自宅で生ビール

 

生ビールサーバーをレンタル出来る酒屋さんがあることを知り

夏休みに楽しもうと借りてきました。

 

 

2泊3日でサーバーのレンタル代は無料。

洗浄メンテとガス代が1,200円です。

 

 

ビールはこれ。「ザ・プレミアム・モルツ マスターズ・ドリーム」

10L樽で8,150円です。メンテ代と合わせて10,098円。

 

この樽で中ジョッキ23杯分だそうなので、1杯≒440円。

自宅で味わえることを考えたら安いです。

ちなみに普通のモルツだと樽が6,050円なので、1杯≒340円です。

 

 

ディスペンサーを氷で満たして冷え冷えに。

 

 

セッティング完了。

青いバケツは、氷が溶けてチューブから出る水用に置いてます。

 

 

早速、最初の1杯を。

 

 

頂きます!

くーーー美味い!!円やかな泡と、苦みとコクのあるビール。

これを自宅で味わう贅沢さ。

 

 

おつまみはビールの大親友「枝豆」と

 

 

揚げないバッファローチキン。

酢の効いたタレがビールに合います。

 

 

いくらでも飲めそう。

 

 

ビールの減り具合は不明ですが、持ってみたらまだずっしり。

頼もしい重量感。

 

 

なので、つまみも追加。自家製ピザと

 

 

ローズポーク入り焼きそば。どちらもビールに合います。

 

 

たっぷり食べて飲んで、大満足の一日目は終了です。

 

 

二日目もガンガン飲んでいきましょう。

つまみも色々用意しました。

 

 

かぼちゃの煮物。

 

 

空心菜のニンニク炒め。

 

 

ローズポークのトマト&シソ巻き。

 

 

そして手羽先のから揚げ。

 

 

どれも美味しい。そしてビールはもちろん激旨。

飲んで食べて昼寝して。あっという間に二日目も終了。

 

 

三日目はサーバーを返却しに運転する為、飲めません。

残ったビールを瓶へと移します。この瓶に丁度入る位の残量でした。

2日で9L以上の生ビールを堪能。

 

セッティングも簡単で、氷さえ用意しておけば美味しいビールが

自宅で楽しめるレンタルサーバー。

次回はいつ借りようか思案中です。

at 10:15, bunama&まなBoo, お酒

comments(0), trackbacks(0), pookmark

志賀高原ビール

志賀高原ビール

 

最近ハマっている志賀高原ビール

厳選された素材で醸造する個性派クラフトビールです。

 

定番品から限定品まで色々なビールがあり、ホップの苦みや

味わいの変化を楽しむことができます。

 

今日から夏休み。

酷暑はビールの飲み比べをして乗り切りたい思います。

at 16:21, bunama&まなBoo, お酒

comments(0), trackbacks(0), pookmark

東銀座 壮石

染井

 

東銀座にあるお寿司屋さんです。

ランチタイムは、美味しいお寿司がリーズナブルに頂けます。

 

染井まんぷくセット(1,410円)

握り9貫と巻物、玉子焼きに茶碗蒸しと赤出汁が付きます。

とても丁寧に握られたお寿司は本当に美味。

何度も通いたくなるお店です。

at 12:08, bunama&まなBoo, そとご飯

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ドイツ・ベルギー 5thDay・6thDay 〜フランクフルト街歩き&帰国〜

 

旅行最終日。

ホテルで朝食を頂いたら街歩きへ。

 

 

タウヌス通りを歩いて移動。

ここら辺はいわゆる風俗街で、夜はとても治安が悪いそうです。

朝なので危ないことはありませんが独特の雰囲気が漂っていました。

 

 

着いたのは「アルテ・オーパー」旧オペラ座です。

現在はオペラに限らずコンサートホールとして使われています。

 

 

戦争で一時廃墟になっていましたが、市民の声で再建されたそう。

建物自体が美術品のようです。

 

 

帰りに中央駅の地下にあるドラッグストアで最後のお土産買いを。

 

 

ドイツといったらニベア。

ニベアの品揃えはびっくりする程。お土産に色々買ってみました。

 

 

一旦ホテルへ戻ってチェックアウト。

 

 

荷物を預かって欲しいと言ったら、地下の荷物置き場の鍵を渡されました。

鍵があるとは言え、フロントでは割と誰にでも渡している感じ。

ベルギーのホテルも同様でした。ヨーロッパ初心者なので分かりませんが、

これが欧州の標準仕様なんでしょうか。

 

 

そろそろビールを頂きましょう。

やってきたのは「Zu den 12 Aposteln」。ドイツ料理のお店です。

 

 

下町の居酒屋さんのような雰囲気。

 

 

ここではビールの醸造もしています。

店内から見える大きなタンク。

 

 

早速そのビールを!

さっぱり軽い感じの飲み口。

 

 

ソーセージ盛り合わせを注文。

おそらく1人前なのですが二人でも食べきれないボリューム。

料理1品・ビール2杯で22.1€(≒2,900円)

 

 

最後のレーマー広場を見納めに。

 

 

ビールの飲み納めは、広場近くの大聖堂の隣にある「Paulaner am Dom」

 

 

白ビール醸造所Paulanerの直営店です。

 

 

グラスが大きい。

 

 

おつまみはこれ。

 

 

大きなプレッツェルが乗ったお皿の下には、

これまた大きな白ソーセージ。

 

 

美味しいおつまみにビールをお代わり。

 

 

フランクフルト名物のりんご酒も頂いてみました。

すっきりした酸味とほんのりの甘さで飲み易かったです。

料理1品・飲み物6杯で23.0€(≒3,000円)

 

 

名残惜しいですが、そろそろ空港に向かう時間。

さすがドイツ、ベンツタクシーで空港へ。

 

 

フランクフルト空港にはサクララウンジがあります。

 

 

アルコール類に軽食。

 

 

ドイツらしいソーセージもありました。

 

 

ドイツビールとそばですかいのコラボ。

 

 

機内ではシャンパンを。

 

 

お土産に買ってきた品々。

 

フランクフルト3泊、ブリュッセル1泊の短い旅でしたが

初のヨーロッパは歴史ある建物や街並みはいくら見ても飽きず

食事もビールも美味しく大満喫できました。

いつかまた列車の旅をしたいと思います。

at 09:24, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ドイツ・ベルギー 4thDay◆ 船屮螢絅奪札襪任呂靴桓髻

 

時間の許す限り、はしご酒をしましょう。

一軒目は「ファルスタッフ」。証券取引所の隣にあります。

 

 

創業は1903年という老舗のビアカフェ。

 

 

アール・ヌーヴォー様式の内装が素晴らしいです。

天井の細かなステンドグラスは圧倒される美しさ。

 

 

そんな中で飲むビールが美味しくないわけがありません。

空間も優雅ですが、店員さんも”紳士”と呼ぶに相応しいような

穏やかで優雅な対応でした。

お腹いっぱいだったので、ビールのみ7.8€(約1,050円)

 

 

二軒目へ歩いて移動。

街の至る所にこんな漫画壁画があります。さすがタンタンの母国。

 

 

二軒目は「レ・ブリジッティヌ」

ベルギー伝統料理のお店です。

 

 

こちらもアール・ヌーヴォー様式の優雅な内装。

 

 

ワインで乾杯!

 

 

「牛ほほ肉のビール煮込み」

とろける柔らかさです。

 

 

「フィレ・アメリカン」

生の牛ひき肉にマヨネーズやスパイスを混ぜたタルタルステーキです。

粗めにミンチされた牛肉は新鮮で美味しいです。

料理2品、ワイン2杯で58.5€(≒7,800円)

 

 

いい気分で三軒目へ。

途中見かけた、馬車を引く白馬が可愛かった。

寒い中お勤めご苦労さまです。

 

 

三軒目は「ア・ラ・モール・シュビット」

モール・シュビットとは「突然死」という意味だそう。

 

 

1910年創業の老舗ですが、前の2軒に比べるとグッと庶民的。

大衆酒場のような心地良いゆるさを感じます。

 

 

当然ベルギービールで乾杯!

 

 

駆けつけ二杯もいっちゃいましょう。ふぅ〜。

まだ明るい時間ですが、常連さんらしき人や観光客がゆったりビールを

楽しむ良いお店でした。

ビール4杯で21.6€(≒2,800円)

 

 

電車の時間も近くなったので駅に移動。

駅構内にあったタンタンの壁画です。

 

 

もう少しだけ時間があるので四軒目。

駅のすぐ隣にあったお店へ行ってみました。

 

 

結構な人で賑わっています。

 

 

締めのベルギービール。

 

 

そして、もう一度食べたかった「ムール貝のココット」

どちらも大満足です。

ビール4杯にムール貝で40.8€(≒5,400円)

 

 

名残惜しいですが、そろそろフランクフルトに戻る時間。

 

 

帰りも1等車ですが個室ではなく通常の席です。

たっぷり飲んで食べたので、うとうと寝ている内に着きました。

 

 

ただいまフランクフルト。

 

 

明日は旅行最終日です。

フランクフルト名物のりんご酒を飲みに出かけようと思います。

at 12:12, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ドイツ・ベルギー 4thDay  祖食にワッフルを〜

 

ベルギー2日目。

まだ夜明け前ですが、ブリュッセルの早朝散歩を楽しむことにします。

 

 

ホテルから徒歩数分のところにある、ヨーロッパ最古のアーケード

ギャルリー・サンチュベールへ。

暗くて分かり辛いですが屋根はガラス製です。

グラン・プラスと同じく、ここも中国風な装飾が。

 

 

アーケードには色々なお店が入っていますが、やはり多いのはチョコレート屋さん。

 

 

こんな胸像を飾っているお店も。

ベルギーの偉人さんでしょうか。

 

 

アーケードを抜けて少し歩くと見えてきたのはサン・ミッシェル大聖堂。

 

 

明るくなってきた空に、ライトアップされた美しいゴシック様式の建物が映えます。

 

 

この聖堂で1999年にフィリップ皇太子の結婚式が行われました。

 

 

お寺や神社もそうですが、宗教施設って独特の厳粛な空気に包まれています。

 

 

早朝の聖堂で、厳かな気持ちになりました。

 

 

夜明け前から歩き回ってお腹が空いたのでワッフル屋さんへ。

「オ・ゴーフル・ド・ブリュッセル」

朝から開いている人気のお店らしいです。

 

 

ホテルで朝食が付いているのですが、順番は違えどデザートは別腹ということで。

 

 

ブリュッセル風(□)とリエージュ風(○)のワッフルを選び、

好みでトッピングをオーダー出来るようです。

 

 

ここはやはり本場のブリュッセル風にチョコと苺、アイスをトッピングしてみました。

ボリュームが凄そうに見えて、サクサクのワッフルが驚く程軽いので美味しく完食。

ワッフル2つで21.9€(≒2,900円)

 

 

そろそろホテルに戻って朝食にしましょう。

最上階の朝食会場は窓が多くて明るい。

 

 

そして、その窓からグラン・プラスが見えるんです。

 

 

朝食はビュッフェ。ごく一般的な品揃えです。

 

 

オリジナルサンドイッチを作ってみたら、とっても美味でした。

 

 

チェックアウトを済ませ荷物を預けたら、今日は出発時間まで

ベルギービールを飲み歩こうと思います。

at 10:25, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark