早稲田温泉 めぐみの湯 リニューアルオープン

 

埼玉県三郷市にある「早稲田温泉 めぐみの湯」

 

昨年11月にケーシングパイプの交換のため、1ヶ月の休業予定が

何故か延々と再開されないまま丸1年以上。

待ちに待ったお気に入りの温泉がやっと復活しました。

営業時間は15:00〜23:00と微妙な感じですが、温泉を確かめに行ってみました。

泉質は、含むよう素-ナトリウムー塩化物強塩温泉(高張性・中性・高温泉)。

 

 

チケットはこちらの自販機で購入することになりました。

休日の入浴は1,100円。高めの値段設定です。

 

 

カウンターにはリニューアルオープンを記念して胡蝶蘭が飾られ綺麗です。

 

 

シャワー等が所どころリニューアルされ綺麗になりましが

基本的な造りは以前のままです。

 

さて肝心のお湯が気になります。

訪れたこの日、内湯の温湯の湯量は控えめで、以前に比べると温度も温め。

赤褐色の湯は前よりさらりとしているような気がします。

 

 

露天に移動。

内湯に比べ赤褐色が増していました。

以前の泉質から大分変ったなという印象です。

 

 

これはこれで素晴らしい温泉ですが、どうしても以前のこちらの温泉を思い出し

比較しながら入ってしまいます。

都心に程近く、源泉掛け流しに拘ったこれだけ素晴らしいお湯は中々ありません。

素晴らしい温泉ですが、昔の温泉が懐かしくも思います。

 

【温泉の一覧はこちら

at 15:33, bunama&まなBoo, 温泉 【 埼玉 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行ァ.鼻璽潺ぅ鶲粟遏前粟鄂べ歩き〜帰路

旭川駅周辺

 

旭川駅近くに来ました。とっても都会でびっくり。

 

 

今夜の宿はビジホのドーミイン旭川。

 

 

ダブルベッドで朝食付き2名9,190円。

狭いながら綺麗で清潔。必要なものは揃っていてこのお値段は文句なしです。

 

旭川駅周辺

 

夕飯を食べに街へ繰り出しましょう。

道脇には凄い高さで雪が積まれていました。

 

旭川駅周辺

 

旭川と言ったら旭川ラーメン。「蜂屋創業店」です。

 

旭川駅周辺

 

食堂のような店内。

 

旭川駅周辺

 

壁には有名人のサインがズラリ。

 

旭川駅周辺

 

蛭子さんのサインが面白かった。

 

旭川駅周辺

 

来ましたラーメン。焦がし醤油のインパクトのある味です。

昔、横浜のラーメン博物館に出店していたときに食べた懐かしい味です。

 

旭川駅周辺

 

さて、次は旭川の居酒屋さんに行きましょう。

 

旭川駅周辺

 

ふらり入った「魚問屋」。

名前の通り、魚問屋さんが経営する居酒屋さんのようです。

 

旭川駅周辺

 

駆けつけの日本酒。北海道の地酒、男山の「もっきり」

 

旭川駅周辺

 

お通しの「あらと根菜の味噌汁」

汁物のお通しって珍しいですね。

 

旭川駅周辺

 

豪華な「白身の刺身盛り合わせ」

 

旭川駅周辺

 

北海道産生牡蠣。産地が色々選べました。

 

旭川駅周辺

 

「焼ホタテ」ちょっと味付けが濃かったです。

 

旭川駅周辺

 

居酒屋を後にしたものの、ちょっと小腹に空きがあるような。

美味しそうな焼き鳥やさんでテイクアウト。ホテルでつまみにしましょう。

 

旭川駅周辺

 

ドーミインの良いところは大浴場があるところ。しかも温泉です。

 

旭川駅周辺

 

そして夜は「夜泣き蕎麦」のサービスが。

程よい量で美味しく頂きました。

 

旭川駅周辺

 

旭川最後の朝。いい天気です。

 

旭川駅周辺

 

朝ごはんはブッフェ。

これが種類豊富でしかも美味しい。ドーミインはコスパが高いです。

 

旭川駅周辺

 

帰る前に道の駅でお土産を。

 

旭川駅周辺

 

自分用にも色々買いました。

 

旭川駅周辺

 

まだ飛行機まで時間があるので、旭川家具センターへ。

旭川の家具メーカー32社の製品が見られるショールーム。

 

旭川駅周辺

 

この椅子が可愛くて、この座り心地も良い感じ。

 

旭川駅周辺

 

フォルムが気に入ったソファー。サイズなどを家具センターの人が

メモってくれたので、帰ってからじっくり検討します。

 

旭川駅周辺

 

そして旭川の締めメシは「らーめん青葉」

 

旭川駅周辺

 

シンプルな醤油ラーメンです。美味しい。

そろそろ時間なので空港へ向かいましょう。

 

ビール

 

空港で機内用のビールを調達。

 

旭川駅周辺

 

初めて行った冬の旭川。ザワザワ村は居心地よかったし温泉も良かったし。

ぜひまた訪れたい地になりました。

at 07:37, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行ぁvalore(バローレ)〜旭山動物園

valore

 

素晴らしい温泉を満喫し、お腹が空いたのでお昼にしましょう。

朝よりも気温がぐっと下がり雪が降り始めました。

 

valore

 

スマホで近くの美味しいお店を調べて見つけたのがこちら。

イタリアンレストラン「valore(バローレ)」

 

valore

 

とても人気のお店らしく、駐車場はいっぱい。

 

valore

 

一軒家レストランです。

 

valore

 

シンプルな看板。

ドアに張り紙があり「予約客優先の為、待ち時間を頂く場合があります」と。

 

valore

 

取り合えず入ってみることに。

店員さんが「お料理が出てくるまでお待ち頂くかも」とのことですが

入れるならば全然待ちます。

 

valore

 

窓に向かって並ぶ席カウンター。

窓の外は雪景色。これは結構特等席じゃないですか。

 

valore

 

メニューです。予約なしの場合2,100円のパスタコースのみです。

 

valore

 

まずは「マッシュルームのスープ」

これが美味しくてびっくり。ふわっとしていて口にいれると

飲む前に溶けていき、茸の旨味だけが残ります。

 

valore

 

美味しい料理には白ワイン。

 

valore

 

申し訳ないですが運転者にはお茶を。

熊本県産の3年熟成烏龍茶。

 

valore

 

アミューズは四種。

時鮭スモークサーモンにミートパテと人参のムース、そしてクロケット。

いやいやどれも美味です。

 

valore

 

自家製のイチジクとクルミのパン。

イチジクがほんのり甘いです。

 

valore

 

パスタは選べます。

こちらは白身魚のペペノチーノ。

 

valore

 

そして、イカとトマトとキャベツのペペロンチーノ。

 

valore

 

締めのデザート。洋梨のシャーベットが特に美味でした。

 

valore

 

食後のカプチーノ。

 

valore

 

そして紅茶。

 

valore

 

飾ってあった絵画。

ちょうどこの席から見た長めでした。

 

valore

 

ご馳走さまでした。大満足です。

 

旭山動物園

 

お次は、旭山動物園を目指します。

食べている間に雪が激しくなっていました。

 

旭山動物園

 

駐車係りの人によると西門入口が便利だそう。

 

旭山動物園

 

冬期は15時30分までの営業で、着いたのが14時過ぎ。

 

旭山動物園

 

入るとペンギンの散歩を見るための行列が出来ていました。

しばらく待つとやってきました。

 

 

手(翼?)でバランスを取るような拙い歩きが幼児のようでもあり

集団で見ていると電車から降りてくるサラリーマンのようでもあります。

 

旭山動物園

 

この縦型のトンネル水槽は旭山動物園の名物ですね。

 

旭山動物園

 

北極熊の毛は透明なんだそうで、毛に着く雪や氷で白く見えるのだとか。

と、こんな豆知識が園内のあちこちに書いてありました。

 

旭山動物園

 

近くで見ると流石の迫力のタイガーマスク。

 

旭山動物園

 

そして狼。写真で見ると犬と変わりませんが

実際見ると威厳にあふれてました。

 

旭山動物園

 

ほとんど動いていなかったトナカイ。

雪の季節はもっと活発なのかと思ってました。

 

旭山動物園

 

北海道といえば北きつね。

 

旭山動物園

 

そして真っ白なフクロウ。笑顔(?)が素敵。

 

旭山動物園

 

そしてミミズク。

この辺りで閉演時間を知らせる蛍の光るが流れてきて時間切れ。

その途端、狼舎から「ウォーーン!!」と一斉に遠吠えが聞こえてびっくり。

蛍の光に反応しているのか、身震いすような迫力のある遠吠えでした。

 

 

最後、門へと帰る前に見えたカバ。

遠くからでしたが驚きの大きさでした。

自宅であるカバ舎とのバランスがおかしく見える程。

 

旭山動物園

 

寒さはキビシイけれど、夏よりは観光客が少なくゆっくり見られる冬の動物園。

色んな動物の表情が見られて楽しかったです。

 

これから旭川駅の方に移動して、夜は旭川の居酒屋を楽しみます。

at 15:27, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行 森の旅亭びえい

 

美瑛町にある旅館「白金温泉郷 森の旅亭びえい」に立ち寄り湯しました。(800円)

男女とも内湯と露天があります。

源泉掛け流し(加温の浴槽もあり)で、泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム硫酸塩・塩化物。

 

 

森の中に建つ数寄屋造りの綺麗な建物です。

とても立派な佇まいにしては控え目な正面入口。

 

 

建物内も綺麗。脱衣所も整ってます。

 

 

男湯の浴室内。壁と天井が木造りでいい雰囲気です。

 

 

こちらは源泉浴槽。

お湯は緑色に濁っていて、湯温はこの時期では少し温めです。

 

 

内湯のもうひとつの浴槽。こちらは加温してあります。

浴槽の淵や床には析出物が沢山。

 

 

露天風呂。こちらも加温ありです。

 

 

もう一つの露天は石造りで、こちらも加温あり。

 

 

湯口。この時期の露天は加温は仕方ないですね。

 

 

これぞ雪見風呂。

 

 

露天の屋根には氷柱がびっしり。

 

 

ここからは女湯。内湯の源泉浴槽。

 

 

加温の浴槽。手前の浴槽は水風呂です。

 

 

露天風呂。寒すぎて湯気で見えなくなってます。

 

 

そして石造りの露天風呂。

 

加温浴槽で温まってから、源泉浴槽と行ったり来たりしました。

濃厚なお湯は体がとても温まる。いいお湯です。

雪見風呂も楽しめて満足の湯でした。

この旅館は評判がとても良いらしいのでいつか宿泊もしてみたいです。

 

【温泉の一覧はこちら

at 10:59, bunama&まなBoo, 温泉 【北海道 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行◆.好廛Ε鹵のザワザワ村

 

今夜の宿は美瑛にある「スプウン谷のザワザワ村」です。

スプウン谷と名付けられた通り、窪んだ地形に建っていて道路からは全く見えません。

 

 

看板を越えて進むと見えてきました。

 

 

可愛らしいコテージの客室が5棟建っています。

 

 

ここがレセプション棟。

はちみつ色の壁に赤いドア。絵本の中の家みたい。

 

 

早速チェックイン。

 

 

部屋に行く前に、奥の馬小屋にいる流星くん(名前が書かれていました)

にご挨拶。

 

 

お世話になります。よろしくね。

 

 

ここが今晩泊まるコテージです。

 

 

こちらもはちみつ色の壁。サンルームが付いてます。

 

 

コテージを眺めていたら、すっかり冷え切ったので

中で暖まりましょう。

 

 

暖か〜〜い。素朴で落ち着く室内。

 

 

サンルームにはハンモックがありました。

 

 

冷蔵庫と洗面台。

 

 

自家焙煎のコーヒー。

ミルで挽いていれてみたらとってもいい香りで美味しかったです。

 

 

バスルームとトイレ。

 

 

ベットは2階にあります。

 

 

窓からの眺めは日本にいるとは思えない景色。

 

 

建物の前のテラスには椅子とテーブルが。

夏はここでビールを飲んだら気持ちよさそう。

 

 

でも、冬には冬の楽しみがあるんです。天然の冷蔵庫。

 

 

夜も更けてきて、そろそろ夕飯の時間。

ザワザワ村はB&B形式で夕飯は付きません。

(2名で宿泊の場合、宿泊料は1名17,500円)

1名3,800円の追加料金で夕飯が頂けます。

今回は雪で移動も大変だと思ったので夕飯もお願いしました。

 

 

夕飯は部屋食です。まずはオードブル盛り合わせ。

どれも美味しいですが、特に野菜が美味。

 

 

じゃがいものニョッキ。独特の食感がいいですね。

 

 

お酒は道中仕入れた鍋島で。

 

 

野菜がごろごろ入った、美瑛もち豚のポトフ。

料理は温かいうちに食べられるよう、何度かに分けて届けてくれます。

 

 

デザートまで美味しく頂きました。

部屋でゆっくり料理を楽しめて夕飯追加は大正解でした。

 

明日も楽しみ。おやすみなさい。

 

 

起きたら綺麗な日の出が。

 

 

サンルームも輝いています。

 

 

朝ごはんはバスケットで届けてくれます。

サラダとフレンチトーストに牛乳。

 

 

そして保温容器に入ったスープ。どれも美味しい。

 

 

今日も寒いけれどいい天気。

 

 

そろそろチェックアウトなので流星くんにお別れを。

お世話になりました。元気でね。

 

 

1泊だけとは思えないほど、ゆっくり滞在できました。

雪景色も素晴らしかった。次回は違う季節にもぜひ来てみたいです。

at 15:45, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北海道旭川旅行 ―佝〜湯駒荘〜美瑛 

 

師走も半ばですが、何やらまだ暖かい関東から

12月としては記録的な積雪量の北海道を旅して来ました。

 

 

2泊3日の旭川の旅。

飛行機のお楽しみ、空弁を頂きながら出発です。

 

 

1時間半程で着きました旭川。一面の雪〜!!

この日は何と−13℃。寒いけれど雪を踏みしめる感触が気持ちイイです。

 

 

まずは雪見風呂で温まろうと、レンタカーで移動です。

どこまでも続きそうな真直ぐな道路が北海道らしい。

 

 

着いたのは「旭岳温泉 湯元 湯駒荘」。

こちらの旅館で日帰り湯を頂きます。(700円)

源泉掛け流しで、男女とも内湯と露天があります。

 

 

天井の高い浴室内。

山小屋のような雰囲気です。

 

 

こちらは男湯。この浴槽は温めで、いきなり浸かると寒いです。

 

 

もう一つの浴槽は適温。

 

 

露天は雪見風呂が楽しめます。

 

 

自家源泉のお湯はドバドバ。

旧泉質名が「正苦味泉」なのですが、舐めてみたら正に強烈な苦さでした。

 

 

そしてこちらは女湯。温めの浴槽。

 

 

適温の浴槽。男湯とほぼ同じ造りです。

 

 

適温の浴槽にじっくり入っていると汗がじんわり。

温めの浴槽と行ったり来たりして、雪見風呂を堪能しました。

 

 

旅館の周りは雪が凄いことに。建物が埋もれそうです。

ゆっくり温まったので、今夜の宿がある美瑛に移動しましょう。

 

 

素敵な建物の道の駅「丘のくら」で遅めの昼食を。

 

 

美瑛で今イチ押しらしい「焼カレーうどん」

全く姿が見えませんが、中にはうどんがぎっしり詰まっていて

野菜もチーズも大盤振る舞い。物凄いボリュームです。

 

 

北海道限定のサッポロクラシックを飲みながら。

お腹いっぱいになりました。

 

 

石造りの美瑛駅。風情がありますね。

 

 

宿に行く前に「セブンスターの丘」へ。

丁度、綺麗な夕日が見られました。

at 09:57, bunama&まなBoo, 温泉 【北海道 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark