源泉掛け流しで、泉質は単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 。

 

山梨旅

 

銭湯のような造りの浴室内。

新しい施設だけにとっても綺麗です。

 

山梨旅

 

源泉がドバドバ。

肌のあたりが柔らかくて円やかな良質の温泉です。

湯口にはコップが置いてあり入って良し、飲んでも良しで体の中から温まります。

飲泉してみると金気臭がする甲府周辺に多い泉質のようです。

 

山梨旅

 

露天もあります。

源泉は43.6℃なので露天は少し温め。肌の表面に沢山の泡が付く新鮮な温泉です。

サウナもあります。

 

山梨旅

 

体が温まったところでお昼を頂きましょう。

360年以上の歴史あるお蕎麦屋さん「奥村」へ。

 

山梨旅

 

こちらはB級グルメで有名な「鳥もつ」発祥のお店だそう。

もちろん頂きます。甘めの濃いタレが美味しい。

以前食べた時にはなかった砂肝も入っていました。

 

山梨旅

 

美味しいつまみには、マスターズドリームの生ビールを。

平日昼間のビールって何でこんなに美味しいんでしょう。

 

山梨旅

 

国産そば粉十につ小麦粉一の比率で打つ「外一そば」。

喉越しの良いお蕎麦です。

ごま油の風味がよい海老天も美味しい。

 

山梨旅

 

天気が良いのでワイナリーに行って見ましょう。

 

山梨旅

 

サントリー登美の丘ワイナリー。

 

山梨旅

 

有料で試飲ができます。

 

山梨旅

 

葡萄畑越しに市街と富士山が望める絶景。

画になる風景です。

 

山梨旅

 

ホテルでひと休みしたら歩いて夕飯に出掛けます。

「すし・うまいもの処 伊津美」。

 

山梨旅

 

ホテルでビールを1杯ひっかけて来たので最初から日本酒。

山梨の地酒からスタートです。

氷の入った桶に日本酒のラベルも付けて出してくれます。

 

山梨旅

 

お通しの煮貝。名前を聞いたのに忘れてしまいました。

 

山梨旅

 

お刺身三点盛り。

シマアジに南インドマグロの赤身と鰤。

日本酒によく合います。

 

山梨旅

 

太冠酒造の純米吟醸。

かつて甲府在住時、近所にあった酒蔵です。

今は良質の水を育む南アルプス市で酒造りを行っています。

 

山梨旅

 

白子ぽん酢。

 

山梨旅

 

かれいの唐揚げ。サクサクで美味しいです。

 

山梨旅

 

あさりの酒蒸し。

 

山梨旅

 

山梨の地酒から三重の地酒にスイッチ。

久し振りに而今をいただきました。

 

山梨旅

 

牡蠣フライ。

さくさくの衣にジューシーで旨みがたっぷり。

 

山梨旅

 

締めに握りを。

これだけ食べて飲んでお会計10,490円。

良心的な価格で良いお店だと思うのですが、金曜日の夜なのに

滞在中にお客は私たちだけ。不思議です。

 

山梨旅

 

酔い覚ましに散歩しながらホテルへ戻ります。

ホテルは「ドーミイン甲府丸の内」。

 

山梨旅

 

ここは温泉の大浴場があります。

 

山梨旅

 

循環なので塩素臭がありますが、ビジホでこれは頑張っていると思います。

 

山梨旅

 

サウナもありました。

 

山梨旅

 

湯上り処では宿泊客に生ビール1杯のサービスが。

グラスの底からビールが湧く、トルネードサーバーのビールです。

 

山梨旅

 

夜は食事処で「夜鳴き蕎麦」のサービスが。

半ラーメン位の量で、小腹が空いたときに丁度良いです。

 

山梨旅

 

翌朝も快晴。

部屋から富士山が見えました。

 

山梨旅

 

今日の温泉は石和温泉にある「深雪温泉」(立ち寄り湯1,000円)

2種類の源泉が掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。

 

山梨旅

 

以前も訪れましたがここのお湯は素晴らしいです。

とろみのある湯は、まるで温めた化粧水に包まれているような気持ちの良さ。

 

山梨旅

 

勢いよく流れる源泉。

なんとカランやシャワーのお湯も源泉という湯量の豊富さ。

 

山梨旅

 

いつまでも入っていたくなる極上の温泉でした。

 

山梨旅

 

さて、山梨締めの一食へ。

ほうとうの有名店「皆吉」。

 

山梨旅

 

お店は昔の日本家屋。干し柿が風情あります。

 

山梨旅行

 

有名店だけに結構な順番待ち。

屋内に待機スペースは無いので、縁側に腰を掛け

庭を眺めながら1時間程待ちました。

これ、真冬はそうとうキツイと思います。

 

山梨旅

 

やっと席につきましたが、ここからほうとうが煮えるまで30分程掛かります。

地元のビールを飲んでゆっくり待ちましょう。

 

山梨旅

 

これだけ待って食べるほうとうはさすがに美味しいです。

腰の強い麺に、大きな自家製野菜がたっぷり。味噌も自家製だそう。

 

山梨旅

 

冷やしうどんもさっぱりと美味しい。

程よい濃さのつゆでのど越し良く頂けます。

 

山梨旅

 

皆吉で頂いたビールは近くで造っているそうなので寄ってみました。

「甲斐ドラフトビール」。自宅飲み用にビールを購入。

 

山梨旅

 

近くのワイナリー「ロリアンワイン」へも立ち寄り。

 

山梨旅

 

沢山の賞を受賞しているみたいです

 

山梨旅

 

こんな所でワインを飲んだら、さぞ美味しいことでしょう。

 

山梨旅

 

ワイン街道と呼んでも良いくらい、ワイナリーが立ち並んでいます。

最後に外観も素敵な「グレイスワイン」へ。

 

山梨旅

 

2階の販売・試飲スペースでお正月用のワインを購入。

 

何年か振りに訪れた甲府。

新しい温泉にも、もう1度温泉も満喫。

美味しい物も沢山頂いて楽しい1泊2日でした。

at 11:11, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

自宅で生ビール

 

生ビールサーバーをレンタル出来る酒屋さんがあることを知り

夏休みに楽しもうと借りてきました。

 

 

2泊3日でサーバーのレンタル代は無料。

洗浄メンテとガス代が1,200円です。

 

 

ビールはこれ。「ザ・プレミアム・モルツ マスターズ・ドリーム」

10L樽で8,150円です。メンテ代と合わせて10,098円。

 

この樽で中ジョッキ23杯分だそうなので、1杯≒440円。

自宅で味わえることを考えたら安いです。

ちなみに普通のモルツだと樽が6,050円なので、1杯≒340円です。

 

 

ディスペンサーを氷で満たして冷え冷えに。

 

 

セッティング完了。

青いバケツは、氷が溶けてチューブから出る水用に置いてます。

 

 

早速、最初の1杯を。

 

 

頂きます!

くーーー美味い!!円やかな泡と、苦みとコクのあるビール。

これを自宅で味わう贅沢さ。

 

 

おつまみはビールの大親友「枝豆」と

 

 

揚げないバッファローチキン。

酢の効いたタレがビールに合います。

 

 

いくらでも飲めそう。

 

 

ビールの減り具合は不明ですが、持ってみたらまだずっしり。

頼もしい重量感。

 

 

なので、つまみも追加。自家製ピザと

 

 

ローズポーク入り焼きそば。どちらもビールに合います。

 

 

たっぷり食べて飲んで、大満足の一日目は終了です。

 

 

二日目もガンガン飲んでいきましょう。

つまみも色々用意しました。

 

 

かぼちゃの煮物。

 

 

空心菜のニンニク炒め。

 

 

ローズポークのトマト&シソ巻き。

 

 

そして手羽先のから揚げ。

 

 

どれも美味しい。そしてビールはもちろん激旨。

飲んで食べて昼寝して。あっという間に二日目も終了。

 

 

三日目はサーバーを返却しに運転する為、飲めません。

残ったビールを瓶へと移します。この瓶に丁度入る位の残量でした。

2日で9L以上の生ビールを堪能。

 

セッティングも簡単で、氷さえ用意しておけば美味しいビールが

自宅で楽しめるレンタルサーバー。

次回はいつ借りようか思案中です。

at 10:15, bunama&まなBoo, お酒

comments(0), trackbacks(0), pookmark

志賀高原ビール

志賀高原ビール

 

最近ハマっている志賀高原ビール

厳選された素材で醸造する個性派クラフトビールです。

 

定番品から限定品まで色々なビールがあり、ホップの苦みや

味わいの変化を楽しむことができます。

 

今日から夏休み。

酷暑はビールの飲み比べをして乗り切りたい思います。

at 16:21, bunama&まなBoo, お酒

comments(0), trackbacks(0), pookmark

東銀座 壮石

染井

 

東銀座にあるお寿司屋さんです。

ランチタイムは、美味しいお寿司がリーズナブルに頂けます。

 

染井まんぷくセット(1,410円)

握り9貫と巻物、玉子焼きに茶碗蒸しと赤出汁が付きます。

とても丁寧に握られたお寿司は本当に美味。

何度も通いたくなるお店です。

at 12:08, bunama&まなBoo, そとご飯

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ドイツ・ベルギー 5thDay・6thDay 〜フランクフルト街歩き&帰国〜

 

旅行最終日。

ホテルで朝食を頂いたら街歩きへ。

 

 

タウヌス通りを歩いて移動。

ここら辺はいわゆる風俗街で、夜はとても治安が悪いそうです。

朝なので危ないことはありませんが独特の雰囲気が漂っていました。

 

 

着いたのは「アルテ・オーパー」旧オペラ座です。

現在はオペラに限らずコンサートホールとして使われています。

 

 

戦争で一時廃墟になっていましたが、市民の声で再建されたそう。

建物自体が美術品のようです。

 

 

帰りに中央駅の地下にあるドラッグストアで最後のお土産買いを。

 

 

ドイツといったらニベア。

ニベアの品揃えはびっくりする程。お土産に色々買ってみました。

 

 

一旦ホテルへ戻ってチェックアウト。

 

 

荷物を預かって欲しいと言ったら、地下の荷物置き場の鍵を渡されました。

鍵があるとは言え、フロントでは割と誰にでも渡している感じ。

ベルギーのホテルも同様でした。ヨーロッパ初心者なので分かりませんが、

これが欧州の標準仕様なんでしょうか。

 

 

そろそろビールを頂きましょう。

やってきたのは「Zu den 12 Aposteln」。ドイツ料理のお店です。

 

 

下町の居酒屋さんのような雰囲気。

 

 

ここではビールの醸造もしています。

店内から見える大きなタンク。

 

 

早速そのビールを!

さっぱり軽い感じの飲み口。

 

 

ソーセージ盛り合わせを注文。

おそらく1人前なのですが二人でも食べきれないボリューム。

料理1品・ビール2杯で22.1€(≒2,900円)

 

 

最後のレーマー広場を見納めに。

 

 

ビールの飲み納めは、広場近くの大聖堂の隣にある「Paulaner am Dom」

 

 

白ビール醸造所Paulanerの直営店です。

 

 

グラスが大きい。

 

 

おつまみはこれ。

 

 

大きなプレッツェルが乗ったお皿の下には、

これまた大きな白ソーセージ。

 

 

美味しいおつまみにビールをお代わり。

 

 

フランクフルト名物のりんご酒も頂いてみました。

すっきりした酸味とほんのりの甘さで飲み易かったです。

料理1品・飲み物6杯で23.0€(≒3,000円)

 

 

名残惜しいですが、そろそろ空港に向かう時間。

さすがドイツ、ベンツタクシーで空港へ。

 

 

フランクフルト空港にはサクララウンジがあります。

 

 

アルコール類に軽食。

 

 

ドイツらしいソーセージもありました。

 

 

ドイツビールとそばですかいのコラボ。

 

 

機内ではシャンパンを。

 

 

お土産に買ってきた品々。

 

フランクフルト3泊、ブリュッセル1泊の短い旅でしたが

初のヨーロッパは歴史ある建物や街並みはいくら見ても飽きず

食事もビールも美味しく大満喫できました。

いつかまた列車の旅をしたいと思います。

at 09:24, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ドイツ・ベルギー 4thDay◆ 船屮螢絅奪札襪任呂靴桓髻

 

時間の許す限り、はしご酒をしましょう。

一軒目は「ファルスタッフ」。証券取引所の隣にあります。

 

 

創業は1903年という老舗のビアカフェ。

 

 

アール・ヌーヴォー様式の内装が素晴らしいです。

天井の細かなステンドグラスは圧倒される美しさ。

 

 

そんな中で飲むビールが美味しくないわけがありません。

空間も優雅ですが、店員さんも”紳士”と呼ぶに相応しいような

穏やかで優雅な対応でした。

お腹いっぱいだったので、ビールのみ7.8€(約1,050円)

 

 

二軒目へ歩いて移動。

街の至る所にこんな漫画壁画があります。さすがタンタンの母国。

 

 

二軒目は「レ・ブリジッティヌ」

ベルギー伝統料理のお店です。

 

 

こちらもアール・ヌーヴォー様式の優雅な内装。

 

 

ワインで乾杯!

 

 

「牛ほほ肉のビール煮込み」

とろける柔らかさです。

 

 

「フィレ・アメリカン」

生の牛ひき肉にマヨネーズやスパイスを混ぜたタルタルステーキです。

粗めにミンチされた牛肉は新鮮で美味しいです。

料理2品、ワイン2杯で58.5€(≒7,800円)

 

 

いい気分で三軒目へ。

途中見かけた、馬車を引く白馬が可愛かった。

寒い中お勤めご苦労さまです。

 

 

三軒目は「ア・ラ・モール・シュビット」

モール・シュビットとは「突然死」という意味だそう。

 

 

1910年創業の老舗ですが、前の2軒に比べるとグッと庶民的。

大衆酒場のような心地良いゆるさを感じます。

 

 

当然ベルギービールで乾杯!

 

 

駆けつけ二杯もいっちゃいましょう。ふぅ〜。

まだ明るい時間ですが、常連さんらしき人や観光客がゆったりビールを

楽しむ良いお店でした。

ビール4杯で21.6€(≒2,800円)

 

 

電車の時間も近くなったので駅に移動。

駅構内にあったタンタンの壁画です。

 

 

もう少しだけ時間があるので四軒目。

駅のすぐ隣にあったお店へ行ってみました。

 

 

結構な人で賑わっています。

 

 

締めのベルギービール。

 

 

そして、もう一度食べたかった「ムール貝のココット」

どちらも大満足です。

ビール4杯にムール貝で40.8€(≒5,400円)

 

 

名残惜しいですが、そろそろフランクフルトに戻る時間。

 

 

帰りも1等車ですが個室ではなく通常の席です。

たっぷり飲んで食べたので、うとうと寝ている内に着きました。

 

 

ただいまフランクフルト。

 

 

明日は旅行最終日です。

フランクフルト名物のりんご酒を飲みに出かけようと思います。

at 12:12, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark