タイ バンコク旅行 2ndDay  漸ζ惨儻〜

 

早速、朝ご飯を食べに移動です。

1999年に開業したスカイトレイン(BTS)

時刻表は無く、4〜8分置きに電車が来る優れもの。

 

 

「チェットロム駅」で降りて、ここから歩きます。

途中、川があって水上バス停(?)が見えました。

 

 

着いたのは「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」

 

 

カオマンガイの有名店です。

 

 

これで40B(≒120円)安い!

チキンスープで炊いたご飯は思ったより固めでしたが、あっさりしていて美味しい。

朝ご飯にぴったりです。

 

 

お腹が満たされたら、お次は観光。

まずはバンコク観光の王宮へ、タクシーで移動です。

 

 

昨年亡くなられたプミポン前国王。

 

 

王宮付近は、弔問のための物凄い行列が出来ていました。

暑い中、皆さん喪服で数時間以上かかりそうな列にじっと並んでいます。

 

 

王宮へはタイの方は無料のため大行列ですが、外国人は500B(≒1500円)の

入場料を払いすぐに入れます。何だか申し訳ない気分。

 

 

同じ敷地にあるワット・プラケオ。

タイで最も格式の高いお寺です。

 

 

とにかく煌びやか。

 

 

本堂では高さ66センチの翡翠の仏像が見られました。(撮影不可)

 

 

どこもかしこもゴージャス。キラキラ。

晴れたのは嬉しいですが、猛烈に暑いです。

 

 

こちらが宮殿。現在では王様はここには住んでいませんが

王宮行事などが執り行われることがあるそうです。

 

 

王宮を護る衛兵。

強烈な日差しの中、微動だにしないプロ意識。さすがです。

 

 

王宮を出たら、船に乗ってチャオプラヤー川の対岸へ。

 

 

結構なスピードで飛ばします。

 

 

対岸で降りると、そこは「ワット・アルン」

布袋さんのような黄金像がお出迎え。

 

 

アユタヤ王朝時代のクメール様式の仏塔。

青空に映えて美しいです。

 

 

仏塔には昇ることが出来て、上でぐるり一周出来ます。

 

 

近くで見ると細かい装飾が。そして立体的。

じっくり見られて満足です。

 

 

そろそろ戻るとしましょう。

 

 

また船で元の対岸へ。

 

 

船着き場から少し歩いて。

 

 

お昼にしましょう。

チャオプラヤー川のほとりに建つ「ザ デック」

 

 

お洒落な空間のタイ料理のお店です。

 

 

テラス席からは、先程上ったワット・アルンが綺麗に見えます。

 

 

暑いので窓際の屋内席で、取り合えずシンハービール!

焼かれるような暑さの中、歩き回ったので染み入る旨さ。

 

 

玉子に包まれたパッタイの上には海老が。


 

こちらも海老。ビールにも合って美味しい。

ひと休みしたら、次は巨大寝釈迦仏に会いに行きます。

at 08:12, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

タイ バンコク旅行 1stDay 〜出発〜

 

お盆から涼しい日が続きますが、夏らしい暑いタイを旅してきました。

バンコク3泊5日。出発は羽田空港です。

 

 

日付が変わっての深夜便なので、出発までサクララウンジでのんびり。

 

 

ラウンジは2か所ありますが、こちらは本館。

 

 

定番の生ビール注ぎマシーン。

 

 

こちらも定番のオリジナルビーフカレー。

独特の味で美味しいです。

 

 

本館は2フロアあって、どちらも空いてました。

これは深夜便の良いところかも。

 

 

以前はマッサージ師さんがほぐしてくれたのですが、

廃止になってしまい、代わりにマッサージチェアが設置されていました。

これはこれで気持ち良いけれど、やっぱり人には叶わないですね。

 

 

まだ時間があるので、もう1か所のスカイビューへ移動。

 

 

本館から歩いて数分のところにあります。

 

 

本館よりも広々。

 

 

置いてある軽食は同じでした。

 

 

この色合いとっても落ち着く。

 

 

本館よりマッサージチェアの台数が多かったです。

 

 

昼間だったら飛行機が良く見えそうな席。

 

 

ここで出発まで過ごしましょう。

 

 

落ち着くなぁ〜。

 

 

シャワーも浴びてさっぱり。

そろそろ出発時刻です。

 

 

シートはシェルフラットシート。

 

 

まずはシャンパンで乾杯!

楽しい旅になりますように。

 

 

おつまみはアミューズ。

 

  

 

和食と洋食。

 

 

炊き立てごはんに空納豆。

飛行機に乗っている気が全然しません。 

 

 

食べて飲んでちょっと眠ったら、あっという間に着きました。

スワンナープム国際空港。大きくて綺麗な空港です。

 

 

早朝5時でまだ真っ暗。車でホテルに向かいましょう。

at 22:35, bunama&まなBoo, 旅 【 海外 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年JGCゆる修行 第4回

 

4回目になる”ゆる修行”

ジワジワとですが、着実にこのカウンターに近づいてます。

 

 

ゆるく生ビールからスタート。

 

 

そろそろ出発。

今回の羽田→那覇は自費のチケットですが、

那覇→羽田は、タイ旅行の国内線特別追加プランを利用した無料チケットです。

 

 

那覇に到着。滞在時間40分ちょっとでトンボ帰りです。

空港1階にある「そば処 琉風」でお昼にしましょう。

あっさりと美味しい沖縄そば。

 

 

もうトンボ帰り。

そばを食べに来ただけの滞在でした。

 

 

この修行の山場と言っても過言ではありません。

羽田に戻ったら、そのままタイに出発です。

これでクリスタルに達成!(30,000FOP)

そしてタイから戻った足で、もう1度那覇往復の予定です。

 

at 15:35, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

横川温泉 湯元巴屋旅館

 

常陸太田市にある旅館に立ち寄り湯しました。(1時間以内400円)

130年の歴史ある建物は茅葺屋根。

男女共内湯のみで源泉掛け流し。泉質は単純硫黄泉(硫化水素型)。

源泉は温度16度の鉱泉です。

 

 

茅葺屋根の本館の左側に浴室棟があります。

 

 

浴室の入口前はちょっとした休憩所です。

洗面台もここにあり、ドライヤーが用意されていました。

 

 

棚のみのシンプルな脱衣所。

 

 

▲男湯

 

 

▲女湯

 

浴槽の形は違うものの、どちらも総タイル貼りで

3人も入ればいっぱいになる小さな浴槽です。

 

 

湯口。右のハンドルが源泉そのままで、左が源泉を加温したもの。

どちらも贅沢に掛け流しで使用しています。

ほんのり白濁して見える湯は、肌の当たりがとても柔らかいです。

飲泉したら硫黄臭がしました。この湯は胃腸に効能があるそう。

 

 

窓からは生い茂る緑が。

この向こうはもう道路で、車が通ったら見えそうな距離ですが

交通量が少ないのか、一度も車は通りませんでした。

 

 

縦長の窓は真ん中2か所が開く様になっているので

気持ちの良い風が入ってきます。

この日は他にお客さんが居なかったので、源泉と加温の量を

調整しながら素晴らしい湯を満喫しました。

 

温泉の一覧はこちら

at 14:04, bunama&まなBoo, 温泉 【 茨城 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

銀座 レカン GINZA L'ecrin

銀座レカン

 

誕生日のお祝いにちょっと贅沢をして、銀座レカンでランチを頂きました。

お店が入っているミキモト本店ビルの建て替えに伴い休業していましたが

6月に再オープンしました。

 

銀座レカン

 

創業43年の老舗フレンチの名店です。

店名はフランス語で宝石箱。

 

銀座 レカン

 

風格ある入口。わくわくします。

 

銀座レカン

 

地下にあるお店には、建て替え前は階段だったそうですが

こんな素敵なエレベーターが造られました。

天井はお店のシンボルカラーである”レカンレッド”。

エレベーターの昇降に合わせて濃淡が変化します。

 

レカン

 

エレベーターを降りると「L'ecrin」のロゴ。

 

銀座レカン

 

予約の11:30より少し早く着いたので

地下2階のウエイティングルームでしばし待ちます。

 

銀座レカン

 

時間になって地下1階のダイニングルームへ移動。

 

銀座レカン

 

よく見るとお皿の柄がL'ecrinのLでした。

 

銀座レカン

 

ワインは白のボトルを。ドメーヌ ド ラ ボングラン2004。

とても芳醇な香りで、強い旨味だけれども料理の邪魔をしない

美味しいワインでした。

 

銀座レカン

 

13年のワインが染み込んだコルク。

 

銀座レカン

 

最初のアミューズ。そのまま手で頂きます。

マカロンが軽い食感で美味でした。

 

銀座レカン

 

二皿目の見た目も美しい「アミューズブーシュ」

トマトのソースで覆われた中はツナのムースです。

 

銀座レカン

 

パンは5種類からお好みを。

 

銀座レカン

 

「夏鹿のパテとギリシャ風野菜のマリネ」

お皿からして夏らしい一皿。鹿肉のパテがこんなに美味しいとは。

 

銀座レカン

 

「コンソメジュレを纏ったとうもろこしとウニのハーモニー」

北海道産の稀少な雲丹がふんだんにスープの下に隠れています。

雲丹とコンソの相性が良いなんて初めて知りました。

 

 

テーブルのお皿の置かれる位置にLEDの照明が当たるようになっていて

お料理が美術品のように照らされています。

上と同じお料理ですが、金のお皿だと眩いほど。

 

銀座レカン

 

「カサゴのポワレとムール貝のマニエール」

ムール貝から出る旨味と。表面がカリッとしたカサゴが美味しい。

お皿の淵にはカサゴの香ばしく焼かれたカマが。

ウェイターさんが「カマだけに構わず手でどうぞ」と言ってくれたので

ガブリつきで頂きました。

こんな老舗フレンチのウエイターさんも駄洒落言うんですね。

 

銀座レカン

 

「鴨胸肉のロースト ビーツの香るソースと共に」

絶妙な焼き加減のタイミングで供され思わず感動。

身と皮の間から鴨の脂がジュワジュワと溢れ出ています。

厚切りの鴨肉にほんのり甘酸っぱいソースが合い美味しい。

 

銀座レカン

 

「ワゴンデザート」

ワゴン2台がテーブル前に置かれ、好きなデザートが選べます。

 

銀座レカン

 

選んだデザートは綺麗に盛り付けて運ばれます。

 

銀座レカン

 

予約時にお誕生日のお祝いと伝えたら、メッセージ入りプレートに

乗せてキャンドル付きで出してくれました。

店内の照明が少し落とされて、ハッピーバースデーのメロディが流れる中

ローソクの灯りを吹き消すのは結構恥ずかしかったです。

 

銀座レカン

 

「プティフール」は店名に由来した宝石箱のような

素敵なお菓子箱で。

特注品のお菓子箱は、製作に2年かかったそう。

 

銀座レカン

 

さっきデザートを頂いたのに、”別腹”で沢山選んでしまいました。

今考えれば、全種類てを食べたかった。

 

銀座レカン

 

最後にコーヒー。香りがよく深みもあります。

大満足のランチでした。

 

銀座レカン

 

コルクを記念に持ち帰ろうとしたら、お店の方が袋に入れてくれました。

誕生日のデザートプレートと一緒にお店のカメラで撮影してくれた写真も頂いて。

雰囲気もサービスも、もちろんお料理も最高でした。

 

8,000円のコース×2、ボトルワイン9,000円、税サービス料で総額29,700円。

ランチとしてはお高いのですが、またすぐ行きたい気持ちになってしまう良いお店でした。

at 11:30, bunama&まなBoo, そとご飯

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2017年JGCゆる修行 第3回

JGCゆる修行

 

3回目のゆる修行も羽田⇔那覇往復です。

憧れのJGCエントランス。早くここを通れる身分になりたいです。

 

JGCゆる修行

 

滑走路と飛び立つ飛行機を眺めながらいただくビールは格別。

飛行機オタクではないけれど、テンションが上がります。

 

JGCゆる修行

 

今回もクラスJ。

3回目ともなると、すっかり慣れたもんです。

 

JGCゆる修行

 

モノレールも軽く乗りこなして。

 

JGCゆる修行

 

まずは那覇市内にある「護国寺」へ。

 

今回の修行は折角那覇まで行くのだから、神社仏閣巡りをして

御朱印を頂く旅も兼ねることにしました。

 

JGCゆる修行

 

今回のホテルは「ビーチサイドホテル」(朝食付き6,200円)

 

JGCゆる修行

 

ゆいモノレール旭橋駅下車、徒歩20分。

駅から遠いですが、綺麗なホテルです。

 

JGCゆる修行

 

夕食は、前回の修行で夕飯を食べたお店に紹介して頂いた「まつもと」。

 

JGCゆる修行

 

人気のお店だそうで、前回修行時に予約しておきました。

海ぶどうとモズク酢をあてに、オリオンドラフトで一人乾杯。

 

JGCゆる修行

 

絶品と噂のあぐー豚のしゃぶしゃぶ。

ピンクとホワイトのコントラストが美しい。

 

JGCゆる修行

 

一人しゃぶしゃぶスタート。

やや厚めにスライスされた豚肉ですが柔らかく、旨み濃厚です。

しゃぶしゃぶは夏でも美味しい。

 

JGCゆる修行

 

泡盛も進むススム。

コースターまで豚さんでした。

 

JGCゆる修行

 

締めの雑炊は、濃厚なあぐー豚の旨味たっぷりで美味しい。

来て良かった。大満足です。

 

JGCゆる修行

 

おはようございます。

短い沖縄の滞在時間を有効活用しよう!と5時起きです。

朝食はホテルの美味しいバイキング。

部屋も綺麗だし、なかなか良いホテルでした。

 

JGCゆる修行

 

満腹になったところで、ホテルで2時間無料の自転車を借りて周辺を散策することに。

 

JGCゆる修行

 

まず向かったのは「波上宮」。

 

JGCゆる修行

 

青空に赤い社が映えます。

静寂に包まれた神社を参拝し、厳かな気持ちになりました。

 

JGCゆる修行

 

狛犬ではなくシーサーなのが沖縄らしい。

 

JGCゆる修行

 

波上宮(なみのうえぐう)という名の通り、海を臨む高台に建つ神社です。

 

JGCゆる修行

 

下は「波の上ビーチ」。

 

JGCゆる修行

 

海の色が綺麗です。あ〜泳ぎたい。

 

JGCゆる修行

 

早朝のママチャリサイクリングで汗だく。

ホテルに戻り、沖縄限定のチューハイをグビッと。

 

JGCゆる修行

 

波上宮で頂いた御朱印帳とお守り。

 

JGCゆる修行

 

ありがたや。

 

JGCゆる修行

 

お土産も購入しました。

もはや修行なのか旅行なのか、分からなくなってきました。

 

JGCゆる修行

 

空港に向かう前に「出雲大社」の那覇分社へ。

 

JGCゆる修行

 

なかなか立派なお社。

 

JGCゆる修行

 

琉球八社のひとつ「沖宮」。

 

JGCゆる修行

 

白い鳥居が美しい。

 

JGCゆる修行

 

境内で売られていたマンゴーをお土産に購入しました。

甘いバターのような香り。

噛みしめるとマンゴーの酸味と爽やかさが口の中に広がりとっても美味しかったです。

 

JGCゆる修行

 

楽しかった旅・・・いやいや、修行もそろそろ終わり。

 

JGCゆる修行

 

次回は、来月のタイ旅行前後に国内線特別追加プランを利用し

沖縄を2往復して一気にFOPを稼ぎたいと思います。

 

at 12:17, bunama&まなBoo, JGCゆる修行

comments(0), trackbacks(0), pookmark