2017年JGCゆる修行 第8回

 

JGCゆる修行も今回でラストになりました。

出発前の恒例行事となったサクララウンジで飛行機を眺めながらの

昼ビール、旨し。

 

 

一般搭乗もこれがラスト。

次回のフライトから優先搭乗となります。

 

 

千社札シールも大分貯まりました。

 

 

最後のゆる修行は宿泊して那覇を満喫しようと思います。

ホテルはソルヴィータホテル那覇。

 

 

何故か部屋をアップグレードしていただき、ツインルームに。

綺麗で快適に過ごせました。

 

 

沖縄最後の夜に選んだお店は、「ろばた川万」。

店名の通り、炉端焼きメインの居酒屋さんです。

 

 

すっかり飲みなれたオリオンビールで一人乾杯。

 

 

マグロのかま焼き。

食べ応え十分。炭火でじっくりと焼かれて美味しい。

 

 

京都の地酒、玉乃光を注文。

 


日本酒のアテは焼きたらこ。

 

 

三重県産の牡蠣。新鮮で美味しい。

 

沖縄料理も泡盛も少し飽きてきていたので丁度良かったです。

しかし沖縄に来た感全くもってゼロ。

 

 

通りすがりに気になるお店を発見。

 

 

常時100種類の日本酒が飲み放題。

沖縄では珍しいお店です。

店主は福島出身で福島の地酒が豊富に取り揃えてあります。

 

 

まずは店主お勧めの「一歩己」をいただきます。

瑞々しく旨みもたっぷり。

 

 

辰泉のうすにごり。こちらのお酒は仕入れの酒屋さんのPB商品のようです。

福島のお酒はレベルが高い。どれも美味しい。

 

 

「而今」も飲み放題の一種。

久しぶりに飲みましたが、甘過ぎて一杯で十分です。

沖縄で日本酒をたらふくいただき大満足。

 

 

飲んだ後の締めはラーメン!ではなくステーキです。

 

 

サーロインステーキ200g。

カロリーが気になるところですがいただきます。

見た目よりもお肉が柔らかく美味しい。

軽く平らげてしまいました。

 

 

翌朝、ホテルから徒歩20分の所にある市場「海人市場泊いゆまち」へ。

ホテルの朝食にも飽きてきたのでここで頂きます。

 

 

ネットの情報によると、早朝6時から営業しているはずですが、

開いているお店はちらほら。

 

 

市場内のまぐろや本舗で朝食をいただきます。

 

 

海鮮たまごかけご飯480円。

値段が安いとはいえ具材の寂しさにしょんぼり。

おまけに卵の殻が入っていました。

正直、わざわざホテルから20分も歩いて来た価値はありませんでした。

 

 

気を取り直して、ゆいレールで移動。

ゆる修行ではかなりお世話になりました。

 

 

赤嶺駅から徒歩40分。瀬長島にやって来ました。

 

 

この日の天気は雨。

晴れていたらさぞかし良い景色でしょう。

 

 

道路の至る所にあった看板。

 

 

琉球温泉 瀬長島ホテルに到着しました。

 

 

目的は日帰り温泉「龍神の湯

 

 

沖縄の海を眺めながら温泉に入ります。

琥珀色をしたさらりとした湯触りで気持ち良い。

天気が良ければなお良しでした。

 

 

那覇空港に戻りこの旅最後の食事です。

「そば処 琉風」の沖縄そばをいただきます。

かつおと豚骨のスープはコクがあり美味しいです。

 

 

いよいよ修行最後のフライトです。

 

4月にハノイにCクラスで旅行をしたら、思いの他FOPが

貯まったことで始めたゆる修行。

8月のバンコク旅行を挟んで、羽田⇔那覇往復8回でサファイアに達成しました。

 

たった1日の間に那覇を2往復する修行も当たり前の中、ほぼ宿泊付き。

夜は沖縄グルメを食べ歩き、観光も楽しみつつ最後は沖縄温泉でゆったり。

修行と言うのはおこがましい、正に”ゆる修行”。楽しい半年間でした。

後は、2週間程で届くという「サファイアカード」が楽しみです。

 

 

■費用(ハノイ・バンコク旅行代は除く)

 航空券代      238,860円

 宿泊代       34,690円

 食事代その他      34,308円

 ーーーーーーーーーーーー

   計             307,858円

 

 

at 13:12, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年JGCゆる修行 第7回

 

ゆる修行7回目。

いつもの羽田⇔那覇往復ですが、久しぶりに日帰りです。

那覇滞在は1時間。飛行機が遅れたらアウトです。

 

 

羽田空港の天気は雨。

那覇では空港から一歩も出ないので、向こうの天気は気になりません。

 

 

機内でCAさんから出身都道府県の千社札シールを頂きました。

 

 

那覇空港に予定事時刻通りに到着。

「空港食堂」に入りました。

 

 

ソーキそばを注文。

ボリュームはありますが、味はごくごく普通でした。

ゆる修行のお陰でソーキそばを食べる機会が増え、舌が肥えてきてます。

 

 

焼酎の水割り(1合)を注文したら、こんな立派なセットで出てきました。

円やかで美味しい。

 

 

 

そうこうしている間に帰りの時間です。

帰りの飛行機は行きの乗務員(機長・副操縦士も)と同じ。

千社札シールを頂いたCAさんに声を掛けられ恥ずかしかったです。

乗務員の方もトンボ帰りのようです。お疲れさまです。

 

ゆる修行も遂に次回がラストです。

 

 

 

at 16:02, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年JGCゆる修行 第6回

 

JGCゆる修行もいよいよ終盤。

羽田⇔那覇の往復も6回目になります。

ステイタスがクリスタルとなり、羽田空港のサクララウンジが使用できる

クーポン(10回分)が発券されました。

 

 

国内線のラウンジは初めてです。

入口を入るとエスカレーターで上へ。

 

 

落ち着いた雰囲気のカウンター。

 

 

広々として静かでリラックスできます。

 

 

この日はラウンジ利用客が少なく、ゆったりすることができました。

 

 

飛行機が眺められるカウンター席を確保。

 

 

生ビール注ぎマシンもあります。

 

 

つまみは”おかき”のみ。

国際線のラウンジと同じように想像してたのですが、

軽食等は一切無いのですね。

 

 

そろそろ出発。

慣れ親しんだクラスJシート。

 

 

宿泊するホテルはGRGホテル那覇。

美英橋駅から10分ほどの場所にあります。

 

 

綺麗で快適、ゆっくり出来そうです。

荷物を置いて夕飯を食べに出かけましょう。

 

 

時間は20時過ぎでしたが、お店は何処もいっぱい。

3軒ほど入店を諦め、ようやく居酒屋さんに入ることが出来ました。

沖縄定番のオリオンビールで一人乾杯。

お通しは切干大根です。

 

 

さっぱりしたもずく。

 

 

こちらも定番のラフテー。

柔らかく味がしっかり染みていて美味しいです。

 

 

契約農家の地鶏のつみれ。

中に卵が入っていて食べ応えバツグン。

 

 

泡盛の水割り。

沖縄で吞む泡盛は、家で吞むより何故か円やかで

とても美味しく感じます。

 

 

いちぎん食堂の前を通りかかり、吸い込まれるようの店内へ入りました。

 

 

締めは沖縄そば。

カツオの出汁が効いたシンプルなスープ。麺が多く満腹です。

 

 

翌日の那覇は晴れ。気持ち良いです。

 

 

朝食はホテルの沖縄料理バイキング。

ジューシー(ご飯)、そば、島豆腐等を頂きます。

 

 

チェックアウトし「ゆいレール」で第一牧志市場に移動。

本当にいい天気。朝日が眩しいです。

 

 

ずっと前から訪れたかった市場に到着。

 

 

昭和のムード漂う、独特な雰囲気。

 

 

海老が大きすぎて美味しそうに見えません。

 

 

青い魚はミーバイでしょうか。

関東では滅多にお目に掛からないお魚です。

 

 

こちらで仕入れた魚介類は送ることも出来るし、

2階で調理してもらい頂くことも出来るようです。

残念ながら時間が無いので、そろそろ空港へ向かいましょう。

 

 

空港にある、お握り屋さんでスパム握りを購入。

ゴーヤの苦みがスパムの旨みとおかかのしょっぱさに

絶妙にマッチして美味しいです。

 

ゆる修行の那覇往復も残すところあと2回。

次回は久々の日帰りです。

 

at 17:01, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年JGCゆる修行 第5回

ゆる修行


ゆる修行5回目。

昨日の夕方バンコクから帰国し、早朝に沖縄出発のため

蒲田のホテルに宿泊しました。

 

ゆる修行

 

スタートは蒲田から。

羽田空港には10分ほどで到着します。ゆる修行らしい楽さ。

 

ゆる修行

 

一般のチェックインカウンターは激混みです。

 

JGCゆる修行

 

行きのチケットはバンコク旅行の国内線特別追加プランで無料です。

旅行前に予約した席はクラスJの3列目でしたが、カウンターの係員より

「もう少し前方が空いておりますのでよろしければ」と席を替えてくれました。

 

ゆる修行

 

最前列の出入り口側。

到着後、すぐに飛行機を降りれるので有難い席です。

 

ゆる修行

 

那覇に到着。

2時間ほど時間があるので、お昼を食べに”ゆいレール”で市内へ。

 

ゆる修行

 

大東そば。沖縄出身の知り合いのお勧めのお店です。

開店直後からお客さんが続々と吸い込まれていきます。

以前も訪れましたが、その時は品切れで食べられず再度チャレンジ。

 

ゆる修行

 

念願のそーきそば。

豚骨ベースの深みのあるスープは美味しかった。

名物のお寿司は微妙、そばだけで満足です。

 

ゆる修行

 

慌てて空港に戻って来ました。ギリギリ搭乗。

ゆる修行も那覇往復をあと3回。

このJGCエントランスから搭乗する日も近づいてきました。

 

 

 

バンコク旅行で30,000FOPに到達し

JMBステータスがクリスタルとなりました。

一週間後、送られてきた赤いクリスタルカード。

 

クリスタル

 

クリスタル

 

次は青色です。

at 07:28, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 5thDay 〜帰国〜

 

最終日。朝、ホテルをチェックアウト。

立地が良く便利で過ごしやすいホテルでした。ピックアップの車で一路空港へ。

 

 

海外に5つあるサクララウンジの内のひとつが

ここスワンナプーム空港にあります。

 

 

今年の3月にリニューアルされたそう。

 

 

さすがに綺麗です。ゆったりした造りのラウンジスペース。

 

 

軽食も色々あります。

 

 

ビールは3種類。タイで売られているアサヒスーパードライは

タイ国内で製造されているので、日本とは味が違うのだとか。

 

 

「いいちこ黄金の芋」は日本国内では中々飲めないのだそう。

 

 

スナック菓子にカップラーメンも揃っています。

 

 

朝ご飯を頂きましょう。

ビーフカレーはタイにある和食レストラン「日本亭」のものです。

 

 

壁の片側が大きなガラス張りになっていて、

空港内が見えるので解放感があります。

 

 

シャワーもあります。

 

 

アメニティも一通りあります。

シャワーを浴びてさっぱりしたら、そろそろ搭乗時間。

 

 

シートは往路と同じシェルフラットシート。

 

 

さよならバンコク。

 

 

シャンパンを頂いて。

 

 

 

和食に。

 

 

 

洋食も頂いて。

 

 

寝酒に鳳凰美田。

 

 

ひと寝したら夜食(?)にうどんですかいを。

 

 

そうこうしている内に、ただいま日本。

 

 

お土産に買ってきた品々。

 

バンコクは美しいお寺巡りも楽しく、マッサージ天国で癒され

何より食べ物が美味しい、旅の魅力に溢れる都市でした。

またぜひ訪れたいと思います。

at 10:42, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 4thDay 〜Spa&食べ歩き〜

 

今日もバンコクは曇り模様。

こちらはホテルのプール。曇ってても暑いので気持ち良さそう。

 

 

ホテルで朝食を頂いたら、予約しておいたスパに出掛けます。

最寄り駅のBTSエカマイ駅からはトゥクトゥクの送迎サービス付き。

 

 

閑静な住宅街を走って着きました。

一軒家スパの「Coran Boutique Spa(コンラン ブティック スパ)」

 

 

綺麗なロビー。お茶を頂きながら問診票に記入。

問診票は日本語を用意してくれました。

 

 

ここのオーナーは日本人の方だそうです。

中庭にはプールが。泳ぎたい。

 

 

こちらが施術ルーム。

2時間半のアーユルヴェーダトリートメント。2,800バーツ(≒8,400円)

スチームで汗をかいて、ボディマッサージ。シロダーラからのヘッドマッサージ。

丁寧なマッサージで凄く気持ち良かったです。

 

 

終わると丁度お昼時。お腹が空いたので、駅までの送迎を断って

近くのお店に行こうとしたら、スパのトゥクトゥクで送ってくれました。

 

 

到着したお店「サバイチャイ」

 

 

まずは乾杯。

 

 

「カイ・ヤーン」という炭火焼きの鶏が人気のお店です。

ジューシーで柔らかく美味しい。

 

 

他のメニューも美味でした。ご馳走様。

駅までの途中にあったスーパーでバラマキ土産を買い物し

荷物を置きに一旦ホテルへ戻ります。

 

 

部屋に戻る前に、同じ建物にあるショッピングセンター

「ターミナル21」に寄ってみました。

フロアごとに世界の都市名が付けられていて、ここは「東京」フロア。

 

 

何故か「高田馬場」の文字。

奥には「ネオン」や「花火」などの脈略の無い日本語が。

 

 

柱が邪魔で、永遠に取り組めない相撲取り。

色々とシュールなフロアでした。

 

 

さて、部屋で一休みしたらまた出かけます。

日本語の看板がひしめくタニヤ通り。プチ歌舞伎町のような歓楽街です。

 

 

お目当てはここ。タイシルクのお店「ジム・トンプソン」。

 

 

色や柄の種類が豊富で、見ているだけでも楽しいです。

 

 

自分達のお土産にお財布とポーチを買いました。

 

 

バンコク最後の夕飯は、ジム・トンプソンから歩いてすぐの「マンゴー・ツリー」。

 

 

屋外席もありますが、暑いので屋内席へ。

 

 

屋内席はほぼ日本人客。

そして何故か屋外席はほぼ欧米人客と、くっきり分かれていたのが面白いです。

 

 

最後のバンコクメシに乾杯!

 

 

春雨のサラダ「ヤム・ウンセン」

セロリの風味が効いてて美味しい。

 

 

蟹のカレーソース炒めに溶き卵をからめた「プー・パッポン・カリー」

ふわふわな玉子に、濃厚なソース。ぎっしり詰まった蟹の身が良く合います。

2皿とも美味しくて、もっと色んなメニューを食べたかったけれど

残念ながらお腹がいっぱい。

 

 

「ご馳走さまでした」ではなく、タイの挨拶「ワイ」をするドナルド。

ちなみに本名はドナルドではなく”ロナルド”です。

 

 

最後の夜はホテルでゆっくり飲みましょう。

 

 

スーパーで買っておいたスパークリングワインを頂きます。

 

 

滞在中、朝から晩まで食べていたマンゴーをおつまみに。

明日は午前便で帰国。荷造りしながら、最後のマンゴーを堪能しました。

at 10:37, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark