タイ バンコク旅行 5thDay 〜帰国〜

 

最終日。朝、ホテルをチェックアウト。

立地が良く便利で過ごしやすいホテルでした。ピックアップの車で一路空港へ。

 

 

海外に5つあるサクララウンジの内のひとつが

ここスワンナプーム空港にあります。

 

 

今年の3月にリニューアルされたそう。

 

 

さすがに綺麗です。ゆったりした造りのラウンジスペース。

 

 

軽食も色々あります。

 

 

ビールは3種類。タイで売られているアサヒスーパードライは

タイ国内で製造されているので、日本とは味が違うのだとか。

 

 

「いいちこ黄金の芋」は日本国内では中々飲めないのだそう。

 

 

スナック菓子にカップラーメンも揃っています。

 

 

朝ご飯を頂きましょう。

ビーフカレーはタイにある和食レストラン「日本亭」のものです。

 

 

壁の片側が大きなガラス張りになっていて、

空港内が見えるので解放感があります。

 

 

シャワーもあります。

 

 

アメニティも一通りあります。

シャワーを浴びてさっぱりしたら、そろそろ搭乗時間。

 

 

シートは往路と同じシェルフラットシート。

 

 

さよならバンコク。

 

 

シャンパンを頂いて。

 

 

 

和食に。

 

 

 

洋食も頂いて。

 

 

寝酒に鳳凰美田。

 

 

ひと寝したら夜食(?)にうどんですかいを。

 

 

そうこうしている内に、ただいま日本。

 

 

お土産に買ってきた品々。

 

バンコクは美しいお寺巡りも楽しく、マッサージ天国で癒され

何より食べ物が美味しい、旅の魅力に溢れる都市でした。

またぜひ訪れたいと思います。

at 10:42, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 4thDay 〜Spa&食べ歩き〜

 

今日もバンコクは曇り模様。

こちらはホテルのプール。曇ってても暑いので気持ち良さそう。

 

 

ホテルで朝食を頂いたら、予約しておいたスパに出掛けます。

最寄り駅のBTSエカマイ駅からはトゥクトゥクの送迎サービス付き。

 

 

閑静な住宅街を走って着きました。

一軒家スパの「Coran Boutique Spa(コンラン ブティック スパ)」

 

 

綺麗なロビー。お茶を頂きながら問診票に記入。

問診票は日本語を用意してくれました。

 

 

ここのオーナーは日本人の方だそうです。

中庭にはプールが。泳ぎたい。

 

 

こちらが施術ルーム。

2時間半のアーユルヴェーダトリートメント。2,800バーツ(≒8,400円)

スチームで汗をかいて、ボディマッサージ。シロダーラからのヘッドマッサージ。

丁寧なマッサージで凄く気持ち良かったです。

 

 

終わると丁度お昼時。お腹が空いたので、駅までの送迎を断って

近くのお店に行こうとしたら、スパのトゥクトゥクで送ってくれました。

 

 

到着したお店「サバイチャイ」

 

 

まずは乾杯。

 

 

「カイ・ヤーン」という炭火焼きの鶏が人気のお店です。

ジューシーで柔らかく美味しい。

 

 

他のメニューも美味でした。ご馳走様。

駅までの途中にあったスーパーでバラマキ土産を買い物し

荷物を置きに一旦ホテルへ戻ります。

 

 

部屋に行前に、同じ建物にあるショッピングセンター

「ターミナル21」に寄ってみました。

フロアごとに世界の都市名が付けられていて、ここは「東京」フロア。

 

 

何故か「高田馬場」の文字。

奥には「ネオン」や「花火」などの脈略の無い日本語が。

 

 

柱が邪魔で、永遠に取り組めない相撲取り。

色々とシュールなフロアでした。

 

 

さて、部屋で一休みしたらまた出かけます。

日本語の看板がひしめくタニヤ通り。プチ歌舞伎町のような歓楽街です。

 

 

お目当てはここ。タイシルクのお店「ジム・トンプソン」。

 

 

色や柄の種類が豊富で、見ているだけでも楽しいです。

 

 

自分達のお土産にお財布とポーチを買いました。

 

 

バンコク最後の夕飯は、ジム・トンプソンから歩いてすぐの「マンゴー・ツリー」。

 

 

屋外席もありますが、暑いので屋内席へ。

 

 

屋内席はほぼ日本人客。

そして何故か屋外席はほぼ欧米人客と、くっきり分かれていたのが面白いです。

 

 

最後のバンコクメシに乾杯!

 

 

春雨のサラダ「ヤム・ウンセン」

セロリの風味が効いてて美味しい。

 

 

蟹のカレーソース炒めに溶き卵をからめた「プー・パッポン・カリー」

ふわふわな玉子に、濃厚なソース。ぎっしり詰まった蟹の身が良く合います。

2皿とも美味しくて、もっと色んなメニューを食べたかったけれど

残念ながらお腹がいっぱい。

 

 

「ご馳走さまでした」ではなく、タイの挨拶「ワイ」をするドナルド。

ちなみに本名はドナルドではなく”ロナルド”です。

 

 

最後の夜はホテルでゆっくり飲みましょう。

 

 

スーパーで買っておいたスパークリングワインを頂きます。

 

 

滞在中、朝から晩まで食べていたマンゴーをおつまみに。

明日は午前便で帰国。荷造りしながら、最後のマンゴーを堪能しました。

at 10:37, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 3rdDay◆ 船爛┘織ご兩錙

部屋でマンゴーをつまみにしていたら、もっと食べたくなったので
ムエタイを見る前に食べに行くことに。

 

 

サイアム駅近くにあるマンゴー専門店「マンゴ タンゴ」

 


マンゴーマンがお出迎え。

 

 

店内はお洒落なカフェのよう。
沢山のお客さんで込み合っています。

 

 

注文と会計を先にして、番号札をもらって席で待ちます。

この形はマンゴー?

 

 

注文したのは、お店の名前と同じ「マンゴ タンゴ」140バーツ(≒450円)
生マンゴー、マンゴーアイス、マンゴープリンの盛り合わせです。

やっぱり一番美味しいのは生マンゴー。

 

 

こちらのお店は、上質で食べ頃のものだけを出しているのだそう。

 

 

満足したところでムエタイのスタジアムに移動。

BTSでナショナルスタジアム駅まで行き、そこからはタクシーです。

 

 

着いたのは「ラーチャダムヌン・ムエタイ・スタジアム」

タクシーを降りると、直ぐにおじさんが飛んできて「コンニチハ」。
怪しい人ではなくちゃんとスタジアムの係りの人です。
しかし一瞬で日本人と見抜くのが凄い。他のアジア人の観光客も多いのに。

 

 

おじさんにお金を支払ってチケットを受け取ります。

1席2,000バーツ(≒6,000円)結構な高値です。

中に入る前に簡単な荷物検査。
ペットボトルの水を持っていたのですが、持込み禁止でした。

 

 

案内された席は超リングサイド。ほぼ外国人専用席のようです。
冷房も効いていて快適。

 

 

軽食とアルコール類を販売していて、係りの人が注文を聞きに来て
席まで運んでくれます。

 

 

というわけで乾杯!!ビールなのにストロー付き。

 


結構広い会場で、3階席まであります。
2,3階のお客さんは賭けながら観戦する地元の人たちのようです。
その雰囲気は競馬場や競輪場のよう。

 

 

選手は入場すると「ワイクルー」という感謝を捧げる舞いをします。

 

 

そして「モンコン」という頭に付けたお守りをセコンドの人が外します。

これは僧侶が祈りを込めた神聖な物なのだそう。

いよいよ試合開始。

 

 

近くで見ると迫力があります。

1ラウンド3分。5ラウンドの得点制で勝敗が決定。

 

 

3ラウンド辺りから、賭けをしている2・3階のお客さんの歓声が

大きくなり場内も盛り上がります。

 

 

ガイドブックにはKOは少ないと書かれていましたが
この日は9試合中5試合がKO決着でした。中には担架で退場する選手も。

メインの試合は7試合目。歓声も凄く、一番盛り上がっていました。

 

 

メインの後は「まだ小学生!?」と思うほど小さな子供の試合も。

冷や冷やしながら見てましたが、立派に”湧かせる試合”をしてました。

 

 

全部で3時間ほど。

ルールを知らなくても存分に楽しめました。来て良かった。

 

 

帰りは値段を吹っ掛けるタクシーをスルーして、

今回の旅初のトゥクトゥクで駅まで。これが速い。車より速かった。


 

華麗なドライビングテクニックを見せてくれた運転手さんありがとう。

 

 

明日は実質最終日。

予約しておいたスパに行きます。

at 16:23, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 3rdDay  船Εークエンド・マーケット〜

 

今朝のバンコクは曇り模様です。

 

 

朝食はホテルのビュッフェ。

メニューは定番物からタイ料理まで、なかなか美味しかったです。

 

 

行列が出来ていたのは”捌きたてマンゴー”。

これがビックリする程美味!やっぱり捌きたては鮮度が違う。

 

 

お腹いっぱい頂いたら観光に出発です。

 

 

BTSスクンビット線で「モーチット駅」まで。

とっても覚えやすい駅名です。

 

 

駅からは、大勢の人の流れに付いて行ったら到着しました。

「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」

 

 

その名の通り、週末だけ開かれるマーケットです。

店主には平日は別の仕事をしてる人も多いのだそう。

 

 

衣料品から。

 

 

種類豊富なスパイスや。

 

 

タイの煌びやかな陶器、ベンジャロン焼も。

 

 

南国感をUPさせるドリアンや。

 

 

こんなアートな一品まで。

店舗数は15,000軒もある、バンコク最大のマーケットです。

 

 

迷子になったときに便利な、ほぼ中心に建つ時計台。

歩き疲れたときに便利な、敷地内を周回している無料のゴルフカートもありました。

 

 

お土産に買ったのがこちら。タイの花の種。

 

 

そして、まるで本物のようなマンゴーの石鹸。

香りは本物と寸分たがわぬ精巧さでした。

 

 

歩き回って疲れたので一休み。

 

 

冷えたビールが美味い。

喉を潤したら、そろそろマーケットをお暇しましょう。

 

 

またBTSで移動。

前国王の祭壇は色んなところで見かけましたが、駅にも設けられていました。

 

 

サイアム駅に到着。

本当はここで、プー・パッポン・カリーで有名な「ソンブーン」の

サイアム・スクエア店に行くつもりでしたが、見間違いかと思う程の長い行列に断念。

 

 

仕方が無いので近くにあった他のお店に。

 

 

ここはここで美味しかったです。

 

 

美味しかったのですが、このお店はアルコールメニューがありませんでした。

ちなみに、タイではお酒の販売は11:00〜14:00と17:00〜24:00に限られ、

スーパーなどでの購入はもちろん、飲食店でもこの時間帯でしか飲めません。

 

 

なので、一旦ホテルに戻って日本から持参した日本酒を。

 

 

つまみは昨日フードコートで買ったマンゴー。意外と日本酒に合いました。

夕方からはムエタイを見に出掛けようと思います。

at 09:42, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 2ndDay◆ 船曠謄襦タイ古式マッサージ〜

 

ホテルはスクムウイット通り沿いにある

「グランデ センターポイント ホテル ターミナル21」

 

 

スカイトレインと地下鉄の2駅が直結していて立地が良く、

建物内にショッピングセンターとスーパーがある便利なホテルです。

 

 

部屋は65m2のグランドスイート。

 

 

大きな窓からの眺望が良いです。

 

 

キッチンに電子レンジ、大きな冷蔵庫付。

 

 

無料の水とスナック菓子は毎日補充されました。

 

 

こちらはベットルーム。ここにも大きな窓。

 

 

ゆったり出来そうなバスタブと。

 

 

別にシャワーブースがありました。

 

 

シンクも大きくて使いやすそう。

 

 

部屋でひと息着いたら、ホテルと同じ建物内にある「Let's Relax」へ。

出発前に予約を入れておいたスパです。

 

 

なかなか綺麗。

 

 

結構混んでいたので、予約しておいて正解でした。

タイ古式マッサージ1時間600バーツ(≒1,800円)

 

 

全身あちこちを動かされたり押されたり。

「イテテ」とはなっても、本格的に「痛っ!」になる前に

圧力を緩められる絶妙な力加減。1時間で体が軽くなりました。

 

 

夕飯を仕入れに、同じ建物にあるショッピングセンター「ターミナル21へ。

”空港”をコンセプトにしたSCで、フロアごとに「ロンドン」や「東京」など

世界の都市名が付けられています。

 

 

お目当てはここ。

「ピア21 フード ターミナル 」というフードコートです。

早朝到着で疲れたので、今夜はここでテイクアウトして

部屋でゆっくり食べることにします。

 

 

まずはカウンターで、支払いに使うチャージ式のカードを購入。

 

 

5B単位でチャージ出来て、30日間有効。

余った分は払い戻ししてくれます。

 

 

さて何を食べよう。30店舗もあって迷います。

 

 

どこも一品が日本円で100〜200円とリーズナブル。

 

 

美味しそうなマンゴーもありました。

 

 

部屋に戻って乾杯!

 

 

こちらが本日の夕飯。どれも、なかなか美味しいです。

 

 

到着日から観光を満喫しました。

今夜は早めに寝て、また明日バンコクを楽しみます。

at 15:09, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 2ndDay  漸ζ惨儻〜

 

早速、朝ご飯を食べに移動です。

1999年に開業したスカイトレイン(BTS)

時刻表は無く、4〜8分置きに電車が来る優れもの。

 

 

「チェットロム駅」で降りて、ここから歩きます。

途中、川があって水上バス停(?)が見えました。

 

 

着いたのは「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」

 

 

カオマンガイの有名店です。

 

 

これで40B(≒120円)安い!

チキンスープで炊いたご飯は思ったより固めでしたが、あっさりしていて美味しい。

朝ご飯にぴったりです。

 

 

お腹が満たされたら、お次は観光。

まずはバンコク観光の王宮へ、タクシーで移動です。

 

 

昨年亡くなられたプミポン前国王。

 

 

王宮付近は、弔問のための物凄い行列が出来ていました。

暑い中、皆さん喪服で数時間以上かかりそうな列にじっと並んでいます。

 

 

王宮へはタイの方は無料のため大行列ですが、外国人は500B(≒1500円)の

入場料を払いすぐに入れます。何だか申し訳ない気分。

 

 

同じ敷地にあるワット・プラケオ。

タイで最も格式の高いお寺です。

 

 

とにかく煌びやか。

 

 

本堂では高さ66センチの翡翠の仏像が見られました。(撮影不可)

 

 

どこもかしこもゴージャス。キラキラ。

晴れたのは嬉しいですが、猛烈に暑いです。

 

 

こちらが宮殿。現在では王様はここには住んでいませんが

王宮行事などが執り行われることがあるそうです。

 

 

王宮を護る衛兵。

強烈な日差しの中、微動だにしないプロ意識。さすがです。

 

 

王宮を出たら、船に乗ってチャオプラヤー川の対岸へ。

 

 

結構なスピードで飛ばします。

 

 

対岸で降りると、そこは「ワット・アルン」

布袋さんのような黄金像がお出迎え。

 

 

アユタヤ王朝時代のクメール様式の仏塔。

青空に映えて美しいです。

 

 

仏塔には昇ることが出来て、上でぐるり一周出来ます。

 

 

近くで見ると細かい装飾が。そして立体的。

じっくり見られて満足です。

 

 

そろそろ戻るとしましょう。

 

 

また船で元の対岸へ。

 

 

船着き場から少し歩いて。

 

 

お昼にしましょう。

チャオプラヤー川のほとりに建つ「ザ デック」

 

 

お洒落な空間のタイ料理のお店です。

 

 

テラス席からは、先程上ったワット・アルンが綺麗に見えます。

 

 

暑いので窓際の屋内席で、取り合えずシンハービール!

焼かれるような暑さの中、歩き回ったので染み入る旨さ。

 

 

玉子に包まれたパッタイの上には海老が。


 

こちらも海老。ビールにも合って美味しい。

ひと休みしたら、次は巨大寝釈迦仏に会いに行きます。

 

 

こちらが寝釈迦仏がいらっしゃる「ワット・ポー」

 

 

でかい!!

全長46m。ほぼ50mプールと同じです。

失礼ながら、そのお姿は寝転がってテレビを見るお父さんと完全に一致しています。

 

 

所々に撮影スポットが設けられていますが、

大き過ぎてカメラで全身を捉えるのは無理です。

 

 

バラモン教の108の世界観が書かれた、5mのおみ足。

 

 

重ね重ね失礼ながら、背中から仰ぎ見るお姿はパンチパーマのおっさんの様です。

 

 

大きいながらも、親しみ易いお姿の巨大寝釈迦仏でした。

さて、そろそろホテルに戻ってチェックインをしましょう。

at 08:12, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark